« 液晶テレビ(REGZA 42Z7000)を買いました。(その2) | Main | ダイキンエアコン(うるるとさらら:AN71JRP)を買いました。 »

May 10, 2009

ThinkVision L200p(6736-HC9)を買いました。

L200p

今まで、名機の誉れ高い?nanaoのL567を使っていたのだけど、寄せては返す波のような「もっと大画面が欲しい、、、UXGAが欲しい・・・」という欲求に目をそむけ続けたこの3年間だったんだけど、ついにオクでポチリといってしましました。

当初は、企業流れのL997が本命だったんだけど、今はなき(あるけど)IBMのThinkVisionのリフレッシュ品(企業から回収した品をメーカーが再生したもの)がオクで出回っており、それに目をくらんだというところなり。

新品当時は10万円オーバーだったものが、今回1万円少々で我が家にやってきた。

物は中古といえば納得できる程度の品で、決して美品とか新品同様とかではない。
上にはおそらくテプラをはっつけたであろうあとが残っているし、裏のラベルにはなんとも血痕らしきものさえあった。。。。
血痕の主の安否については神様仏様にお祈りするしかないが・・・

話は戻って品についてだが、正直言って映りについてはまえのL567の方がよかった。
L200pはL567に比べるとあっさりしているというか、なんとなく薄皮1枚挟んだような映りという気がする。
調整できる部分も少なく、ランクとしては1ランク落ちるであろう品ということは間違いなさそうだ。

しかしながら、やはりUXGAの表現領域の広さには感動で、一回りどころかふた周りほどは大きくなった印象。
こうなると視野角の広いIPSの本領発揮だ。

ホンとはEIZOの現行品であるWUXGAのVAのやつとか、IPSならヒュンダイの怪しげなやつとかを考えていたのだけど値段のことといってもこれにしてとりあえず不満はない。

一個失念していたといえばこのモニタにはスピーカーがないため、音が出ないというところ位か。まぁ明日安いやつを買ってくる予定なんでいいけどね。

このモニタ実は同じ型番で今でも売っているらしいのだがそれはTNになてしまったのこと。

IBMからレノボになって一見品質は保たれているかのような印象があったが、こういうところでどんどん下流メーカーに成り下がっていくのだろうか?

Thinkpadユーザーでもある自分にとってはさびしい限りだ。

|

« 液晶テレビ(REGZA 42Z7000)を買いました。(その2) | Main | ダイキンエアコン(うるるとさらら:AN71JRP)を買いました。 »