« グランドマスターを観に行きました。 | Main | 参院選を振り返って »

June 26, 2013

都議選を振り返って

都議選もおわったんですがちょっとばかり感想を。

一言で言えば予想以上に自公が勝利し、民主が負けた。といったところでしょうか?
その他では消極的選択肢として共産党が脚光を浴び、維新は立ち上がれとの合同以降下がり続ける支持率に橋下さんの発言でとどめを刺したというところ。みんなは躍進と言っても所詮その他のレベルで国政にはずみをつけるどころか都制に影響力をどれだけ及ぼせるかも怪しいところ。

まぁ個人的にはここまで自公が勝つとは思わなかったし、民主はもうちょっと取るだろう(20台くらい)、維新ももうちょっと行くだろう(10切るくらい)共産党は・・・って思っていました。

めぼしい争点もないんかで政権交代の中間評価的な結果になったのかと思いますが、今のところ難題は数あれど安倍政権が及第点を十分クリアしていると少なくとも都民は判断したということでしょうね。
投票率がだいぶん下がったんで素直に自民圧勝とはいえないのかもしれないけど。

これでいよいよ来月は参議院選挙なんですが、このままの流れで行けば自公の勝利は動かしがたいながら、
今回勝ち過ぎの感があるのと(揺り返しがきそう)、勝利に奢る与党幹部の失言をいかに抑えるかというところでしょうか?

衆院選挙が小選挙区となってから振り子のフレが大きすぎて、参院が常に足を引っ張る流れが政治の停滞を招いているんだけど、これで久しぶりに正常化されそう。
もうさすがに民主に支持が戻ることはないだろうし、第3局も腰砕けということでしばらく自民の安定政権が続くのか、それとももう一波乱あるのか不謹慎ながらも興味深い近頃の政局でした。

|

« グランドマスターを観に行きました。 | Main | 参院選を振り返って »