« 次期PSXへの注文 | Main | NIKON D2Hを買いました。 »

July 30, 2007

自民惨敗!

参院議員選挙の結果が概ね出揃った。
事前の予想を大きく外れることもなく民主党の圧勝、自民惨敗と言っていいと思う。

国政選挙、しかも良識の府?といわれる参議院の選挙にしては長期的視野の論争もなく、過去の不作為であった年金問題。そして閣僚の失言問題ですべてが決まってしまった。
以前の衆議院選挙で自民分裂で大敗、民主躍進といわれたがふたを開けてみたら自民の空前の圧勝と言うことがあったがそのときに比べて自民執行部は腹をくくれず、逆に民主執行部は引き締めを行いサプライズを起こさせなかった感がする。小沢さんの負ければ政界引退など言わなくとも惨敗→党代表辞任→次回(次々回)選挙で引退と言う流れはあっただろうからそれほど思い切ったわけでもないだろうに、言葉に出すことで背水の陣を演出した。逆に安部総理側は最後の最後まで閣僚の失言が続くなどタガの緩みを直すことが出来なかった。演説でも悲壮感が漂ったのは最後の2日間くらいか?公示日からこういう姿勢で取り組めば結果はもっと穏やかな物になったろうにと思う。

とりあえず結果はでてしまったのでこれからどうなるかと言うことだが、昔の参院選挙で社会党が圧勝した時のことを思えば民主党が特に何をやれることもなかろう。
結果国民の失望を招き次回国政選挙で惨敗する。と言う轍を踏むのではないか。まぁなんでも反対政党の社会党と違い自民の血が入ってるからあそこまでひどくもないとは思うが、参議院の過半数を取ったからと言って衆院の過半数を抑えられている以上できることといえば衆院案を片っ端からはねつけるくらい。当分の間、国政は停滞するだろう。この大変な時期にだ。まぁ北朝鮮はとりあえず大喜びか?

安部さんは続投するみたいだけど早くもレームダック化は避けられないだろう。
引くも地獄、進むも地獄といった感じだがこの苦難が坊ちゃん総理を大きくするきっかけになるかもしれない。

何より改革に後ろ向きな参議院のうるさがたをまとめて黙らすいい機会となる可能性もある。
開き直って前向きにがんばって欲しいものである。

|

« 次期PSXへの注文 | Main | NIKON D2Hを買いました。 »