« January 2012 | Main | March 2012 »

February 27, 2012

前原光榮の傘を買いました。

しばらく前にユニクロの折りたたみ傘が壊れて、TOTESのダブルキャノピーを導入しましたが、今度は長傘があちこち痛んできたのと大雨の際に思い切り雨漏りしたのに嫌気がさしニューウェポンの物色を始めました。

いつもかばんに入れている折りたたみ傘とは違い、長傘はここ一番で使用するため、使用頻度は低くあまり力入れるのも・・・と思っていたが、ネットを見ててやれFOXがとかツインバリアがとか思ってるとだんだん物欲がクレッシェンドして来まして、やはり傘は日本の傘!といえば宮内庁御用達の前原光榮でしょう!とあいなった。

会社への通勤経路途中の駅から歩けるところに直営店があることもあり、さっそく訪れてみました。
店内に入ると最初だれも人がおらずこんなんで大丈夫か?と不安がよぎるがその分ゆっくり商品を見ることが出来ました。
しばらくするとお店のおばさんがやってきて、商品について丁寧に説明してくれます。
一応出来合いの傘もたくさんあるんだけど、持ち手や金具などは要望に応じてくれるみたいで、後はお財布と相談で。という感じでしょうか。

結局売れ線の16本骨タイプに持ち手は楓にして名入れをお願いすることにしました。
生地の色はブルーグレー。シックでいい色です。

持ち手は当初葡萄または桜にしようと思っていたのですが、実際に見てみると籐もなかなかいい感じ。マラッカ藤なんか藤とは思えない質感だ。
とは言ってもやっぱり葡萄かなぁ(桜はもうなかった)と思っていたところ、葡萄は名入れできないとのこと。であれば耐久性も高そうな楓でいいやと。
ただし、後になってやっぱり葡萄にするべきだったァ!と後悔の念も。別に楓がダメってことはないんだけどね。

使ってみると全体的に大きくて重い感じ。持ち手も大きくこのあたりはよく言えば男らしい作りだ。巻いた時は結構細くなりスタイリッシュ。水はじきも今のところは問題ない。
長く使ってみないともなんとも言えないけど部品修理もしっかり対応してくれるということで、個人的には一生モノということで大枚を叩いたわけなんだけど、せっかくなんで長く使いたいと思う今日この頃だ。

|

February 24, 2012

メガネをゼログラにしました。

Img_glass_08_2
久しぶり?にメガネを新調しました。
前回新調したのが2008年6月だったから3年半ぶりか。
度数なんかはそれほど違和感なかったんだけどメタルフレームだったこともあり、少しずつずれてくる。
それを直すんだけど、近頃は癖になってて手が鼻のところに行くようになっていた。
やっぱりアイメトリクスは良かったなぁ・・と思っていたところ、眼鏡市場でも軽い奴が出たということで見に行った。
ベッキーがCMしてる、ゼログラってやつ。フレーム単体では3g台という驚きの軽さ。
ホントは一番軽いリムレスのやつがいいかと思っていたんだけど、それだと最薄レンズが選べないということでグッドデザイン賞も受賞した、ZEG-008にした。色は瑠璃色ってやつでいわゆるひとつの青色だ。
テンプルに蝶番がないというデザインからか、パッドで受けるのではなくテンプルで包みこみような装着感でこれはなとなくアイメトっぽい。
結局お買い上げということになったんだけど、たしかに軽いしずれない。
これだけでも新調したかいがあったなぁと思うことしばしば。
なお、レンズにオプションのデジタルガードコートを施してもらった。
これは液晶画面から出る青色光をシャットアウトするというものだが、角度によってはレンズが青色に見えてこれはこれでちょいとおしゃれな気がしていい感じ。
ゼログラシリーズはフレームにβチタンを使っていたりメードインジャパンにこだわっていたりとこれで2万円というのはやっぱりお値打ちだなぁと。
ユニクロなんかももうちょっとメードインジャパン的な商品を揃えてくれたらいいのにね。

物欲 |

February 18, 2012

(続)ETYMOTIC RESEARCH のER-4P を買いました。

前の投稿が昨年4月なんで約10ヶ月ほど使用しております。

感想は言いますと、実は初期の感想とそれほど変わってはおりませんで、概ね使用感には満足しております。
タッチノイズの問題もクリップの装着位置の調整やらで何とか軽減できてる感じ。
もちろん家で聞いたりすると一段とよく感じるのも事実なんだけどね。

初期使用でデフォルトである3段キノコに見切りをつけてコンプライのイヤーチップを使用しておったんですが、これも標準品のT100からワックスガード付きのTX100で交換し10ヶ月でおよそ3セット使用。
ホントはもうちょっと早く交換したいのだけど、お高いんで明らかに劣化してから交換という感じ。
スポンジの表面が劣化してくるのかずれやすくなってくるんだよね。

だいぶ耳穴の拡張も進んできたということでいよいよデフォルトの3弾キノコへの復帰を試みました。
するとあら不思議すんなりと入りましてそのまま愛用となりました。

コンプライと比べると若干ですが更に耳奥まではいるようでエティモも美点である解像度なんかの面ではやや有利か。低音の抜けも気にならなくなりました。これも装着位置が適正化されたことによる効果かと。

3弾キノコとの恩恵は音質もさることながら耳中で全くずれないということかと思います。きのこの傘がかえしみたいな役割を果たしてズレにくくなっているようです。

みみ穴の痛みについて、装着時の痛みは解消しましたが長時間装着後に外したあと、やはり若干の痛みを感じこれが今後さらに調教が進むのかやっぱりコンプライに戻るのかの指針となりそうです。

お値段もコンプライに比べると半額以下と大変お求めやすくなっておりますのでしばらくは3弾キノコでいこうかと思っています。

|

« January 2012 | Main | March 2012 »