April 22, 2013

油長酒造 風の森を飲んでいます。

Photo

先輩に教えてもらった「風の森」
奈良県は油長酒造さんってところが作っているらしいんだけど、
なかなかに美味しかったので調べたところ、家から来るまで15分くらいのところに特約店を発見し早速と買って参りました。
今回ゲッチュウしましたのは、
「風の森 純米しぼり華 無濾過生原酒」 と「風の森 純米大吟醸 秋津穂50% 無濾過生原酒 」
の2種類。
油長酒造さんのHPは
http://www.yucho-sake.jp/Site/TOP.html
なんだけど、なかなかのこだわりぶりを感じる。
某酒屋さんのHPには、
1.全量 純米酒系 造りは、純米酒・純米吟醸酒・純米大吟醸酒 のみでアルコール添加は一切なし。
2.全量 生酒 全てのお酒を、火入れせず生酒で出荷。
3.全量 原酒 搾ったまま、一切の割水(水を加え薄める)をせず原酒で出荷。
4.全量 無濾過 搾った後、濾過機(ろかき)やフィルターを一切通さず無濾過で瓶詰め。
5.搾り方にこだわる ◆しぼり華・・・・・・・・圧を加えず搾り機より自然に垂れてくる部分
などの特徴が書かれてあり、とっても好印象。
もっと好印象なのがその価格。
前者で2000円、後者でも3150円と驚きのプライス。
普通純米吟醸とか言ったら5000円は下りませんぜ。

共通した味わいとしてはどちらも米で作った)スパークリング)ワインという感じ。
ほのかに甘みを感じ、香りもよく微炭酸のような味わい。
(生酒だからか発酵が進んでいるかららしい)

後者は更にすっきり系という感じか。
普通吟醸というと更に甘かったりするんだけどこれについては前者と比べて甘いという感じはしない。
まぁ普通のやつで十分美味しいんで値段の差ほどは感じないかなぁ。

というわけで次は普通ので十分かと思うんだけど、ここのお酒は酒米別に何種類か作っていて、
今回は秋津穂というお米を使用したものなんだけど他に山田錦やら雄町やらで仕込んだものもあるんでそちらにも手を伸ばしてみたいとこと。

あまりに美味しくて1升で1週間持たないのが難点といえば難点か?

|

March 05, 2009

はるみを食べています。

Harumi

はるみを食べているといっても根元はるみじゃないよ!

冬の果物といえば個人的にみかん。
りんごもいいが1個食べれば十分な感じがするのに対して、みかんだったらそれこそ際限なく食べてしまう。
おかげで子供のころいつも手足がまっきっきだった。

三つ子の魂百までではないが、長じてもみかん好きは変わらず(あんまり食べなくなったけども)今に至る。

みかんの中で最も好きなのは、ポンカンである。甘く、ジューシーで食べやすい。
長らくポンカンが1位の座を占めていたのだけれど、ここに来てその座を脅かすものが現れた。
「はるみ」である。

「はるみ」はポンカンと清美オレンジの子供らしいのだけどこれを食べて驚いた。
身はぷりぷりとしてる割に、外皮、内皮ともに剥きやすく、内皮はそのまま食べても大丈夫。
しかも種がほとんどないのだ!

これはうまい!と最近見かけたら買うようになった。

最初に買ったやつが一番うまかったような気がするが、慣れてきたのだろうか?

みかんのシーズンももうすぐ終わってしまうので、食べられるうちにうんと食べておこうと思う。

|

July 16, 2007

サングリアを飲んでます。

Sanguria_1

暑い夏の日に炎天下で飲む飲み物といえばやっぱりキンキンに冷えたビール!なのだけどもうひとつオススメの飲み物がこれだぁ!1,2,3というわけでご紹介したいのがサングリア。阪神の売れない選手を起用したCMで有名なってそれはサンガリアね。
サングリアというのはスペインの飲み物(多分)で「赤ワインを甘いソーダやオレンジジュースなどで割って、フルーツ(レモン、リンゴ、バナナ、オレンジなど)を一口大に切りシナモンを少々加えた、夏にかけて特に清涼感を得ることのできる飲み物。](byWikipedia)なんだそうだ。
細かいことはよくわからないが赤ワイン(白ワインでもつくるらしい?)をジュースで割ってフルーツをぶち込んで一晩寝かせたものというのがイメージ的には近い感じ。
彼の地では安いワインで作るほど美味いと言われている事からも分かるとおり庶民の飲み物である。

かように安い食材で簡単に作れるので自作されてる諸兄も多かろうと思うのだけど私的には瓶詰めを買ってきて冷やして飲むと言うさらに自堕落なサングリアライフを送っています。

ちなみによく買ってくるのはVINA MACATELA のサングリア。ちなみに近所では720ml?入り一瓶¥500なり。大体ビールくらいの値段かな?ちなみにアルコール度数もビール並みだったような気がする。
これは元ワインもジュースも有機栽培に拘った一品でヘルシーさんにもオススメ。ってヘルシーさんは酒なんて飲まないか?(^^;

これを冷蔵庫で冷やして昼間っから飲むのがこれまたラテン的空気を醸し出して夏にぴったり。
ちなみにいい気分に比例して近所の視線は冷却の度を深めるのでせいぜいベランダくらいで嗜みたいところ。
つまみにはスルメよりも生ハムの方が合うとおもう。ところであちらの生ハムってあんまり生ハムって感じしないよねやたら塩辛いし・・まぁつまみにはいいんだけど。
イベリコ豚の生ハムっちゅうのも食べてみたけど美味しいとは言えあの値段じゃ2度目はないなと言うのが正直なところ。口の中の温度で油が溶けるといわれてもそう言う気もすればしない気もすると自分の味オンチを恨むばかり。まぁこれくらいの舌を持つ方が金かかんなくっていいやね。

と言うわけでヨッパライ中継を終わりたいと思います。

|

October 18, 2006

雪洞貯蔵酒 緑を飲んでいます

Midori

なんとなく日本酒が飲みたくなり近所の酒屋に寄ってみた。

先日買った「呉春」の普通の奴でもよかったんだけど、なんとなくラベルに惹かれて買ってみました。
¥3,150なり。純米吟醸でも¥3000くらいで飲めるんだから日本酒って安いよね。

一応宣伝文句としては、
「雪洞貯蔵酒 緑」は真冬に搾ったばかりの純米吟醸酒を1升瓶に詰め、1本、1本火入れした後、雪の壁に覆われた雪のドーム(雪洞)の中で約半年間貯蔵される、豪雪地帯ならではの方法で貯蔵した酒です。
 一切の光を通さず、約0度に保たれた雪のドームで貯蔵されたお酒はゆっくり、ゆっくり熟成され、生酒よりもマイルドに、通常のお酒よりも若々しく、ふくらみのあるお酒に変身します。
夏の暑さに負けない涼しさとフレッシュさをお楽しみください。
by地酒処 小林商店

というもの。
緑川に共通した爽やかな飲み口はこれにも共通している。
説明文からも手の込んだ造りが窺われるがなかなかにして美味い。

実は緑川の高い酒を飲むたびに感じるのは「純米で十分だな」
というもの。
確かに吟醸は美味しいのだけど緑川の良さは純米でも十分堪能できると思う。

といいつつ限定品などを見かけるとつい手がでちゃうんだよね(^^;

|

September 15, 2006

「呉春 本丸」を飲んでいます。

Gosyun_honmaru

こちら関西に来てしばらくたつが、近所の酒屋に地酒が置いてありゲッチュウしてみた。

その名も「呉春」。2種類置いてあったが高い方の「本丸」にしてみた。

飲んでみたら昔ながらの日本酒と言う感じ。
甘くもなく辛くもない。
気がつくとあっという間にグラスが空いていた。
(冷酒がすきなんで、冷やして飲んでいる)

やはり近所に「緑川」の特約店がありよく利用する。
そちらは端麗な感じでもっと飲み易い。

しかし落ち着いて飲むには「呉春」の方があってるかもしれないなぁ・・・
「緑川」は洗練されすぎているような気がする。

ネットで見てみると生産数の少ない希少な酒だそうだ。
確かに美味しいがプレミアを払ってまでは・・・?
と言う感じ。まぁそんなことしないでも手に入るのは地元の特権なのかもしれない。

秋の夜長にはこうして冷で一杯と言うのもおつなものだと思う。

|

January 05, 2006

リトルスプーンのカレー

北海道には「リトルスプーン」と言うカレーチェーンがある。
カレーチェーンといえば「CoCo一番屋」だが、ここ北海道ではなんと言ってもリトルスプーンである。
ちなみに昔家の近所に「GoGo一番館」なるカレーチェーンがあったが、アレはいったいなんだったんだろう?

話は戻って、リトルスプーンだがカレー自体は普通のルータイプのカレーだ。
巷で小ブレイク中のスープカレーではない(最近メニューにスープカレーも加わったが・・)
まさしく普通のカレー。他人に「どんな味?」と聞かれても、「普通のカレーの味」としか答えようのない味だ。
しかしウマイ!普通ならではの美味さがある。
どっちかと言うとかなりカレー好きだがここのカレーなら一週間は食べ続けてもいけるような気がしないでもない。
おまけに安い。通常のMサイズならば\380である。コンビニでカレー弁当を買っても\500は取られる所だ。

しかもお持ち帰りの場合鍋持参だと更に割引される。
エコロジー的にも高ポイントだ。

ここもCoCoと同じく様々な具をトッピングで選ぶことができる。
しかしやっぱりここのカレーは素で味わいたい。
素カレーこそリトルスプーンを最もおいしく味わう食べ方のような気がする。

と褒めちぎってばかりいるがここの欠点をひとつだけ・・・
おそらくはルーの材料にニンニクを使っているのではないかと思うのだけれど、翌日のう○こ&お○らがかなり臭う。

少なくとも人前でスカすのはお勧めできない。

|

November 30, 2005

焼酎「宝山 芋麹全量」を買ってきました。

久しぶりに高級焼酎を買った。

だいたい庶民の飲み物である焼酎で高級とは何事か?という気はしないでもないのだが、
実際に高価な焼酎というのは存在するので高級と言い換えてもいいのではないかと思っている。

以前は焼酎マニアを自認し、結構イイ焼酎を飲み歩きHPまで造っていたのだけれど、最近はすっかり熱も冷めもっぱら飲むのは紙パックの黒白波だ。
なぜに紙パックかというと後始末が楽だからだ。別に自分が処理するわけではないが嫁の負担を少しでも軽くしてやろうと言うバファリン並みの優しさなんである。

そんな私が近所のスパーの開店セールに赴いたところ、地焼酎の安売りセールをやっており、結構好きなのが安売りしてたのでゲッチュウしてきた次第である。
ちなみに安売りとは言いつつ定価よりは高い。

買ってきた焼酎は「宝山 芋麹全量」である。
毎年出ているのだがサツマイモの風味が残る大変に美味しい焼酎である。

久しぶりに飲んだ宝山は以前より芋の風味は薄れたがさすがに美味い。
初年度はかなり芋風味だったのだが次年度より風味が薄れたような感がある。
これは好き好きなんで致し方ないが個人的には風味が強い方が好みである。

このお店、魔王は19800円、森伊蔵は39800だった。
タダのスーパーがこんなにプレミアム付けて売っていいのだろうか?

大変に疑問に思うところだ。

|

July 26, 2005

夕張メロン食べました。

近所のスーパーで「夕張メロン」が安売りしてたのでゲッチュウしてきた。

夕張メロンといえば泣く子も黙る(ってほどでもないか?)高級ブランドメロン。
デパートなんかで買うと1個1万円とかアホのような値付けがされているものもある。

夕張市ほどではないが札幌もまぁ地元といっていい立地のせいか、時々安売りされているのを見かける。
まぁだいたい最初はちょっと高価なものの熟してきた頃に安売りされるのだけれど肉とメロン&バナナは腐りかけが美味い。

車の中に運び込んでしばらくすると車中に甘い芳香が立ち込める。

家に帰ってからさっそく食してみたが期待に反せず、とろけるような食感、しつこすぎない甘みなどさすがは高級ブランドメロンと実感するに十分だった。
おしらむはうちの馬鹿嫁が種を取るのに水洗いしやがったこと。

一番美味いとこみずで流してどないすんねん!おかげで少々水っぽいメロンとなってしまった。

また買ってきたら今度は自分ひとりで食べようと心に誓う今日この頃だ。

|

April 25, 2005

鮭の寒塩引き買ってきました。

先日、バーボン(コーンウイスキー)を買ってきて、やっぱりつまみが欲しい。バーボンに合うつまみといえばやっぱり鮭とばでしょう!(俺的に)
と言うわけで会社の帰りに佐藤水産に寄り道して買ってきました。

いつもはロッキーサーモン(1/4身)かさあもんちっぷ、ソフトとばあたりを買って帰るんだけど今日は見た事ない奴が店頭にあったんでチャレンジしてみることにしました。
その名も「天然秋鮭 寒塩引」要は新巻鮭を干したもんらしい。普通の鮭とば(燻製)とどこが違うんだろう?
ちなみにラベルの商品名称は「鮭の干し物」になってた。

実際食べてみるとぜんぜん違う。似ている食べ物を探すとビーフジャーキーあたりが近いだろうか?
鮭とばよりもソフトで水気が多い感じだ。やはり塩鮭を干しているだけあってかなりしょっぱい。
しかしこの塩加減が実にバーボンに合う。実にうまい。
ちびちび齧りながら飲んでいるとつい飲みすぎてしまいそうだ。

佐藤水産の商品は天然鮭を化学薬品無添加でつくっている商品が多いところからも好感度がかなり高いのだが
これはまさに酒飲みにはたまらない大人の味と言うところだろう。

|

April 24, 2005

「PLATTE VALLEY」買ってきました。

platte_valley
近頃また宅飲みの習慣が付いてきてイカンです。
だいたい黄金のツートップの黒白波&黒霧島を飲んでるんだけど
この前飲んだバーボンがうまかったので今回はバーボンにしてみました。

という訳で買ってきました、「PLATTE VALLEY」
厳密にはバーボンではなく「コーンウィスキー」というらしい。バーボンよりもコーン比率が高いそうな。
値段的にはこの前買った「Maker`s Mark」と変わらなかったのだけれど陶器の瓶がいい感じ。
と、思ったら普通のガラス瓶のやつは半額だった_| ̄|○

俗にいう安ウィスキーなんだけど(一瓶\1000やからね)なかなかうまい。
といっても「Maker`s Mark」の方がうまかったけど。
「Maker`s Mark」に比べるとやや荒っぽい口当たり。
口当たりのいいやつがすきなんで(軟派君なのだ)このあたりがイマイチなところか。

やっぱり次は「Maker`s Mark」か「Four Roses(黒)」にしようと思う。

|