April 13, 2018

ジュマンジ~ウェルカム・トゥ・ジャングル&オリジナル版を観ました。

「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」を観てきました。ついでにその前にオリジナル?のジュマンジも観ました。
どちらも面白かったんですが簡単にレビューなど。

全くのリブートかと思ってたら一応続編っぽい作りになっていて、前作の最後で海まで流されたジュマンジを少年が拾うところからスタート。
友人?に見せるもそんな古臭いのしねーよといわれテレビゲームのところに置いておいたらなんとテレビゲームになってたという目を疑わんばかりのびっくり展開。
そのままゲームスタートした少年はそのままゲームの世界にというのは前作と同じ流れ。
ただし、今回はスタート時にキャラを選ぶことになっており、それがこの映画にひとクセつけていると言うか文化臭を付加している(らしい)

時は流れて(確か20年位)高校でそれぞれの理由で居残りで部屋の掃除を指示された4人の高校生がジュマンジを見つけてゲームスタート。
キャラ選びの流れでスポーツマンはチビの助手に、自撮り命のJKは太ったおっさんに、真面目JKは悩殺カラテガールにそして主人公のおたくボーイはロック様になってしまう。
正直少々分かりづらい様に思えたけどこれはこれで脳天気でよろし。
また今回はライフが3つあって2回までは死んでも大丈夫。前作は1回でアウトだったのでずいぶん優しくなった様子。

ジャングルでNPCに絡まれながら悪役と20年前行方不明になった少年と出会って物語は進行。
お互い衝突しながらも最終的には協力しあいながら目的を達成、元の世界に戻るというのがだいたいのあらすじ。

評論家さんの話によるとアメリカのハイスクールライフはグループ分けが進んでいて他のグループとはほとんど接触が無いそう。
その中で他グループと交わってお互いを認めあっていくというのはアメリカンな青春映画の常道のひとつらしく本作もその流れに沿ったものらしい。
日本でも通用しそうなストーリー仕立てだとは思うけどね。ヤンキーが真面目グループに入ったりするやつは掃いて捨てるほどあるからまぁ似たようなものか。

その中に恋愛模様を絡ませるというのもありがちなパターン。
CGなどは流石に現代の映画だけあってなかなかの迫力。

というわけで余り深いことを考えなければ普通に楽しめる良い映画であったんだけど、個人的にはその前に見たオリジナル版の出来が良かっただけに少々見劣りしたのも事実。
あちらは少年少女の成長(2重の意味で)またおじさん&おばさんの恋愛(これまた深いところがある)という点で今作を超える出来であり、
またラストについても今回もホロリと来たがやや前作のほうが上回る感があった。
個人的にロビンウイリアム好きというのもたぶんに影響してそうだけど。

というわけで前作が★4つなら今作は★3.5というところだろうか。
一応次作はできそうにないラストだったんだけどまた懲りずに作って欲しい。

|

May 02, 2017

「3月のライオン 後編」を観ました。

珍しく前後編で前売り券を買った本作品。
もちろん原作の大ファンであるというところが大きんだけど、一応後編まで観終わったということで感想など。

前編はかなり原作に忠実で原作の味を出そうと四苦八苦した様が見て取れた。
原作はかなりエピソードが満載なので網羅するともちろんひとつひとつが希薄になるのは仕方ないのだけどそれでも詰め込めるだけ詰め込みたいという意気込みがあった。
後編はそれに付け加えて現段階のストーリー展開でなんとかオチに持っていこうというところがあって、原作を多少(かなり)改変した部分が目についた。
特に川本家の父親登場の件はなんとなく零くんが可哀想な感じがしたのは事実。
もちろん最後では救われる展開ではあったのだけど原作ではそのあたりはもうちょっと上手く描かれていたように思う。
同じくひなたちゃんのいじめ問題もかなりサラッとしてていこの程度なら削除しても良かったんでは?と思うくらい。

結局良エピソードがありすぎてしかも取捨選択が上手くいかず、泥縄的に追加エピソードを拵えたあたりが敗因ではなかったかと。
前編に続いて原作知らない人はきっと置いて行かれてるんだろうな?という気もしたしね。
香子が救われるエピソードは唯一追加エピソードの中では良かったかな?

神木くんはよくやっていたと思うし、倉科さんはもはやあかりさんというとこちらが出てくるくらいはまり役だった。
他の配役もかなり良かっただけにこの消化不良感はなんとも残念。

というわけで原作ファンとしても前後編合わせて★3つというところか。

|

March 23, 2017

「3月のライオン 前編」を観ました。

「3月のライオン 前編」を観ました。

原作の大ファンで主演が神木くんとくればこれはもう見るしか無いだろうと珍しく前後編とも前売り券をゲットしておったのですが、意外とスケジュールが合わず昨日の鑑賞。

一言で言えばかなり原作に忠実に作られた映画と言えるでしょうか。いろいろと違うところはもちろんあるんだけど総じて忠実。何よりキャストがかなり原作に寄せてきているというか、たしかにこの人以上に似合う人はおらんやろ?と言う感じ。零くんに間違ってもジャニーズとか持ってこなかっただけでも評価なんだけど、後藤役の伊藤さんとか島田役の佐々木さん、またあかりさん役の倉科さんとかまさに原作通りという感じ。協会長の神宮寺さんまで原作に似ていたのはびっくり。

逆に原作に忠実すぎてナレーションに名セリフを突っ込んでくるのは映画としてはどうなのかな?と言う感じ。
ナレーションの名セリフが見ものではあるんだけどね。

将棋のシーンも見応えはあるものの将棋というより将棋打ちの姿を描いていて将棋ファンからしたらどうなのかね?と。

後編ではまさかの川本父も登場するというのでまた楽しみ。
まぁいろいろ賞を取ったり映画賞を総なめしたりする作品では無いと思うけど原作ファンとしては十分及第点かなと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 02, 2017

恋妻家宮本&ドクター・ストレンジを観ました。

1日は映画の日ということで休みなのをいいことに2本続けてみてみました。

「恋妻家宮本」
子供が巣立っていったアラフィフ夫婦の物語。
それほど期待していなかったけども、なかなかほっこりしてて良かった。
ただし、途中で菅野美穂と浮気の一歩というか半歩手前まで来てたけどそれはいいのか?
天海祐希が役柄とは言えかなりおばさん臭撒き散らしていたのは驚き。
最期の吉田拓郎の「今日までそして明日から」の合唱?はとても良かった。

「ドクター・ストレンジ」
一連のマーベル作品が好きな方は問題なく楽しめる作品。
他の方のレビューにもあったけどマトリクスを思い出させる異次元特撮(というかCG) に驚き。3Dは苦手なんで2Dで観たんだけどちょっとこれは3Dで観てみたいと思わせるでき。
いまいち主人公に感情移入できないのとご都合主義なのと他色々できになるところは多々あれど、
まぁ細かいこと言うなと言われればそれまでという感じ。
すでに次回作ありきという展開でアベンジャーズと絡むらしい。
それはそれでちょっと楽しみではある。

とまぁ簡単ですが。

ついでにこの間録画した信長協奏曲も観てみましたが、ツッコミどころが満載でやっぱり映画館に観に行かなくてよかったと思うことしきり。
しかしこの脚本でよくOKが出たよなぁと感心。
山田孝之はさすがの熱演。勇者ヨシヒコを思い出したけど。。。。
まぁこれも細かいこと言うな!って作品なんだろうかね?
原作はこんな終わり方しないでくれよ!

|

November 24, 2016

「逃げるは恥だが役に立つ」を観ています。

今期珍しくドラマを3本も見ているのだけど、中でも注目はやっぱり「逃げ恥」こと「逃げるは恥だが役に立つ」。エンディングのダンスも可愛いのだけどやっぱりガッキーの可愛さが溢れ出ていて毎週眼福もの。

まぁ、ガッキーは何してても可愛いということもできるのだけど、ちょっとドラマのみくりさんは少々都合の良い女すぎるという感じもする。原作ではそこまででもなかったように思うのだけどドラマにありがちのデフォルメ描写というやつか?平匡のダメっぷりもあるけれど、年齢が近いところで言うと北川景子なんかだと即振られでしょって感じ。まぁ石原さとみや綾瀬はるかだと・・どうかな?ちなみにドラマのみくりさんはやたら妄想癖があるのだけど、妄想癖といえばこないだ見た映画の綾瀬はるかも妄想癖がひどくてなんとなく共通感が。綾瀬はるかがみくりさんだったらどうだったんだろう?

ちなみに平匡役の星野源さんが主演した「箱入り息子の恋」というのをこの前たまたま見たんだけど主人公の性格が結構似ててびっくり。あの手の役しかできない人か?まぁ人見知りが激しいという点だけで映画のほうがもっと自分の気持ちに正直だし夜這いを掛ける程度の積極性?は持ち合わせていた。(そのせいでひどい目にも会うのだけど・・一応2時間でちゃんと結ばれたしね。)
ヒロイン役の夏帆はなかなか体当たり演技でこの人って顔は地味めだけど仕事を選ばず頑張っているなと。たしか「みんなエスパーだよ」にも出てたような・・?「海街Diary」とかでもなかなかいい演技してて個人的には好感触な女優さんなんだけどね。

「逃げ恥」もあと3話くらいなんでそろそろまとめに入るんだろうけど、この調子だと大谷亮平がただのいい人で終わりそうでちょっと意外。まぁほんわかドラマなんでそこはね。

黒いといえば黒い十人の女がなかなか面白くてこちらも注目。キャストも豪華だし、毎週毎週よくもまぁと飽きさせない。個人的には成海璃子ちゃんのキャットファイトが見られただけでもこのドラマを視聴していて良かったと。こちらは視聴率がいまいち芳しくないようでちょっと残念。というわけで今期のドラマレビューでした。

|

July 08, 2016

アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅を観てきました

というわけで「アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅」を観てきました。

原作は一応「鏡の国のアリアス(Through the Looking-Glass)」になっているんだけど、どこまで原作に忠実なのか読んでないのでイマイチわかりません。

かなり大人になったアリスがまた不思議の世界に行ってマッドハッターを救うというのが基本線なんだけど、敵として時間(タイム)であったり、赤の女王が再登場したりとそれなりに楽しませてくれる。

白の女王は綺麗なんだけど自国の王様としてはいかがなもんかね。
アン・ハサウェイがカワイイからいいけど。
不思議の国(アンダーランド)はアリスの内面世界という設定らしいから仕方ないのだけど、揃いも揃ってアリスに頼り切りというのがまぁなんともね。

赤の女王の頭がどうしてあんなに大きいのか?にちょっと触れられているのは良かった。
あと、タイムがフレディマーキュリーにしか見えないのは気のせい?
まあアン・ハサウェイがカワイイからいいけど。

クライマックスもそれでいいのか?感が満載でこっちが不思議の国に落ちそうだった。

ティム・バートンの世界観はきらいじゃないんだけど少々消化不良という感じがした作品でした。

|

DEADPOOLを観ました

いま話題?のお馬鹿アメコミヒーロー映画「DEADPOOL」を観てきました。

まぁ、お馬鹿な原作をよくここまで映像化したなぁという感想がまず第一。
ストーリー的には一応まとまりはあるもののあくまでもおまけという感じか。

X-MENの派生?なのかコロッサスとかネガソニックなんとかとかも出てくるが予算の関係で他のメンバーは出ないらしい^^;

R15らしくそれなりにグロいシーンもあるし人もバンバン死にまくるんだけど主人公が主人公だけにあまり悲壮感がないのはよろしいかも?(よろしいのか?)

ヴァネッサのコスプレとかアメリカ人なら笑えるツボが多数ありそうなんだけど、いまいちわからないのがツライところ。ズートピアもそうなんだけどね。

大作ヒーロー物ならもうすぐ公開の「X-MEN アポカリプス」の方がいいかもしれないね。

気合の入った?B級映画ということで★は3つかな?


|

June 25, 2016

高台家の人々を観てきました。

本当はレッドプールが見たかったんだけど、時間が合わずこちらを鑑賞。

少女漫画原作にありがちな地味系女子の前に突然王子様が現れる的なストーリーなんだけど、
とは言いながら意外と面白かった。

王子様とその兄弟がテレパスであるというところが基本設定なんだけど、
テレパスならではの悩みが描かれており、決してプラスだけの能力ではない。
能力とずっと付き合っていれば、当たり前の能力として悪用?したりしそうなもんだけど、
意外と普通の人ッて感じ。
なんとなくサトラレを思い出すストーリーだった。
ストーリー的にはちょっと斎藤工がぼっちゃん過ぎない?とか綾瀬は感情の波が激しすぎない?とかおもわないでもない。最後の英国行きのところもなんかちょっとね。
シャーロットも若い頃はまぁいいけど年寄りの演技はイマイチ・・・

とは言いながらも主人公の妄想癖はなかなかにバカバカしく映画の一つの見所となっている。

決して傑作とは思えないけど駄作でもなく凡作と言ってはちょっと厳しすぎるだろうか?
でも邦画の多くはこれ以下のものもいっぱいあるんでね。優良可で言えば良可の間くらいだろうか?

|

June 08, 2016

ズートピアを観てきました。

町山先生もおすすめということで観てきました。

あんまりディズニーのアニメは好きではないんだけどね。

ざっと言えばストーリーはうさぎの女の子が努力の末に警官になり、誘拐事件を解決に導くというもの。
話自体も良く出来ていて黙ってみてもなかなかに面白いのだけど、町山先生の入れ知恵と言うか事前情報があったのでより深く(少しだけども)観ることができたような気がします。

言ってみればズートピアとはアメリカそのもので様々な動物はいろんな民族を比喩していること。主に種別に対するレッテル貼りが無意味なこと。そしてそのレッテル貼りを一人ひとりが行っていること。などなど。

もっとアメリカの社会に詳しい人であればもっとうなずける部分が多いのだろうけどにわかの私にはこの程度。

「ずるいキツネにマヌケなうさぎ」これに象徴されているんだけど、ラストではこれが逆になるのが面白い。
アメリカはいろんな問題をはらんだ国はあるんだけどこういうところは自由でいいなと。日本ではなかなかタブーに踏み込む映画ってなかなか出てこないよね。l
逆に昔はそこそこあったんだけど。。。(ウルトラマンシリーズにも沖縄出身者への差別とか出てくるしね)

自由についてもいろいろと考えさせられる作品でした。

|

May 18, 2016

アイアムアヒーローを観てきました。

というわけで?映画つながりでもう一本。
「アイアムアヒーロー」観てきました。
雑誌に連載された頃から読んでいる作品なんだけど、まさか?の映画化ということで海外でもいろんな賞とってるしと話題も豊富なんで観に行ってみました。

基本ゾンビものなんだけどSF要素があり、恋愛要素がありと近いところのゾンビもの?である「彼岸島」よりはよっぽど良作という感じの作品。

というわけで見てみると意外や意外のホラー展開。最初の15分はまんまホラー映画のノリ。確かにゾンビ映画もホラー映画のジャンルだけど「呪怨」とかの雰囲気に近い感じもするマジホラー物。
ところがしばらくすると逃避行物に変わり、バトル物、最終的にはスプラッター物でなんとなくホラー映画に戻るという感じで果たしてこの映画は何なんだろうか?と不思議に思ってしまう。
主演の大泉洋もいいけど、ヒロイン役の有村架純もなかなか良かった。長澤まさみもさすがの安定感だね。
海外でも評価されるだけあってなかなかユニークな作品だったけど、原作とはちょっと雰囲気が違うかなという感じでした。
特に最後のスプラッタシーンは映画向けの演出過多って感じでした。

|