« ZERO AUDIO carbo Tenore ZH-DX200-CT を買いました。 | Main | ターミネーター: 新起動/ジェニシスを観ました。 »

June 27, 2015

海街Diaryを観ました。

Poster2
海街Diary観てきました。
原作は読んでて、なかなか面白かったので映画館に足を運んだんだけど、まぁ内容的には派手なアクションとかないんで家でDVD鑑賞でもいいかな?という気はする。でも観たかったんだもん!

まぁ一言で言えば、今旬の女優「広瀬すず」を堪能する映画とでもいいましょうか。
主役なんで目立つのは仕方ないんだけどまぁ美しく可愛らしいすず嬢のオンパレード。
これから広瀬すずさんがどのような芸能界人生を歩まれるのかは知らないけれど、きっと後世この映画を見た人は「広瀬すず」の魅力にノックアウトされるであろう。

ここまで書くと単なる広瀬すずのイメージビデオみたいなんだけど、内容的には原作がしっかりしているのと、是枝監督が比較的忠実に実写化しているのでなかなかの良作といえるレベルに仕上がっている。
脇を固める姉3人も原作とのイメージが違うと懸念された綾瀬はるかはしっかりものの長女をイメージ通りと前評判高かった?長澤まさみは充分な色気を、姉妹で一人だけキャラが違う気がする夏帆も原作のイメージにピタリと合わせてきた。
3人それぞれ美しく色気もありなおかつキュートと合格点モノ。
その他もだらしない母や、食堂のおばさん、常連のおじさんも実力派を配して作品を引き締めていた。

父の死とそれをきっかけに腹違いの姉3人と暮らすことになったすずちゃん(なんと原作もすずちゃんなのだ)
が本当の家族になっていく物語。
鎌倉の風景も美しく、鑑賞後もさわやかな感じでお金払って観に行った甲斐があったというもの。

作品として充分なレベルにあるものの、やはり感想というと「広瀬すず」になってしまうのは彼女の器の大きさの現れなのか?
今後の活躍に実に期待してしまうのである。

|

« ZERO AUDIO carbo Tenore ZH-DX200-CT を買いました。 | Main | ターミネーター: 新起動/ジェニシスを観ました。 »