« March 2009 | Main | May 2009 »

April 29, 2009

液晶テレビ(REGZA 42Z7000)を買いました。(その1)

 家の話第2弾をしようかと思ったんだけど、あんまり思いつくネタもなかったので、ありきたりだがテレビの話でも。

 個人的には2011年のアナログ停波まで現状のブラウン管テレビを使い続けようと思っていたのだけど、家を買ったドサクサで家電製品もいくつか買い換えることになった。
 その中にテレビもあったのだけど、正直あんまり興味がなかったので知識もなく早速家電屋さんに足を運ぶことにした。

 当初ネットの情報なんかで目をつけていたのは、パナのPX80というちょい前のプラズマタイプ。
 何の気なしに電気屋さんで眺めていた記憶では、やっぱり液晶の動き物への弱さって受け入れがたいものがあったんだよね。フルハイビジョン対応でないのでお値段も手ごろだったし、これかフルハイ対応のPZ80当たりがいいのかな?と漠然と思ってヤマダ電機に行って見回したところ、最近の液晶テレビは倍速液晶とやらで以前ほど動きもののボケが気にならなくなっていた。

 そうなると、やはり液晶の消費電力の少なさがズームアップ。うちの嫁さんがテレビ好きで下手すると一日中つけっぱなしなんだよね。あと画を見たところでは、SonyのBraviaがまぁまぁいいかな?という感じ。

 薄型テレビというとパナ、日立、ソニー、シャープが思いつくくらいで東芝って言うのはあんまり印象になかったのだけど調べてみるとなかなかに高機能で、画造りも評判がいいらしい。

 薄型テレビすると必然的に地デジ化してしまうわけなんだけど、そうなると現在のレコーダー(PSX)では力不足となる。実際にアナログ放送を薄型テレビ腕見るとかなり見劣りしてしまうのは電器屋で弄繰り回したことからよくわかった。

 かといって、ただでさえ出費の重なる今回、さらにレコーダーまでというのは少々気が引ける。どうせ買うならBD機がほしいしね。と、逡巡していたらなんとREGZAはUSB-HDDが接続可能というではないか。
 BDレコは1台10万円コースなのに対して、USB-HDDであれば1TBでも1万円でおつりがくる。
 ただでさえREGZAは他メーカーに比べてブランド力が低いせいかお値打ちな値付けがされている。

 ここまでくると、選択肢はREGZA1本に絞られた。あとは画面サイズとグレード選択だ。
 上記のUSB-HDD接続が可能なグレードはREGZAでも上位のZシリーズだけみたいというのはわかっていたので、Zシリーズの仲で37Z7000、42Z7000、46Z7000、42ZH7000、46ZH7000というあたりとなる。

 この中でまずZHシリーズはわずか300GBのHDDを内蔵するだけで、お値段が跳ね上がるので除外。
 Z7000比較では、37と42では値段さが差ほどでもなかったので42有利、46はサイズが正直我が家には大きすぎるのと、なによりVA液晶が妙に赤っぽかったのが気になって、結果的に42Z7000と相成った。

なんだか長くなってきたので、続きはまた今度ということで。
 

|

April 21, 2009

魔法瓶浴槽ってすごい!

Toto01

齢37にして、ついに家を買った。
と言ってもしがない集合住宅なのだけど、、、

せっかくなんで諸設備について簡単にレポって見たいと思います。

第1回はなんにしようかと思ったけど、とりあえず一番感動したこれから。

・魔法瓶浴槽(&お風呂関係)
TOTOのユニットバスなんだけど、売り文句としては、
「6時間で湯温が2℃しか下がらない!」というもの。
類似品としてはINAXがサーモバスなる物を販売している。
違いを調べようかと思ってググって見たけれど、あんまりわからなかった。
うちのマンションの場合、高級グレードの部屋にはサーモバス、並グレードの部屋には魔法瓶浴槽がついているのだけど、と言うことはサーモバスのほうがお値段が張るのかも?
関連した商品のパッケージとしてINAXのほうが高級グレードを選択できるのかもしれないけれどそのあたりはいまいち不明。

実際に使ってみると、確かにこれはすごい!
翌朝お風呂に入っても、まだつかれる程度の温度は維持しているのだ。
これにはほんとに驚いた。
風呂のふたを開けた瞬間から見る見る下がっていく実家の風呂とは大違いだ。
床も「カラリ床」という商標を登録しているものなんだけど、確かに渇きがよく、しばらく風呂を換気しているとすぐに乾く印象だ。
また、滑りにくい加工もしてあって高評価。
高級グレードのものはサーモタイルと言って温度を伝えにくいタイルが張ってあるのだけど、個人的には目に汚れがたまるタイルよりも安っぽくてもこういう床の方が好みのような気がする。

シャワーはどこのかよくわからないんだけど切り替えでマッサージ水流に変更できるタイプ。最初の頃に一回使ったきりだ。
風呂場の壁は木目タイプ(印刷だけどね)で鏡がかなり幅広く設置してあって結構気に入っている。

風呂桶自体はかなり大きくゆったりとできるものだ。自分は使わないけど半身浴用に座るところもついている。

浴室乾燥機がついているために、浴室自体に空調が効くので寒い季節などにはいいかもしれない。

最後に何気に気に入りポイントは、風呂のふたがかなり軽いこと。
蛇腹式?じゃないのでいちいちふた掛けに置かなければならないから軽量のふたは大歓迎。結構えっと言うくらい軽い。

総じて気に入りポイントが多く満足している。
特に最近帰りが遅いので、帰った時はいつもシャワーで済ませていたが、これならしっかり湯船につかることができる。

すっかりお風呂好きになってしまった今日この頃だ。 

|

« March 2009 | Main | May 2009 »