« NIKON D2Hを買いました。 | Main | NIKON D2Hを買いました。(その3) »

August 01, 2007

NIKON D2Hを買いました。(その2)

昨日の続き、、、
なんで日進月歩のデジカメ界で4年近く前の機種に手を出したかと言うことであるけども、

一言で言うと造りの良さにノックアウトされたからである。
そういう意味ではEOS-1Dシリーズでも良かったんだけどなにせ値段が高い。
あと、個人的にデジイチのセンサーサイズはやっぱりAPS-Cではないのかなと思うからだ。

まず造りの良さと言う点だけど、これだけの造りの良さを持つのはEOS-1Dシリーズ、D一桁シリーズ、E-1.はっきり言ってこれだけだと思う。
(α-7Dはちょいと(かなり)落ちるし、D200,S5proはちょっと違う気がする)
この中で手に入りそうな価格帯のものというとEOS-1D***とD2Xシリーズは却下。となると残った中で一番新しいのはD2Hな訳である。
D2Hsはさらにいいのだけど値段の割りに性能差を感じられなかったので却下となった。

どこが良いかと言うと比べちゃ悪いけどαSweetDとは全然違う。まぁエントリー機とフラッグシップ機?を比べるのもどうかと思うけど。。。
フォローするとαSweetDは各メーカーのエントリー機(例:D40,KDX,など)と比べると作りは断然いい。
シャッター音に萎えるという人もいるがまぁあれはあれであんなもんでしょう??
比べてD2Hだけどボディはマグネシウム合金製で持った瞬間のしっかり感がまず違う。
本体は重いんだけど持ってる以上は重さを(そんなに)感じさせないグリップの良さ。
見えのよいファインダー(ちなみに視野率は100%だ).そして何より切れの良いシャッター。
シャッタータイムラグでは今もってデジイチ最高を誇るその切れの良さは感動ものだ。
AF性能もαよりはだんぜんよく感じる。(α100は知らんけど)
試しに動体撮影を試みたが想像以上に使い物になるのがわかってニンマリしてしまったよ。

センサーサイズについてだけど、従来の銀塩時のレンズ資産をあまり持ってなかったのでデジイチ用としてレンズを集めることができた。
そのおかげもあるがAPS-C用のレンズの方が性能に比べて明らかにサイズが小さいのである。
広角系が弱いとは言えズームで16ミリくらい用意されているし望遠はそれこそフルサイズに比べ優位なところ。
ボケが足りないと言う意見もあるがそういうのはそれなりの望遠レンズを使えばいいだけの話で銀塩時代の名残でしかないと思う。
おんなじ性能なら小さいほうがいいじゃん!と思うわけだ。
ところがハイアマとかプロとか銀塩時代を引きずっている年寄りはどうしても馴染めないらしい。馬鹿じゃないかしら?

話は戻ってD2Hだが噂の低輝度時のノイズも今の所気になるほどではない。低解像度は印刷用途はL判が主なので問題ないとの判断。
レンズは18-200VRと35/2と決めていたが近所のキタムラで出物を見つけとりあえず18-50/2.8(SIGMA)と35/2の2本立てで行こうと思う。
18-200は運動会シーズン前に手を出すつもりだ。
ZEISSの16-80に慣れたせいか18-50だと望遠側が物足りないんだよね。

先日、D2Hを始めて持ち出して旅行に行ってみた。
やはり重量には閉口する場面もあったが、撮影枚数はαよりも早い感じ。
シャッターの切れの良さが撮影枚数を加速させているのだろうと思う。
AWBがややお馬鹿な感じがしないでもないがそれ以外は一応満足できる結果となった。

もうちょっと続くかもしれません(^^;

|

« NIKON D2Hを買いました。 | Main | NIKON D2Hを買いました。(その3) »