« November 2008 | Main | January 2009 »

December 30, 2008

今年の物欲を振り返って2008

今年も1年の物欲を振り返る次期がやってきた・・・

さぁ逝ってみよう!
(ここまでは昨年のコピペ)

まずはカメラ関係。
あれれ、あんまりないやと思ってたらブログに書いてないだけだった。
まずはデジイチ系で、
・ニコン Nikon AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G (IF)
なんつぅ長い名前やねん。
娘が小学生に上がり、運動会が広い校庭にシフトしたので、18-200では力不足かと思ってゲッチュウ。
実は使ったのはこの時だけのような気が・・・もったいない。
VRの効きと描写には文句つけられません。
もうちょっと小さいといいんだけどねぇ。
タムの28-300VCにちょっと浮気心が出ている今日この頃。
・ニコン スピードライトSB-400
スナップシューター仕様に小型ストロボは必須と一生懸命理由付けて中古でゲッチュウ。
小型のくせにバウンスもできてなかなか満足。
しかしスナップシューティングしてるのかといわれるとあんまり(ほとんど)していない・・・
・DOMKE F-4AF
F-1Xのあまりの大きさに普段使いできるカメラバッグということでゲッチュウ。
最近はカメラを入れずともチョイ出用のバッグとして重宝している。
・Linhof LightWeightPro(三脚)
オクで見て衝動買い。
正直、使うことは少ないのだけど、操作性の高さ、造りのよさ(ジッツォとは違う意味で)に満足。
難点はまだケースを買っていないこと。

続いてPC関係
・日立 Flora 210W NL4
 新しい職場が出張が多いというのでモバイル機をゲッチュウ。
 かなり用途を限定しているので特に不満はないがやっぱりThinkpadにしておけばよかったかな?と思うことはままある。
・メルコ WZR2-G300N(子機セット)
 新居のパソコン机の近くにLAN口を引っ張れないということがわかったので(面倒くさかった)無線LAN環境を構築。前に使ってたのは最高54Mbpsのものだったがせっかく光回線を引いたので最新の300Mbps対応のものにした。接続も昔のものに比べて楽チンになっており満足。ただし我が家のノートPCの無線LAN(11b)とは相性が悪く結局子機を買い足すことになってしまった。
・Dell Vostro400MT
久しぶりに我が家の母艦を更新。
前のデザイン優先のキューブタイプから、力こそ正義!拡張性こそ命!のタワー型へ。
CPUもクワッドタイプにしていけいけどんどんという感じだったが、立ち上げ時の不調でOSをXpに戻したのがけちのつけはじめ?でいまだにイマイチ安定しない。
・WD WD10EACS-00D6B0(HDD)
時代はもう1TBですよ!ということで購入。結構安く買ったと思ったらその後値崩れしてガッカリ。
しかし動作音の小ささや速さには満足している。
来年はぜひNASでRAIDを組みたい。
・ロジクール V550
ワイヤレスのマウスが使いたくって購入。あまりの出来の良さに時代の流れを感じた一品だ。
・ThinkpadT40Pの修理
冷却ファンが異音がし、たびたびFANエラーが出るようになったので交換するも不動。仕方ないのでお店で定価でFANを購入し交換。修理中にどうもキーボードを壊してしまいやむを得ずこちらも交換。
キーボードが新しくなり新品みたいで気分的にも良くなった。

ファッション関係
・こちらに来てカジュアルな服を着ることが極端に減ってしまったので新規投資はほとんどなしのような気がする。ユニクロでパーカーを買ったのとLLビーンでズボンを買ったくらいかな?
スーツはびっくりするような安物を4着くらい買った。
あとスーツ&雨用の靴も1足購入。いまだに紐がすぐ解けて非常にイラつく。

小物関係
・メガネ生活に復帰したため、メガネ市場で安メガネを作る。アイメトが懐かしい・・・・
・テンピュールマルマルクッション
 机仕事で痔になりそうだったので購入。なかなかいい感じだ。
・文房具は安いやつをチョコチョコと買い足している。
 今のところお気に入りはゼブラのタプリクリップ(油性ボールペン1.6mm)。
 シャープペンシルではぺんてるのGraphgear500がなかなかいい。最初はステッドラーにっ比べるとイマイチ・・・と思っていたが使い慣れるとステッドラーよりもいいくらい。
 ちなみに芯径は0.7mmを使用。
 ノートで「ツバメノート」の大学ノートをメモ用に購入。安いけど上質感あふれる一品だ。
・ゼンハイザーCX400
 通勤中に使うのにヘッドホンでは暑いのでイヤホンを購入。近頃の流行のカナル型ってやつだ。
 音質、使い心地ともに文句なし。
・無印良品 体にフィットするソファ
 嫁の希望もあり購入。家族で奪い合う日々だ。

といったところか。全体的に小ぶりな一年だった。物欲の火が小さくなってきたのはいい事な気がするが命の火が小さくなってきたような気もする。

世間の不況風にもまけず来年も物欲の沼におぼれられますように・・・

|

December 21, 2008

ロジクールのマウス(V550 Nano Cordless Laser Mouse)を買いました。

967210_2

ポインティングデバイスはもっぱらトラックボールを愛用しているのだが、ノートパソコンのお供としてはいかんせんガタイがでかい。
トラックボールはケンジントンのものを使用しているのだけど、ドライバ?のできもよくそのつながりでノート用のマウスもケンジントンのコンパクト対応を使用していた。
別にこれで不満ということもなかったのだけど、近頃はやりのワイヤレスマウスというものに興味がわいてきた。

いろいろと調べたところ、ワイヤレスマウスではロジクールとマイクロソフトが2強を形成しているらしく、それ以外は基本的に安物マウスをいう感じ。
性能を追求すると先述の2メーカーになりそうだ。
ネットをさらったところでは、マイクロソフトのブルートラックにもひかれるところがあったが、マイクロソフトのマウスは安っぽさが前面に出てて、いまいち食指をそそらない。
と、なるとロジクールだがさすがに高機能マウスを豊富にラインナップしていて、結局この中から選ぼうかということになった。
ロジクールのワイヤレスマウスで一番のポイントはナノレシーバーと呼ばれる無線ユニット。これがほんとに小さく、とくに使用後はマウス内部にも内臓可能という優れもの。
ちなみにこのナノレシーバーを採用しているのはいくつかあるんだけど、そのなかでもVX-NとV550に絞ることに。
VX-Nの最先端っぽいデザインも惹かれるものがあったんだけど、スマートなデザインのV550もいいなぁと言うことで最後はお値段でV550と相成りました。

で使ってみた感じだが、初期設定などほとんど必要なく使えるのはほんとに優れものだとおもう。
もちろん機能を使いこなすのは専用のソフトを入れてあげないといけないのだけど、基本的な使い方なら素のままでもOKだ。
単3電池を2本要するがこれで1年半くらい持つのだそうだ。これくらいもつのなら充電式でなくても特に問題はなさそうだ。
しかし、コードがないというのはこんなにいいとは使ってみるまで思わなかった。
一応、ノートパソコンに固定用のポッチを貼るとそれに固定できて持ち運びにも便利というのがひとつの売りになっているのだが残念ながらそれは使わずにいる。

モバイルというには少々重めだが、スタイルもスマートで万人受けしそうだし、機能的にはもちろん文句なし。
とんがった品が目立つロジクールの中では優等生的な一品といえるのかもしれない。

|

December 15, 2008

DOMKE F-4AFを買いました。

Domkef4jpg
普段使いのバッグもそうだけど、カメラバッグ探しの旅も続く今日この頃。

D2Hを購入してから、以前使っていたLowproのバッグでは小さすぎ、ゲッチュウしたDOMKEのF-1Xはさすがに普段使いとしてはデカ過ぎ良太郎。
というわけで中くらいのバッグを探していたんだけど、これがなかなかに難しい。

ビリンガムの335とか445あたりかDOMKEのF-2あたりがいいかな?と思っていたんだけど、個人的にはもうちょっと小さくて背の高いのがほしかった。
(ビリンガムのは背が高そうなんでその点はOKだったんだけどいかんせん高い。。。)

というわけで白羽の矢を立てたのがやはりDOMKEのF-4AF。
なんでもNikonのF4が発売されたときに、従来のバッグでは背が高く収まらないということで開発されたらしい。
おぉピッタリじゃん!

しかしながら、日本別注?だけあって高いし(F-2とほとんど変わらない)。どこのお店でもなかなか置いてない。

う~ん、仕方ない。。。通販で買うか。。。と思っていたところ、オクに美品が出ててゲッチュウと相成りました。

到着した初感としては「思ったほど大きくないなぁ」というもの。
メインエリアにボディとレンズ、ストロボを入れようと思っていたが、ボディ(レンズ付)がやっと収まる感じ。ストロボは横ポケットに入れることになった。

ただし、横ポケット、前ポケットいずれもかなりの容量があり、チョイ出としては十分。
また、デザインもよく、普段使いとしても十分使えそうな感じだ。
底面がフラットなのでお弁当を入れるのにもいい感じ。(入れないけど)

色はDONKEの中でも大好きなオリーブ。(チョコも好きなんだけどF-4AFには残念ながらなかった)

DOMKEのバッグは言えばシンプルなコットンバッグなのだけど使い勝手はよく考えられており、飽きのこない(様な気がする)デザインと共に
長く使える一品なのではないかと思う。

でもやっぱりF-2はサイズ的にはいい。
いずれこちらも手に入れそうな気がする・・・ってF-4AFてかぶるんじゃないの?えぇ?

|

December 08, 2008

T40pのキーボードとCPUファンを交換しました。

我が家にThinkpadT40pがやってきて3年と半年。
ビジネス用途をお役御免になった今でも、いざというときの避難用に、また娘や嫁用に活躍している。

lenovoに売られて往年のブランド力は消えうせたかに見えるが今でも黒いボディに赤いトラックポイントはThinkpadの象徴だ。

それほど使用頻度も高くないためか故障知らずで働いていたT40pだけども、CPUファンがガリガリ音を立てるようになったり、
時には回らずにFanエラーを発報して起動しなくなったりしてきた。

早速いネットでググるとT4シリーズにはわりと頻発するトラブルの様子。
Thinkpadシリーズはユーザーでかなりの部分の補修ができるようにマニュアルを完備しているところがとっても美点なんだけど、
ちゃんとファン交換のマニュアルもあった。

とりあえずネットで部品を探すとThinkpad専門?店では\7,980とのこと。う~ん、高いなぁ。。。。
ということでヤフオクでゲッチュウ。
マニュアルを見ながら交換を試みると。。。動かんやんけぇ~!!!
幸い出品者が紳士的な方であっさり返品に応じていただけたのが救いだったが・・・

エア吹きなどを繰り返していたら、音はするものの動かずにエラーが出ることはなくなった。
まぁこれで止まるまで使うかぁ。。。と思っていたら、キーの一部が受け付けなくなっていた。
分解の途中でキーボードを外す必要があり、その際に配線の一部を傷つけてしまったのだろう。
一部のキーだしいいかぁ・・なんて思っていたら、母音のキーが3つも死んでおりまともにキーが打てなくなっていた。カチョーン!

というわけで懲りずにヤフオクで「新品」のキーをゲッチュウし早速取り付け。作業時間僅かに10分。
おぉー!キーボードが新品に!
タッチもなんだかいい感じ。やっぱりなんだかんだ言ってヘタっていたのだろう。

キーボードを替えて分解作業に自信を得た私は、「やはり冷却ファンは換えねばなるまい」となぜか決意し、秋葉にある専門店を訪れて「新品」の冷却ファンをゲッチュウしてきた。
¥7,980は痛かったがThinkpadoのためなら致し方あるまい。

早速交換を試みると・・・・直った!と一人でできるもん!とばかりに大喜び!

しかし、今回感心したのはThinkpadの整備性のよさだ。
マニュアルを完備してあるのも心強いし、専門のパーツを扱っているお店があるというのも心強い。
これがもしもSonyならば修理はあきらめていただろう。

パソコンって使い捨てが当たり前のような製品の代表格だけども、このように自分で(ある程度の)修理ができるってすばらしいと思う。
れのぼになっても今のところ美徳は維持されているようだけども、これからも保ち続けてほしいものだと思う。

|

« November 2008 | Main | January 2009 »