« September 2009 | Main | March 2010 »

February 21, 2010

SHURE SE420を買いました。

Se420

ちょっと前の買い物になるのだけど、SHUREのSE420を買いました。
基本的には2年ほど前に買ったゼンハイザーのCX400で満足していたんだけど、被覆が破れかけてたこともあって代替品を探すことに。
そうしたらイヤホンにはダイナミック型とBA型ってのがあって、高級機にはBA型が多いというのが耳に入り、ぜひBA型の音が聞いてみたいと思うようになりました。
イヤホンはなかなか試聴できるところもなく、結局前評判からSHUREのSE530かSE420、UEの10proあたりに狙いをつけてオクをサーチしていたところSE420の出物があったのでゲッチュウと相成りました。

SHUREのイヤホンは通称SHUREがけと言われるコードを上に出して耳の後ろを回すという付け方をするのが良いと聞き早速SHUREがけに挑戦するもののいまいちピンと来ない。
っていうかその前に、口を開けたら音量が変わるし、着け方によって音が違う(まぁ当たり前なんだけど・・)
これは流石に失敗だったか・・と思っていたけども、しばらく着けていると着け方がうまくなったのと、耳がエージングされてきたのか大分馴染んできた。

しばらく使ってみての感想だけど、音はたしかにいい。CX400でも充分満足していたけど、SE420に比べるとベールを一枚通したような感じがする。なにより遮音性がダンチで、SE420はほんとに周囲の音が聞こえない。
これは自転車なんかでは使えないなと実感。
ネットではフラットと言う評判が多いけど、確かに一言で言えばフラットな音だと思う。
自分が好きなビートルズやカーペンターズにはなかなか相性がよく良く鳴ってくれる。

イヤホンもスパイラルにはまるひとが多いみたいだけど、とりあえずしばらくはこれでいいって感じ。
次はHPAに走るか、ER-4あたりに走るかってところか。
でも今はとりあえずSE420に満足してる俺ガイル(古っ!)


|

February 14, 2010

モンキーマンジップTを買いました。

Monkymanzipt

なんにも書かないとふとまた書きたくなるから不思議。
2009年の物欲も振り返っていないのだけど、とりあえず最近手にしたウェアのことなど。

高機能フリースといえばパタゴニアのRシリーズが頭に浮かぶ。
自社製にこだわるパタゴニアでも、こと高機能フリースについてはモルデンミルズ社のポーラテックを多用している。

ポーラテックでも特にサーマルプロと呼ばれるものは、高機能フリースの代名詞でとにかく軽く暖かいというのに主眼をおいたものだ。
機能的に比類ないのかどうか知らないけど、パタゴニア、ノースフェイス、ホグロフスなど名だたるアウトドアメーカーの高機能フリース商品はこのサーマルプロを使用しているものが多い。私のしょぼい知識では大手で採用していないのはモンベルくらいか?(モンベルにも使ってるのがあるかもしれんけど・・)

というわけで高機能フリース界のデファクトスタンダートたるサーマルプロなんだけど唯一の欠点はお値段が高額なこと。パタゴニアのR2で25K円他メーカーでも20K円以上という感じだ。
というわけでなかなか手がでないんだけど、今回冬ももうすぐおわるということでバーゲンにかかってたのをゲッチュウしました。

ブツはマウンテンハードウェア社(以下MHW)のモンキーマンZIPTというプルオーバータイプなもの。
パタゴニアのR2も一時プルオーバータイプがあったのだけど最近はこれくらいしか見ない。
リアルな方には使い勝手が悪いのかな?
MHWは日本ではいまいちマイナーだけど、アメリカではそれなりに有名なメーカーらしく3大アウトドアメーカー(ほか2社はマーモットと、ロウアルパインだっけか?)として紹介してあるHPもあるほど。3大という割りには馴染みの深いパタゴニアやノースフェイス、コロンビアなどが含まれないのは???だが。。そのあたりはもっと詳しいHPに任せる。
MHWも幾つか定番品として認知されている商品があるのだけど、フリースのモンキーマンジャケットものそのひとつ。
猿男というネーミングもすごいが、ミッドレイヤでも防寒機能にふった感じがしてR2よりも厚めの印象がある。
ちなみに女性版はモンキーウーマンという。オイオイ。。
これはそのプルオーバー版だ

このあたりの作りはほかメーカーも似通ってるんだけど大まかなところはサーマルプロを使用し、体側部、袖裏部におなじくポーラテックのパワーストレッチを使用している。ちなみに紙タグにはテクノストレッチと書いてあったが???ググッてもいまいちわかりませんでした。。

ここのメーカーのやつって初めてだったんでいまいちサイズがわからなかったんだけどサイズはMで注文。
結果的にはドンピシャでよかった。
毛並みはさすがのサーマルプロで大変感触は良い。パネルは体側部、袖裏部、背面下部に配置されていて、体はとても動かしやすい(背面下部にはなんで使用しているのか???だが)。
襟裏には肌さわりの良い布を当ててあり、なかなかに芸が細かい。ジップを上まで上げるとマフラー不要でさらに隙間を狭められるようにドローコードがついている。ポケットは胸に1こだけ。当ててある布はショーラーっぽい耐久性の高そうなやつだ。
袖先にはサムホールがついている。リアルな人でないのでなんのためにあるのかよくわからないんだけどね・・
ミッドレイヤなのでシルエットはスリムでパンツはある程度対応してくれそうだ。
保温性は流石に良好で、風のある日はウィンドブレーカを羽織れば真冬でも逝けそう、ってか逝ける。
風のない日はもちろんTシャツの上にこれ一枚で逝ける。
造りはなかなかに良くって縫製なんかも綺麗だった(中国製恐るべし!)

久しぶりにアウトドアウェアを(街着として)購入したが、機能性の高さ(オーバースペックなのは承知ですが)にはほんとに感心する。

MHWって街でもあんまり見ないんで人とかぶる事が少ないのもいいところ。またここのやつを買ってもいいかな?と思う。
時期がちょっと遅かったけどいい買い物をしたと悦に入る今日この頃です。

|

« September 2009 | Main | March 2010 »