« 安倍さん辞任しました。 | Main | アンダーアーマー イーボルⅡショーツを買いました。 »

September 19, 2007

「ゲド戦記」を観ました

Gedo

レンタルビデオ屋に寄ったら「ゲド戦記」があったので送ればせながら借りてみてみました。
ジブリの映画でもナウシカ-ラピュタ-・・・とつづくファンタジー系は特に好きなんだけどどうも最近食指が伸びないというか、、、なんでだろ?
「ゲド戦記」も原作がしっかりしている分、絵のよさでは定評のあるジブリだけに期待が持てたのだけどなんとなく行きそびれていました。
と言うわけでジブリ熱が冷めかけた男のレビューです。

以下ネタバレなんでヨロシク!

一言で言うと「原作を知らねばわからない事が多すぎる!」と言うことに尽きる。
後になって調べたところどうも3作くらいの物語が入り混じっているようで細かい設定なども含めてなかなかにわかりにくい。
ちなみに「ゲド」なるものも作中には登場しない(見る限りだけど)大賢人?ハイタカの真名らしいがそんなの教えてもらわないとまずわからない。
見終わった後「とりあえずゲドってなによ?」となること請け合い。

大賢人と言う割りにしょぼい魔法しか使えないゲドやなぜか竜に変化するテルー、アレンは何で父王を刺したのか?テナーは魔法使いの端くれのようだけどクモのことはまったく知らないのは?魔法の剣はなぜ急に抜けるようになったのか?などなど上げればキリがない。
原作を読まねば理解できない映画と言うのは正直言っていかがなものか?とおもう。

ストーリーについては文句タラタラなんだけどさすがに絵は美しい。
特にポートタウンの描写は美しくスタジオジブリの面目躍如たるところ。
登場人物が少ない割りにキャラ立ちが悪く印象に薄いのは吾郎監督の腕のせいなのか?

ナルニア国物語やロードオブザリングに代表されるファンタジー大作がヒットする中、どうもそれに乗っかった感が強い。
どうせ他に原作を求めるなら日本のものにすればよかったのに。
いまNHKでやってる「精霊の守り人」しりーずなんかジブリっぽくていいんじゃないか?
NHKの奴も良く出来てるんであれはあれでいいんだけどね。 

吾郎監督はこれで地歩を固められたのだろうか?しょうじき???と言う感がする。
まぁ次作に期待と言うところか。

独断評価:★★

|

« 安倍さん辞任しました。 | Main | アンダーアーマー イーボルⅡショーツを買いました。 »