« スマホ(LG電子 V20 Pro)を買いました。 | Main | マキタの掃除機(通販生活 マキタのターボ2:CL-103DX)を買いました。 »

April 13, 2018

ジュマンジ~ウェルカム・トゥ・ジャングル&オリジナル版を観ました。

「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」を観てきました。ついでにその前にオリジナル?のジュマンジも観ました。
どちらも面白かったんですが簡単にレビューなど。

全くのリブートかと思ってたら一応続編っぽい作りになっていて、前作の最後で海まで流されたジュマンジを少年が拾うところからスタート。
友人?に見せるもそんな古臭いのしねーよといわれテレビゲームのところに置いておいたらなんとテレビゲームになってたという目を疑わんばかりのびっくり展開。
そのままゲームスタートした少年はそのままゲームの世界にというのは前作と同じ流れ。
ただし、今回はスタート時にキャラを選ぶことになっており、それがこの映画にひとクセつけていると言うか文化臭を付加している(らしい)

時は流れて(確か20年位)高校でそれぞれの理由で居残りで部屋の掃除を指示された4人の高校生がジュマンジを見つけてゲームスタート。
キャラ選びの流れでスポーツマンはチビの助手に、自撮り命のJKは太ったおっさんに、真面目JKは悩殺カラテガールにそして主人公のおたくボーイはロック様になってしまう。
正直少々分かりづらい様に思えたけどこれはこれで脳天気でよろし。
また今回はライフが3つあって2回までは死んでも大丈夫。前作は1回でアウトだったのでずいぶん優しくなった様子。

ジャングルでNPCに絡まれながら悪役と20年前行方不明になった少年と出会って物語は進行。
お互い衝突しながらも最終的には協力しあいながら目的を達成、元の世界に戻るというのがだいたいのあらすじ。

評論家さんの話によるとアメリカのハイスクールライフはグループ分けが進んでいて他のグループとはほとんど接触が無いそう。
その中で他グループと交わってお互いを認めあっていくというのはアメリカンな青春映画の常道のひとつらしく本作もその流れに沿ったものらしい。
日本でも通用しそうなストーリー仕立てだとは思うけどね。ヤンキーが真面目グループに入ったりするやつは掃いて捨てるほどあるからまぁ似たようなものか。

その中に恋愛模様を絡ませるというのもありがちなパターン。
CGなどは流石に現代の映画だけあってなかなかの迫力。

というわけで余り深いことを考えなければ普通に楽しめる良い映画であったんだけど、個人的にはその前に見たオリジナル版の出来が良かっただけに少々見劣りしたのも事実。
あちらは少年少女の成長(2重の意味で)またおじさん&おばさんの恋愛(これまた深いところがある)という点で今作を超える出来であり、
またラストについても今回もホロリと来たがやや前作のほうが上回る感があった。
個人的にロビンウイリアム好きというのもたぶんに影響してそうだけど。

というわけで前作が★4つなら今作は★3.5というところだろうか。
一応次作はできそうにないラストだったんだけどまた懲りずに作って欲しい。

|

« スマホ(LG電子 V20 Pro)を買いました。 | Main | マキタの掃除機(通販生活 マキタのターボ2:CL-103DX)を買いました。 »