« 21世紀の耳かき MiMiDASを買いました。 | Main | ちはやふるを観てきました »

September 26, 2015

安保法案可決でちょっと考えた。

すったもんだの挙句、安保法案が可決。
中身よりも、神学論争やら国会内でのドタバタに終止したのは本当に残念。
素人ながらに流れを考えてみると、安倍総理も当初はまず改憲してから集団的自衛権の容認をやろうとしていたように思える。
かと言って、いきなり9条はハードルが高いのでまず、改憲の条件となる96条に手を付けようとしたところ、野党や左翼マスコミの反対で断念。
ここから憲法解釈の変更による集団的自衛権の容認に舵を切ったように思えるんだけど、ここに来て反対派がそもそも改憲すべしというのは本末転倒な物言いに思える。
反対派も一枚岩とは思えず大きく分けて、
・違憲だから反対
・戦争のリスクが高まるから反対
・反安倍だから反対
3つ目は流石にあれだけど、集団的自衛権には賛成だけど解釈だけでは無理があるから反対というのと、集団的自衛権行使にそもそも反対という人たちでは同じ反対でも正反対のスタンスといえる。
これで、政権打倒したところで野合と言われるのは必至ではないだろうか?
まとまって政権運営できるとはとても思えないし。
反対派の一部はその後、反原発派と合流するなど、3の反安倍だから反対って実は的を得てるんじゃないの?と思ってしまいそうになってしまう。
しかし情けないのは民主党で、もともと集団的自衛権の行使には賛成だったはずが「安倍総理の集団的自衛権には反対」とかまるで意味がわからない。
最近岡田代表の発言も政権奪取が目的化しているようで、政権が取れれば後はどうでもいいんや。的な感じが凄く嫌。政権を取るのは理想を実現するための手段であって目的ではなかろうに。
まぁ、自民党も政権を取るのが目的みたいなところがあるんで民主党だけを攻めるのも可哀想だけど、どうも貧すれば鈍すを地で行ってる感じがするんだよね。
挙句、共産党と組もうかとかもうめちゃくちゃ。天皇制廃止とか自衛隊廃止とか日米安保破棄とか言ってる政党だよ!?(違ったらごめん)
第3局も潰れ、民主党はあの体たらく、かと言って共産党が政権取れるほど伸びると思えないし、結局自民党の一人勝ち(公明党もいるけど)が続くのかなぁ。安倍さんは基本的に嫌いではないので、後3年位は今の感じでもいいかな?とは思うけどどうも周辺がいろいろ危なっかしいんだよね。。。

|

« 21世紀の耳かき MiMiDASを買いました。 | Main | ちはやふるを観てきました »