September 24, 2015

21世紀の耳かき MiMiDASを買いました。

まぁ言ってみれば耳かきマニアというか好きなんである。
耳かきと一言で言っても色んな種類があって、代表的な竹製のだって色々あって耳との相性がある(と思う)。

個人的にいくつか試した中ではグリーンベルの「匠の技 煤竹耳かき(2本セット)」が細さといい、先端のかき具合といい、軸のしなり具合といいまさに「匠の技!」ッて感じで耳かき探しの旅も終わりかとおもいきや、何でも中国製に変わって肝心のしなり具合に大きな変化があったということ(未確認)でまた振り出しに。

というわけで最近は比較的調子のいい、金属製の先っぽが3段キノコみたいになっている奴を愛用中である。
ただし金属製だけあってしなりがなく、時折痛いことがるのが玉に瑕。

アマゾンでのんべんだらりと探していたら気になるブツが。
その名も「21世紀の耳かき MiMiDAS」なんて凄そうなんだ!!

21世紀かどうかは置いといて、先っぽがコイル状になっているので適当にしなりがあり痛みが少なそうっていうのと、お値段的に比較的手頃ということもありお買い上げとあいなりました。

実際に使ってみた感想としては、あんまり取れない・・レビューを見ると乾燥タイプの耳垢にはあんまり向いていないという書き込みもありあって、買う前にちゃんと読めよ!ッて感じなんだけど。
自分の耳垢タイプとしては乾燥タイプでかつ耳壁に薄っすらとこびりつくタイプ。(汚いなぁ・・)
ノーマルヘッドや3段キノコだとこびりついた耳垢をガシガシと削り落とすのだけど、コイルタイプだと削る力がちょっと弱いのかもしれない。
おかげ痛くはないんだけどね。

ちょっと気になったのは先端の当たり具合で軽く痛みが走るところ。コイルの先端だろうと勝手に思っていたらamazonの商品ページではコイル先端はループで折り返してあって尖った部分は見当たらない。
もしかして偽物!?と疑心暗鬼な今日此の頃なのでした。

|

November 22, 2014

Etymotic Research ER20を買いました。

Er20

bySoundhause

いわゆる騒音職場で仕事をしているのだけど必需品なのが耳栓。聴力はなくしちゃうと大変だからねぇ。というわけで現場では耳栓の着用を推奨(義務付け?)されております。
現場で支給されているものも決して悪くはないのだけど、愛用しているイヤホンのエティモティックリサーチが耳栓も出しているというのでついAmazonでポチってしまいました。
売り文句としては音質は変えず音量だけ20db下げるというもの。ER4は何がいいってその遮音性が抜群なのがお気に入りなんだけど似たような3段きのこであれば同様の遮音性が期待できるのではないか?ッて思った次第。

ER4ではLargeの3段きのこを愛用しているのでER20もLargeタイプを選択。使ってみた感じとしてはER4よりもちょっと大きいかな?という感触。これならStandardのほうが良かったかな?あと500円ケチらなければ・・・と思ったが特に問題もなさそうなんでしばらく使ってみることに。
初見としては、現場の騒音が如何にでかいのかを改めて実感。ER4ではすっと周囲の音が消えていく感じがするんだけどさしものER20を持ってしてもそれなりに音は聞こえてくる。いつも使ってやる奴と比べるとER20のほうがやや遮音性がいいかな?いつも使ってる奴ももう少しサイズが大きいといいんだけどね。
1,790円(Amazon)は耳栓としてはちょいとお高めだけど、物自体の造りもいいしこのあたりは好感度高し。大事な耳を守るために活躍してほしいものである。


|

September 29, 2014

吉田カバン タンカーヘルメットバッグを買いました。

バッグを買うのはもうやめようと思いつつもつい手を出してしまう今日このごろというわけでゲッチュウしましたのは吉田カバンはタンカーのヘルメットバッグでございます。
また吉田カバン・・・またタンカー・・・
タンカー自身の優秀性は私ごときが語るまでもないのですが、今で購入した品々は基本どれも同じ形でサイズが違うだけ。ちなみに色も同じ黒。そんなん言うなら違うの買えよって話なんですがこればっかりは縁と勢いというもので仕方がありません。
その仮名で日常使いしているのは主にショルダーバッグXLと言われる622-07137なんですが、いかんせん色は黒だしいつも使ってる2wayブリーフケースの622-07136と余りにもに過ぎてて面白く無い。まぁいい鞄ではあるんですけどね。
というわけでデザイン的にも色的にもなんかないかな?と見てたんですがそこで目についたのがこのヘルメットバッグ622-08332。ちょっと大柄なんだけどマチがないせいで意外とスマート。マチがないとは言ってもその気になれば結構いっぱい荷物は入る。ちょいと短めのショルダーベルトもいい感じ。ちょっと細いけどね。
色はセージ(緑)か、シルバーグレイかで迷ったけどなんとなくセージの方がいいかなと。ファスナーも金色タイプでよりカジュアル感があるような気がします。

内ポケットは2つに、透明ケースが1箇所とは言いつつ大中小3つに分かれているので分類もOK。外には大きなポケットが2箇所。ほんとに大きくて何入れるの?って感じ内ポケットには財布とスマホがジャストフィット。iPhone6plusは入るかどうか知らんけど。。。
個人的にショルダーベルトの他に持ち手がほしいタイプなんだけど、622-07137は持ち手がないのが数少ない残念ポイントなんだけどこれはちゃんと持ち手がついててGood!
ちょいと街をぶらつくにはちょっと大きい感は否めないけど、スポーツ観戦とか荷物が多めの時は心強い。

もうひと回り小さくてもいいのかもしれないけれどとりあえずは気に入っています。

|

September 14, 2014

お気に入りのシャープペンシル

いうほどの文房具マニアでもないのだけど最近気に入ったシャープペンシルがあるので紹介。

社会人になって金銭的にも余裕ができたのでシャープペンシルは普通の100円ものではなくちょっと良い製図用のものを使用していた。ステッドラーやロットリングなど1本1000円位するものも使用していたが、中でもお気に入りはぺんてるのグラフギヤ500の0.7mm芯。

一応製図用なんでしっかりしているが、中軸はプラなので気持ちしなるのがいいところ。芯は0.2mm太くなるだけでてきめんに折れにくくなる。かなりお気に入りで娘にも買ってあげたほど。残芯の無駄が大きいのが唯一の欠点か?

Pg517

もう1本お気に入りといえば、何かの番組で紹介されていたのをきっかけに購入したプラチナのプレスマン。記者用の商品らしいのだけどこれがなかなかにすぐれもの。

芯は0.9mmでまぁ普通に使っていれば折れないレベル。これに加えて筆圧が上がると芯が引っ込むという離れ業?を持っている。昔は他にもこの芯が引っ込む機構を持ったシャープペンシルがあったと記憶しているのだけど最近ではあんまりないのかな?

Mps200_440_1


とにかく筆圧の高い私には願ってもない機能で助かっている。見た目が極普通のシャープペンシルということもあって、プラスチックを多用した外装でおねだんも定価200円と手頃。
書き味も0.9mm芯のBということで滑らかでいい感じ。高級感はないのでもってるだけで満足という品ではないけれど使ってわかるこの逸品という感じだろうか。先日無くしてしまったので近所のヨドバシでまとめ買い。これでしばらくは大丈夫でしょう。

欠点を上げれば芯入れが細く基本的には1本しか入らない。だもんで芯が無くなったらいちいちキャップを開けて補充しなければならないところだろうか?とは言え純正の替芯は90mm?もあってなかなか減らないのもいいところだ。
基本的には出かける前に芯を入れて一日持つという新聞記者の使い方を想定しているのかな?

文房具はお値段手頃な逸品がゴロゴロしているのもいいところ。ネタに困ったら他の品物も紹介してみようと思う

|

August 16, 2014

エビス プレミアムケアを買いました。

Img02_lineup_regular_01

薬局で見慣れない歯ブラシがあったのでつい手にとってしまいました。
エビスのプレミアムケアシリーズ。
他にないビッグなヘッドが特徴です。
歯ブラシのヘッドはコンパクトな方が奥まで磨けるというイメージが強いんですがエビスいわくコンパクトヘッドはたしかに細かいところまでちゃんと磨けるが、それは正しいブラッシング法をマスターしていないとむずかしい。それならばビッグなヘッドで磨いたほうが確実に磨けるというもの。
真偽の程は定かで無いのだけど、実際に使ってみるとなかなかに具合がよろしい。毛先は柔らかめを選択したんだけど、もともと硬毛好きな私にとって結構意外な感じ。なんかほんとにブラシで磨いているって感じで口の中に細かい泡が満ちてくる。
うがいをするとたしかに歯の表面はきちんと磨けている感じがしました。
実際は歯並びの悪いところや奥歯など磨きづらいところから虫歯になっていくんだけどその辺りはどうなのだろう?
以前ここの豚毛歯ブラシなるものを使用したこともあるんだけど、ここの良いのはヘッドよりもそのシャフト?にあると思う。太めのしっかりとしたシャフトでちょっと良いものを使ってる感じがする。

ちょっと良いものといっても300円位でプチ贅沢が味わえるのであればいい買い物ではないかなと思うようにしている。

|

July 05, 2014

ラムダッシュ ES-SF21を買いました。

Essf21w_481001

ひげは濃くないもののやはり毎日の作業となる髭剃り。あまり執着もないのでシェーバーだったり、カミソリだったりなんだけど最近は主に日立のロータリーシェーバー(RM-SX110)を使用中だった。
際ぞり刃がないことを除けばそれほど不満もなかったんだけど、ラムダッシュが安くなってたんでついゲッチュウ。
安いから買うというのはもうやめようとあれほど思っていたのに・・・

というわけでやって来ましたラムダッシュ。
4枚刃の対応なんだけどパナソニックとしてはエントリーモデルが3枚刃、上級モデルは5枚刃という棲み分けみたいだが、これはちょい前の上級モデルの4枚刃を使いながらエントリーというよくわからない一品。防水というのが気に入ったポイント。5枚刃のモデルって水洗いはできるもののいわゆる防水ではないんだよね。
水回りで使うものだけに防水というとそこはかとない安心感がある。

使った感じとしては4枚刃のヘッドがでかい。5枚刃程ではないにしてもSX110はもちろん、前に使ってたブラウンお3枚刃と比べてもでかい。鼻の下なんかはちょっと剃り辛いかも?
高速稼働の高音については自分的には気にならない。
剃り味はさすがでSX110よりも一枚上手という感じ。

ただ、どちらか好きかと言われればSX110かなぁ?
あの、低音でジョリジョリ剃る感じってちょっと独特なんだよね。
充電が切れた際にコンセント直結で使えないというのもイマイチ。

作りはSX110よりも高級感はあるけど上級モデルほどのものはやはりない。
せっかく買ったんで末永く使ってやりたいと思うんだけど替え刃とか高いんだよねぇ・・

総じて満足はしているけどSX110から買い換える程ではなかったかな?というところ。

※8月16日追記
1ヶ月使っての感想なんだけどだいたい上記と変わらず。
ただし、基本的にはいいものなんで満足して使ってはいるけども買い換えるほどでは・・というところ。
でも深ゾリ具合はSX110にはないものでこの点はGood!
防水仕様なんで洗浄も楽だし、このまま長く使いたいなと思うところ。

|

January 20, 2014

東芝・REGZA42Z7を買いました(その2)

東芝REGZA 42Z7を買いましたよ~の続き。
まず映りについてなんだけど、お店ではちょうど隣にZ8が展示してあって比べることができた。
さすがは直下型LEDの効能というべきか輝度は明らかにZ8のほうが優っている感じで陽の光など眩しいくらい。
それに比べるとZ7はややくぐもった感じ。
ただし設定は確認していないのでZ8が鮮やか設定にしてあった可能性は否定出来ない。
ただ、先ほどの眩しいほどの光というのはZ7は難しいかもしれない。まぁ、明るいお店での話で家では輝度を落とす方向の設定をすることが多いのでおそらく問題はないはず。逆にZ8は赤みが強すぎるような印象を受けた。これは近くにおいてあったソニーやシャープのテレビと比べて感じた感想。
東芝同士だとZ8が赤みが強く、Z7は黄色みが強いという感じだったが他メーカーも含めてみるとどちらかと言うとZ7の色のほうが正しいように見えた。この辺りZ8はやっぱり設定が違うのかもしれない。
実際に家で視聴する範囲ではとっても鮮やかで文句なしの美しさ。ただスポーツ番組(特にサッカーやラグビーのような芝生上のスポーツ)ではノイズが気になることも。Z7000もそうだったんだけど超解像機能が悪さしているのか?反面アニメやドラマなんかはとっても綺麗。
機能的に嬉しいのは2番組同時録画ができること。今までのZ7000は1番組しか取れなかったからね。ただし録画に関してはとんでもない飛び遠具を持っていていわゆる全録機能だ。専用のHDDを接続する必要はあるが地デジ6番組を録画できる。Z8はこれに加えてBSも1番組取れるらしい。使う人には重宝するのかも?
正直全録に興味はなかったがせっかくなんでHDDを買って使ってみることに。
各方面絶賛の全録機能なんだけど今のところあまり使いこなしていないこともありちょっと便利ねという程度。暇な時に昨夜の面白そうな番組をかけるというくらい。あと見逃したドラマとか。基本的に視聴するものは指定して録画しちゃうからね。
ただ、見どころシーン再生機能はおもしろい。キーワードを入力するとそれにあったシーン(番組ではない)を録画した番組の中から探しだしてくれる。CMまで引っ張ってくれるのは恐れ入る。何でも200人体制で調査・入力をしているのだという。
ざんまいプレイはまぁ便利というレベル。

てな感じでレビューを終わります。
もう1回位おまけで書くかも?

|

January 13, 2014

東芝・REGZA42Z7を買いました(その1)

正月は元旦の夕刻、突然テレビが映らなくなった。
テレビ自体は4年前くらいに買った東芝レグザのZ7000という当時のフラッグシップ機だったんだけど、映りや機能には満足していて特に不満もなかった。
まぁいつかは壊れるものとして4年はちょっと早くないかい?

症状からはおそらく電源基板がイカれたのだろうと当たりをつけたが、テレビをこよなく愛する妻は一日も早い復旧を望み、また以前壊れたエアコンを修理したけど結局治らなかったことを根深く記憶しており、結果的に新調することとした。
嫁の希望としては操作を覚えるのがめんどいので同じ東芝でということ。予想より早く壊れたテレビと同じメーカーにすることには若干の抵抗を覚えたが、まぁ東芝は嫌いじゃないしと納得。
できればメーカー不問のほうがお買い得品ゲットの幅が広がるのだけど大蔵省の要望は無視できないので東芝の中からセレクトすることに。

ネットで色々探したところ、
・50G5:エントリークラスだが50インチが魅力。ちょっとでかい。
・47Z7:一つ前のフラッグシップ。在庫薄・
・47Z8:今の2Kフラッグシップ。ちょっとお高い。
・47J8:Z8と同じパネルを使用。機能を減らしてお買得価格に。
と言った感じ。Z7000と比べて挟枠化されているので1サイズ大きいので良さそう。
上記でだいたい10万~15万くらい。ただし、今のテレビを引き取ってもらわなきゃいけないのでネットショップではなく電気屋で買うことに。池袋まで足を伸ばそうかとも思ったがとりあえず近所のノジマに。47インチは軒並み在庫切れで最速でも20日くらいの配送というので却下。50G5は在庫があったがさすがにサイズがでかくやっぱり見送り。というわけで上記機種の42インチの中からセレクトすることに。Z8はやっぱり予算的にちょっと・・・ということでZ7とJ8のどちらかということになったが即在庫があるということでZ7に決定。結局配送してもらうことにしたんでJ8でも良かったんだが・・・

というわけで5日には配送が完了し本当はオプションだったはずの設置までやってもらい超ラッキー。今のテレビをおろしてもらったら結構重くてやっぱり電気屋に頼んでよかったと。嫁の慧眼に感服する。
Z7は一つ前とはいえフラッグシップということで全録機能がついていて6番組を録画できる。(その他に2番組を録画可能)ということで予定外であったが対応のHDD(5TB)を購入し設置。
これで我が家の新AV環境が整った。

長くなったので続きはまた次回。今更Z7のレビューかよとは言わない約束で。

|

April 10, 2013

近頃の物欲について・・・

悲しいことがあると革の表紙を開く人もいるというが、私の場合欲しい物を夢想することにしている。
ギバちゃんはCMで「お前の夢は金で買えるのか?」と宣っているけど、はっきり言わせてもらうと「金で買える夢もある!」ダイヤモンドユカイさんだって「(カジノで大勝ちしたら)デカイ車ととびきりの女侍らして、ふざけた野郎思い切りコケにしてやるのさ!」って言ってるじゃァないの。

年をとるに従ってだいぶん物欲もしぼんできてるんだけど思いつく所ではこんな所だろうか?
・乗り物関係
 特に今の車(前型のレガシィ2.0i)に不満はないので、
   ナビの地図ソフトとタイヤを最新版に変えたいくらいか?
・PC関係
これも現状不満はないのだけど、そろそろWinXpは卒業したい気も・・・
iPadの新しいのはちょっと欲しいかなぁ・・アンドロイドはどうも相性が合わずそれほど食指が伸びない。

・AV関係
 特に無し。

・カメラ関係
 長年主力を務めているPowerShotG9の後継にG12かG15もしくはSonyのRX100あたりがほしい。
 ニコンのP330もいいらしいが・・?
 一眼系はフォーサーズのレンズも欲しいがいまいち乗り切れないところ。

・家電関係
 特に無し。

・ファッション関係
 昨季は結局買いそこねたがFilsonのウールベストは(まだ)欲しい。
 アンダーでモンベルのジオラインを試してみたいところ。
 モンベルで言うとカッパのパンツも欲しい。

と書き並べてみるといかに物欲が衰えているかが現れてて怖い。
全部で20万円くらいでなんとかなるんじゃァないのか?

というわけで宝くじで100万円当てたら上記の夢を叶えたいと思います。

|

April 08, 2013

吉田カバン ポーター タンカー ショルダーバッグXL(622-07137)を買いました。

713701_320


以前購入した吉田カバン ポーター タンカー 2WAYブリーフ(2層式)(622-07136)の使い心地に満足してついポチってしまった一品。

普段使いにはちょっと大きいかなということでこぶりなショルダーもしくはヘルメットバッグを物色していたのだけどオクで出物を見つけてゲッチュウと相成りました。

買う前からわかっていたのだけどデザインがモロかぶり。。
サイズはブリーフが幅400×高さ290×奥行100(mm)の重さ880gに対して幅360×高さ250×奥行170(mm)の730gと一回り小さいサイズ感。違いはショルダーベルトが固定か交換可能かというくらいか?
マチが広がるのも共通。これは便利だからまぁいいんだけど。よく見ると寸法的にはショルダーのほうが奥行きがあるのね。ショルダーの方は拡大マチの分まで入れてねぇか?

メインのファスナー破損と言うとでかなり安く手に入れたのだけどファスナーの修理代はなんと682円と大変お値打ち。1ヶ月くらい待たされたけどお得感は満点だ。
これだから吉田カバンは素敵。

ちょっと小ぶりになるだけでカジュアル感がアップするのは気のせいか?
仕事で使うB版ファイルなどは窮屈そうなんでちょっとあれだけど、普段使いには使いやすいサイズかなぁと。
デザイン的にはヘルメットバッグのほうがよりカジュアルでいいかなぁという気もするけれどこれはこれでありかと。ヘルメットバッグでベルト交換できるタイプがあればいいんだけどねぇ・・

あんまりカバンを増やすとまた使わなくなるので物欲を抑えるのが大変な今日此頃だ。

|

より以前の記事一覧