« 洗車しました。 | Main | CANONのPowerShotG9を買いました。 »

December 11, 2007

ライトアルパインダウンジャケットを買いました。

Monbel

何の気なしに出かけたショッピングセンターのスポーツ店。
確か札幌にも店があって意外なくらい品揃えが充実していたよなぁ・・・と言うわけで覗いてみたら、あるやないのぉ!とさまざまなアウトドアブランドが並んでいてうれしい限り(あくまでこちらではね)LowAlpineなんてここ以外で置いてある店なんかないんじゃないの?多分。。。

その中で視界の端に30パーセントオフの張り紙と薄手のダウンジャンケット。。。もしや???と手にしたら案の定ノースフェイスのアコンカグアだった。
アコンカグアは結構な人気商品でなかなか値引きしているのを(札幌でも)見たことない。経験上サイジングが微妙でやっぱり着比べてから買いたい一品だった。それがなんとS~XLまで揃ってる。これはもう買うしかないと急遽物欲モードに入ってしまった私はM,L,XLと着比べる。
Mは、、ちょっと小さい。Lはジャスト、ただし厚手の服をミドラーにしているとXLのほうが収まりがいい。。やはりXLか。と思っていたが着てみるとなで肩のせいかクビから胸にかけてシワが入ってかっこ悪い。機能性はピカイチなのにぃ。。。と思っていたがこれも一期一会とレジに持って行こうと思った刹那、視界の端に似たようなジャケットが並んでいるのが目に入る。
こういう薄手のダウンジャケットは近年人気で(火付けは先述のアコンカグアなんだけど)各メーカーから似たようなのがいろいろと出てる。あのパタゴニアがパクるくらいだがそのパタゴニアのをノースフェイスがまたパクるという仁義なき戦いが繰り広げられている。
店に置いてあったのはMilletやLowAlpine、コロンビアなんかがあったのだが1着だけなぜかモンベルの奴もあった。ここってモンベルもあるんだ・・とチョイ意外。あるところにはあってもないところにはないと至極当たり前のようだけど意外と大事でちょこっとだけ置いてあると言うのはあんまりないような気がします。

まぁモンベルに対しては「海外ブランドに比べればリーズナブル」というそれほど悪い印象もなく、ちなみに小物ですがいくつか持ってもいます。ここんちのダウンジャケットは結構よさげなんですがある意味パタゴニアと向こうを張るマニアック振りがあって、薄手のダウンジャケットがいいと知るやほんとにインナーとしてしか使えない馬鹿みたいに薄いダウンジャケットを作ってみたりしているところがお茶目。まぁ翌年には前をファスナーにして若干ダウンを増やし若干生地を厚くして汎用性を持たせたものが出まして結構ほしかったんだけどなんとなくスルー。今回手にしたのはそれの後継モデルだった。

名を「ライトアルパインダウンジャケット」上の薄手ダウンジャケット(ダウンインナージャケット)にもうちょっとボリュームを持たせた感じのものだ。
それでも重量310gは立派。ちなみにアコンカグアは290gくらべるとやっぱモコモコしてる。悔しいのでモンベルの超薄手ダウンのULダウンインナージャケットはこれならなんと200gだ!まぁ俺はいらんけど・・・(^^;

アコンカグアに比べて20g重いとはいえ310gといえばフリースよりも軽いくらい。持ってみるとそれはもう相当に軽い。羽織ってみても重さを感じないというとオーバーだろうか?(オーバーだ)
アコンカグアは軽量化を達成するためにダウンの量を減らし、それを光電子ファイバーとやらで補っているのだがこれはそんなものはなく800FPのダウン1本勝負。できればアコンカグアのように静電気にも配慮してくれるとありがたかったが・・・
また、ユニークな点といえば前のファスナーにコンシールと言う特殊なファスナーを使用している。これはなんと噛み合わせが見えないというファスナーでどちらかと言うとデザイン的に用いられるのだけどモンベルはこれを防風性を高めるためと言う理由で採用している。さすがモンベル!ただし開け閉めがややしにくいのが難点。

インシュレートタイプのアウターといえばノースの定番ヌプシとマーモットのビレイパーカを持っているが札幌ならいざ知らずここ関西では少なくともビレイパーカは相当にオーバースペック。まぁ雪山で包まって寝るため?の服だから当然か。ヌプシに比べればシルエットもスリムだし使いではあるかもしれない。ただ軽量が故の生地の薄さに若干の不安はあるがこればっかしは使ってみないとわからない。

とりあえず軽い、安い、暖かいの三拍子揃った服を手に入れられたことを喜ぼうと思う。

|

« 洗車しました。 | Main | CANONのPowerShotG9を買いました。 »