« PCメモリ増設!ところが・・・ | Main | α700を触ってきました。 »

October 22, 2007

BlackLagoon7巻雑感

Bl7_2

imaged by Amazon

本屋に「暁星記」の7巻を買いに行ったら案の定品切れだった。その本を探す途中「BlackLagoon」 の7巻を見つけたのでゲッチュウしてきました。

-------以下ネタバレ-------
話としては前巻の続きでロベルタを追ってきた若様とプチロベルタ(名前はファビオラと言うのが今巻で判明)とラグーン商会その他ロアナプラの面々の絡み。
今の所、嵐の前の静けさと言うところでタイムオーバー。次巻は派手な展開になりそうだ。
この巻で伏線があったエダの正体がはっきりとCIAのエージェントと判明(今まででもわかっていたことだが)正体晒したところはなかなかに別嬪さんだ。
三合会の張さんも男前株上昇。姉御、ダッチもあんまり活躍の場なし。それどころか基本的に大立ち回りは少なかった。(バオの店はすっかりオープンカフェと化してしまったが)

今回の敵さんはアメリカの軍隊と言うことでどう話を収めるのかも興味を引かれるところ。まぁ普通に行けば漫画といえど勝ち目はないですなぁ。
しかしロベルタも立ち回りはなかったとはいえ往年のテロリストぶりの片鱗を見せる拷問シーンは結構アツイ。

前の話では使用人(と言うかメイド)はロベルタ一人のようなセリフがあったが今巻で5人(人間凶器なのはロベルタとファビオラだけみたいだが)いると言うことが書かれている。
まぁ多少の修正は仕方あるまい。

個人的な見所はレヴィとロックの絡みだが無頼なレヴィが女心を垣間見せるが、それを受け流すロック。自分の都合で人を巻き込んでおきながら汚いことは他人に手を汚させ代償も払わないと文章で書くとやっぱりロックは悪い奴だぁ。。
続巻はまた来年か?どちらにしても待ち遠しいものである。原作が出ないとアニメのパート3も出来ないからねぇ。

|

« PCメモリ増設!ところが・・・ | Main | α700を触ってきました。 »