« BlackLagoon7巻雑感 | Main | CHUMSのHURRICANE TOPを買いました。 »

November 13, 2007

α700を触ってきました。

ちょいとヨドバシカメラに寄ったので巷で噂?のα700を触ってきました。

αSweetD(以後甘D)持ちからみるとまずはその佇まいというか、やはり1ランク上の風格にニンマリさせられます。
甘Dもエントリー機と言う枠組みで見ると結構イケてる方なんですけどねぇ。

ミノルタ譲りの電源ボタンをオンするとまぁ液晶がきれい!さすが2世代の差を感じます。現行でもこれだけきれいなのは他に見たことないような・・出たばっかりだから当然といえば当然か。後で試写したときのレビュー画面なんてかなりきれいでこれでライブビューできれば十分ピントもとれんじゃねぇの?と思わずにはいられませんでした。でもライブビューないんだよね。

他メーカーの人に酷評されまくりのシャッター音も言い悪いは別にしてかなり変わっていました。甘Dのパコン!とした音からピシッピシッとした音に変更。D2Hのスタタタ!(秒8コマ時)という機関銃を連想させる精度感あるシャッター音とは違いますがまぁショックは小さそうでその点は高評価。

またα100で世間を驚愕?させたアイスタートもグリップセンサーを装備してやっと使い物に。やっぱこれじゃないとねって何でα100はなかったんだろう?普通これはセットだろう?
マクロ撮りには超便利なAF/MF切替ボタンも装備。何で他のメーカーってこれつけないんだろう?ってくらい便利なんだけど良く考えたら超音波化が進んでいるからなんだろうかね?αマウントはまだ超音波レンズって数えるほどしかないからねぇ。べつにボディ内モーターだからってそれにこだわる必要はないと思うんだけどね。ゆくゆくはD40みたいにモーターレスなボディも造れるんだし。まぁ徐々に増えて来るんだろうけど。。。たぶんね。

あと、超関心事のAFなんだけど思ったほどは違わないというかそれほど早くは感じませんでした。やっぱりD2Hっていいなぁと逆感心。もっとシビアなとこで使ってみないとなんともいえないんだけど・・個人的には速度よりも中央センサーだけでもいいから絶対的な精度を求めたいところ。やっぱりSIGMAとの組み合わせはいまだにトラウマ・・・といいつつD2Hでも同じレンズを使ってるのはご愛嬌。ちなみにこちらはビシビシ合いまっせ。

もひとつ注目のD-Rなんだけどこれは試写ではイマイチ試せなかった。やっぱりCFカード持ち込んでやらんとね。店内でやるというても限界はあるけど。

レンズは16-105がついていた。16-80もってるからいらないやい!といいつつ結構いいなぁなんて・・・ポートレートだと望遠がもうちょっとあると・・なんてシチュエーションは多いんだよね。
ちなみにD2Hには18-200を付けっぱなしなんだけどこれくらいでかいと必要ないときは18-50/2.8でやろうかな?とか思い切って今日は35/2で!なんて思いきれるんだけど16-80くらいだともうこれ1本でいいやぁ・・と思ってしまいそうで怖い。16-105も同様だと思う。まぁ運動会のときはもうちょっと望遠を使わなどうにもならんのだけどね。

結論からいうと多分買わないと思う。1年くらいたって値段がガクンと下がったら考えるけどね。10人10色でいろんな考え方があると思うんだけどやっぱり感触第一なんだと思う。きっと吐き出す絵はD2Hよりもα700の方がきれいだと思う。高画素だしノイズも少なそうだし、ダイナミックレンジも広そうだ。小型でストロボも内蔵してる。でもやっぱりどちらかといわれればD2Hを選んでしまうと思う。ニコンの一桁機のオーラと言うか絶対的な感触はなかなか他では味わえない(EOS-1くらいか?E-1もいいらしいけどね。)

というわけで愛機の魅力再発見のレビューとなってしまいました。
えっ?甘Dは?すまん途中ですっかり忘れてましたですよ。(^^;

|

« BlackLagoon7巻雑感 | Main | CHUMSのHURRICANE TOPを買いました。 »