« June 2007 | Main | August 2007 »

July 31, 2007

NIKON D2Hを買いました。

D2h

久々に大物逝って見ようかねぇ。。

というわけで、久しく物欲の熱視線を送っていたNikon D2Hを買いました。
もちろん中古よって新品なんか世界中探してもまずないか。

調べてみたら発売は2003年11月って4年近く前なのね。日進月歩のデジカメにおいてこの4年の歳月は言うまでもないところ。
ちなみに初めて買ったデジイチのαSweetDは2005年8月。。。全然新しいわけである。もひとつちなみに発売時の価格はあっと驚く\490,000である。

この機種はいろんな意味でエポックメイキングな機種であり、ある意味ニコンの鬼子扱いされている。
最大の要因はキヤノンのEOS-1D(mark2)にアテネ五輪で完敗したからである。

アテネ五輪は報道カメラが銀塩(フィルム)からデジタルに移行した大会なんであるが、ここまで報道のニコンと呼ばれスポーツに強いキヤノンと熾烈な争いを演じていた。
五輪と言うことでキヤノンに有利なスポーツ報道とはいえここまでは互角の戦いを繰り広げていたのである。会場にはキヤノンの白レンズとニコンの黒レンズが相対していたわけである。

ところが、この年の4月に発売されたEOS-1Dmark2で勢力図は一気に塗り変わる。
D2Hは報道のニコンの威信に賭けて開発された報道向けのカメラであった。センサーには自社開発のLBCASTを投入し、低ノイズと高感度化を目指した。
しかし、報道向けと言う甘えというか隙があったのか、画素数は400万画素に落ち着く。

前の報道向けであるD1Hの266万画素からは大幅に高解像度化したがEOS-1Dmark2は800万画素で一気に差を付けた。これにはD2HのAPS-Cに比べて大きいAPS-Hサイズのセンサーが物を言ったところであるが大きいセンサーは画素数だけでなくノイズでもD2Hより優れていた。また高解像ながらも連写枚数は8コマ/秒とD2Hと並び,プロカメラマンの用途としては重要なシャッターの耐用枚数でもD2Hを上回っていた。

これらの要因からアテネ五輪ではキヤノンのEOS-1Dmark2が一気にシェアを奪った。しかもその後有効な後継機開発に出遅れたニコンはD2Hsと言うマイナーチェンジを行うのが精一杯で年を追うごとにスポーツ報道の場面から黒レンズは淘汰されていった。今年に入ってキヤノンはEOS-1Dmark3を発表し後継機開発に苦しむニコンをあざ笑うかのように差を広げた。

ちなみに作品系の写真を撮るカメラマンの用途からもD2XよりもEOS-1Dsの方が評価が高いようだ。ニコンのプロ機としてD2シリーズはかのように金看板に泥を塗った鬼子とされているのである。

長くなりそうなんで珍しく続きはまた今度。

|

July 30, 2007

自民惨敗!

参院議員選挙の結果が概ね出揃った。
事前の予想を大きく外れることもなく民主党の圧勝、自民惨敗と言っていいと思う。

国政選挙、しかも良識の府?といわれる参議院の選挙にしては長期的視野の論争もなく、過去の不作為であった年金問題。そして閣僚の失言問題ですべてが決まってしまった。
以前の衆議院選挙で自民分裂で大敗、民主躍進といわれたがふたを開けてみたら自民の空前の圧勝と言うことがあったがそのときに比べて自民執行部は腹をくくれず、逆に民主執行部は引き締めを行いサプライズを起こさせなかった感がする。小沢さんの負ければ政界引退など言わなくとも惨敗→党代表辞任→次回(次々回)選挙で引退と言う流れはあっただろうからそれほど思い切ったわけでもないだろうに、言葉に出すことで背水の陣を演出した。逆に安部総理側は最後の最後まで閣僚の失言が続くなどタガの緩みを直すことが出来なかった。演説でも悲壮感が漂ったのは最後の2日間くらいか?公示日からこういう姿勢で取り組めば結果はもっと穏やかな物になったろうにと思う。

とりあえず結果はでてしまったのでこれからどうなるかと言うことだが、昔の参院選挙で社会党が圧勝した時のことを思えば民主党が特に何をやれることもなかろう。
結果国民の失望を招き次回国政選挙で惨敗する。と言う轍を踏むのではないか。まぁなんでも反対政党の社会党と違い自民の血が入ってるからあそこまでひどくもないとは思うが、参議院の過半数を取ったからと言って衆院の過半数を抑えられている以上できることといえば衆院案を片っ端からはねつけるくらい。当分の間、国政は停滞するだろう。この大変な時期にだ。まぁ北朝鮮はとりあえず大喜びか?

安部さんは続投するみたいだけど早くもレームダック化は避けられないだろう。
引くも地獄、進むも地獄といった感じだがこの苦難が坊ちゃん総理を大きくするきっかけになるかもしれない。

何より改革に後ろ向きな参議院のうるさがたをまとめて黙らすいい機会となる可能性もある。
開き直って前向きにがんばって欲しいものである。

|

July 28, 2007

次期PSXへの注文

我が家の主力録画機の座はここ3年ほどSONYのPSX(7000)だ。
残念ながらPSXは何のとりえもないスゴ録に負け、さほど進化もせずに3回ほどのマイナーチェンジを経て生産終了と相成った。

最近買った雑誌にも載っていたが、簡易かつスピーディーな操作性、ゲームも出来るお手軽感覚など神機に認定してもよいと思っている。
失敗した原因はやはりPS2のゲーム機としての側面を前に出しすぎたことだろう。
あくまでもDVD/HDDレコーダーとしてついでにPS2もできまっせ!と言うスタンス。言うなればサスペンス録りまくりの奥さんもアニメばっかり見てるニートのお兄ちゃんもゲーム機欲しいけどPS2買うにはお年玉が残ってないよ~!という弟くんもみんな満足できる逸品だよ~♪と言って売り出せば結構売れたんじゃないの?と思わずにはいられない。

ということでそろそろ次期主力録画機も考えんといかんなぁと言う次期なんだけど(何でと言う意見は却下だ)期待もこめて新PSXの希望を書き連ねたいと思う。
①HDDは最低500GB。できれば1TB。だって時代はインバーター!じゃなくてハイビジョン時代なんだもん!
②当然2層BD録画にも対応。
③PSPへの持ち出し機能は温存。ただし変換時間は再生時間の1/10くらいで。(CELLだったら出来るでしょ?出来ない?)
④USBはもちろんIEEE1394も設置。USBにはハブの設置も可能にして欲しい。できればストレージも繋げて録画エリアを増やせるとなおいい。
⑤メモリカードはSDカードでといいたいところだがここはメモステで勘弁。
⑥チューナーは地デジ×2オプションで増やせるとなおいい。
⑦当然PS3のゲーム可能。
⑧マルチメディア」センターとしての機能は保持。
⑨PSXの美点でもあったネットワークアップデート機能は保持
⑩ネット接続を前提としてインターネット閲覧やメールも可能(外部プロバイダーと接続可能)
⑪ネットでゲームの購入や音楽配信、カラオケ配信などを充実させる。

他にもマニアックな要求は多々あれどとりあえずこれだけの機能を網羅してくれて値段は8万円なら女房を質に入れてでも欲しいところ。

まぁ多分というか絶対に出ないんだろうけど、DVD/HDDレコーダーが一般化しやっと時代が追いついてきたような気もするんだけどね。

|

July 27, 2007

Patagonia R3 Purist Jacketを買いました。

R3


何に弱いってセールほど弱いものはありません。
通常***円が何と驚きの〇〇〇円!なんていわれると、これはもう買うしかない!買わなきゃ損だ!(別に買わなくてもいっこうに損する事はないんですが)と往年のマハーポーシャの宣伝文句のような心境になってしまう。

時はまさに夏物大バーゲン中と言うことで物欲も通常比30%ほどアップしている今日この頃なんですが先日またもポチッとやってしまいました。

Patagonia R3 Purist Jacketです。
patagoniaの山登り用フリースは"レギュレータ"シリーズの一環に加えられていて重ね着をすることで様々なコンディションに対応できるようになっている。フリースの場合R1 ~R4まであって(この中にさらに細かにいろいろな商品群がある)数が多くなるほどより保温力が高い。
定番としてはR2が一般的なフリースの用途とされているのだけど定番だけあってなかなかセールにはかからない。
R3はR2より保温性が高められている物でお値段もやや張るのだけどデザインのせいかかなりお安く手元に来ることになった。

すっかりおなじみとなった長短の繊維が混じったポーラテックサーマルプロ素材に襟、袖口、裾には伸縮性に優れたR1素材(ポーラテックパワードライ)が使用されている。
R2の場合サーマルプロの素材がやや薄いのとR1素材が脇にも配置されてより動きやすくなっている。
デザイン的にはよく似てきていてさほど違和感はないがR2の胸ポケットは省略されている(代わりに内側に小ポケットがある)実用上はともかくデザイン的にはR3の方がシンプルでいいのではないかと思う。街着としてみた場合50歩100歩であるの否めないが・・

このサーマルプロ素材は初めて手に入れたのだけど(旧来のサーマルプロの物は持っている)ミドルウェアとしての働きを一段と高めたように思う。意外とスカスカで風が当たるとよく通る。アウターとしての保温力は期待できないのだけど上にナイロンジャケットなどを羽織れば長毛のおかげで高い保温力を発揮する。暑くなったら風を入れてやれば熱はすぐ逃げるということで体温調節がやりやすくなっている。
もっともパタゴニアの宣伝文句としては耐風性を高めた云々と言う記載があるのだがあくまでもR2に比べてと言うことだと思う。

パタゴニアのフリースは何着か持っていてどれも高い機能性に満足しているのだけどこのR3の用途としてはどうだろう?
先述の通り保温性事態は高いとはいえ通気性も高いためアウターとしてはイマイチ。あくまでもミドラーとして冬の雨などの時に使うといいかもしれない。

ピュアリストジャケットと銘打たれた物を街着としてしか見てないのはバチがあたりそうだが「山でいいものは街でもいい」が信条なのでご勘弁願いところだ。

|

July 26, 2007

OLFA Silverを買いました。

Olfa

うちの仕事場では小型のカッターを携帯してあれやこれやに使用している。
ちなみに決められたわけでもないのだけど、どこの職場でもNTカッターが優勢。
だいたいはA-300ってやつね。
近頃は金属ボディの奴も出てて薬品にも強くなったし、小型ながら力も入れやすい逸品だと思う。

どこで作業をしたときかここ3年ほど使ってたA-300が行方不明になり、ないと困ることも多少あってどうしたもんかと思ってたところ近所のホームセンターに行ったらいろいろと種類があって表題の品をゲッチュウしてきました。

ちなみに国内でカッターといえば先述したNTカッターとOLFAが2大勢力。どちらの大阪に本社がある会社らしい。もひとつちなみにどちらの会社のHPでも似たようなエピソードから折歯式カッターナイフの元祖はうちよ的なことが書いてあるんだけど、どうも開発者(発明者)が当初協力を依頼し生産を請け負った会社がNTカッターでその後開発者が自分で会社を起こして生産を始めたのがOLFAらしい。詳細なことは分からないのだけどネットをさらったところではこういう経緯らしい。違ってたらすいません。
個人的にはOLFAってドイツかなにかのメーカーかと思ってたら折る刃→OLFAといたって日本的な命名がなされた生粋の日本メーカーであったことにオドロキを禁じえません。
名前と言うよりデザイン的に洋物の匂いがするんですけどね。気のせい?

今回我が家にやってきたのはOLFAのSilverと言うモデル。
いたってシンプルでソリッドな魅力にあふれた品だ。やや線が細いがそんなに力を入れてきることも(あんまり)ないからまあいいだろう。
何よりデザインが美しくていい。OLFAは黄色がイメージカラーなんだけど「Silver」と言う商品にもかかわらずロゴの部分はしっかり黄色でOLFAしてる。
ライバルだけあってNTからもほとんど同じデザインで出ているがそちらはプロ用となっている。値段は一緒だ。

替え刃はOLFAもNTも同じ物が使いまわせるのだけどOLFAの特選黒刃(小)をセレクト。
なんでも普通のに比べて切れ味がいいんだそうだ。早速刃を入れ替えて職場でも自分だけのマイカッターが出来上がり。
シンプルなデザインに黒い刃が映える映える!
最初に付いてたステンレス刃が3枚と特選黒刃10枚でしばらくは持ってくれそうだ。
切れ味が落ちたらポッキンできるのがここんちの醍醐味なのだからポッキンポッキンしていきたいと思う

ところで折った刃の処理も意外と困る物だけどOLFAからちゃんとポキなる刃折器&ストッカーが出ていました。
たまったところでケースに入れてと言うのがスマートな処理方法かもしれない。

|

July 25, 2007

ZEBRAのTapliClip0.7を買いました。

Tapli01


お気に入りのステッドラー925 25-F9を失くしてしまって失意の日々を送っていたのですが代わりに取り出した同じくステッドラーのavant-garde lightはどうにもイマイチ使いづらい。まあ使いづらいんで925 25-F9を買って使ってたようなものなんだけどね。

100円ショップにてそういえばどこかのHPで近頃のボールペンの書き味は侮りがたしと言う記事を読んだような読んでないような・・・と言うことを思い起こし1本手ごろなのをゲッチュウしてきました。
ZEBRAのTapliclip0.7mmです。もちろん\100(消費税込み\105)です。

選択のポイントとしては、
①タプリクリップと言うだけあって従来品よりインク量40%up!
②バインダークリップで厚物にも留める事ができるクリップつき。
③すべり止めのゴムつき。
④ノック式

というところ。
まぁ主に①と④かな?他にもいくつかあったんだけどなかなか条件を見たしている物ってないんだよね。

で、実際の書き味なんですがなかなかさらさらと軽い書き味でまぁそれなりにいい感じ。
ジェルインクってすごいなぁと思っていたら普通の油性インクだとか・・・_| ̄|○
ジェルインクタイプはさらに書き味がいいらしいので一本試してみたいところ。

惜しらむはやっぱりモノとしての質感に乏しいところ。¥100なので仕方ないと言ってしまえばそれまでなんだけど、やっぱり925 25-F9は良かったなぁ・・・
まぁ現場でガシガシ使うものなんでこれくらいのものがいいのは理解しているんだけどなかなかね(^^;

|

July 22, 2007

電動歯ブラシの替えブラシを買いました。

Braun

よくよく見るとちょうど1年前に購入した電動歯ブラシ(ブラウンD9521u)だがいい加減にブラシがボロボロになり、ブラシ交換の必要性に迫られてきた。

もともと買った奴に替えブラシが1本付いており、たしか半年もしないで交換し、そのまま使い続けたような気がする。

既に1ヶ月ほど前からもういい加減に交換時期だよなぁとは思っていつつ、自民党並みの先送り体質で見てみぬ振りをしていたが、さすがに毛先が開いてくると物欲スイッチがオンし替えブラシの購入と相成った。

ちなみに近所の電気屋では2本入りが特価で\1700也。何が特価やねん!!
横を見ると松下ドルツの替えブラシは同じく2本で半額以下。
これは買う時に選択を誤った!と思ったがいつものアフターフェスティバル。

\2000で買ったものに\1700を払うのはどうよ!?と1年前と同じせりふを吐いたりもしてみたのですがオクを見てもこれといった出モノもなく結局4本入り\1700でオクで落札。振り込み手数料&送料合わせて\2100くらいで手元にやってきた。

久しぶりにブラシを交換してみると「やっぱり新品のブラシはいいねぇ・・!」と言う感じで歯垢の落ちも気持ち30%アップと言うところ(^^;

HPで調べてみたらこれって希望小売価格 3,780円もしやがんの。なめとんか!?ブラウン!

絶望した!金儲け主義のBRAUNに絶望した!

2本いりも\2100と言うことで先の\1700が特価と言う電気屋の表示もあながち嘘ではなかったことが判明。

まあしかし替えブラシが4本も手に入ったということであと1年半は持つかなと言う感じ。
もちろんそれまでに壊れなけりゃという前提だけどね。

|

July 17, 2007

SUBARU Legacy 2.0i B-SPORT Limitedに乗ってます

我が家のレガシィも納車から3ヶ月たったのでちょこっと中間報告など・・・

初感に、
良いところ
・静か(特にアイドリング時はエンストしたかと思うほど。走っているときはそれなり)
・乗り心地(段差の吸収(収束)など)はいいとおもう。シートもまぁまぁ。
・オーディオの音(さすがマッキン!)
・意外と広い荷室
・etc

イマイチなところ
・四隅が見づらい(慣れの問題か?)
・乗降がややしづらい(いままでのより低いので・・)
・etc

などと書いたのだけど、実はこれについては3ヶ月たったいまも変わっていない。
ただ最初はに気づかなかったところもあり、
①3000rpmを超えるとぷろろろ~んと言う一種独特な音がする。これがボクサーサウンドなのだろうか?(多分違う)
②燃費がイマイチ。いまのところ待ち乗り中心だと7キロ/ℓと言うところ。もうちょっと伸びてほしい・・
③防水シートかと思ってたら撥水シートで濡れっぱなしにしておくと染みる(見たい)
④リヤワイパーの動作がいまだになれない。

といったところ。
イマイチといった乗降性や視認性は慣れたとはいえやっぱりやり易いとはいえない。
特にうちの駐車場が2階建ての機械式と言うことも有り乗降性の悪さがが際立ってしまう。(隣がBMWなのでドアを全開にしづらいと言う小心的な理由もある)

運転は非常に楽しく2速~3速で4000rpm位まで回すと独特な音と伴って気持ちのよい加速をする。
ただしキックダウンの反応はイマイチで時々もたつくこともある。マニュアルでギヤを落とせばいいのかな?

色はブリリアントシルバーなのだけど水垢が意外と目立つ。このあたりはまめな洗車がやっぱり必要なのかな?

あと、やっぱり燃費は気になるポイントこの程度ならターボモデルでも良かったかな?と正直思ってしまう。
街中で10キロくらいいってくれると思っていたんでね。甘い?

まぁ気にある点は多々あれど全般的に見ればやっぱりいい車だと思う。
何より運転が楽しいというのはすばらしい。スバルと言うことでトラブルがやや不安だが3年保障に入ってるしまぁ問題はないだろうと思っている。

通勤には電車を使ってるせいであんまり距離が伸びないのだけどどこか遠出したくなる。
昔スバルのSVXと言う車のキャッチコピーが「500mile a day」と言うものだったがその精神はこのレガシィにも受け継がれている(と思いたい)

|

July 16, 2007

サングリアを飲んでます。

Sanguria_1

暑い夏の日に炎天下で飲む飲み物といえばやっぱりキンキンに冷えたビール!なのだけどもうひとつオススメの飲み物がこれだぁ!1,2,3というわけでご紹介したいのがサングリア。阪神の売れない選手を起用したCMで有名なってそれはサンガリアね。
サングリアというのはスペインの飲み物(多分)で「赤ワインを甘いソーダやオレンジジュースなどで割って、フルーツ(レモン、リンゴ、バナナ、オレンジなど)を一口大に切りシナモンを少々加えた、夏にかけて特に清涼感を得ることのできる飲み物。](byWikipedia)なんだそうだ。
細かいことはよくわからないが赤ワイン(白ワインでもつくるらしい?)をジュースで割ってフルーツをぶち込んで一晩寝かせたものというのがイメージ的には近い感じ。
彼の地では安いワインで作るほど美味いと言われている事からも分かるとおり庶民の飲み物である。

かように安い食材で簡単に作れるので自作されてる諸兄も多かろうと思うのだけど私的には瓶詰めを買ってきて冷やして飲むと言うさらに自堕落なサングリアライフを送っています。

ちなみによく買ってくるのはVINA MACATELA のサングリア。ちなみに近所では720ml?入り一瓶¥500なり。大体ビールくらいの値段かな?ちなみにアルコール度数もビール並みだったような気がする。
これは元ワインもジュースも有機栽培に拘った一品でヘルシーさんにもオススメ。ってヘルシーさんは酒なんて飲まないか?(^^;

これを冷蔵庫で冷やして昼間っから飲むのがこれまたラテン的空気を醸し出して夏にぴったり。
ちなみにいい気分に比例して近所の視線は冷却の度を深めるのでせいぜいベランダくらいで嗜みたいところ。
つまみにはスルメよりも生ハムの方が合うとおもう。ところであちらの生ハムってあんまり生ハムって感じしないよねやたら塩辛いし・・まぁつまみにはいいんだけど。
イベリコ豚の生ハムっちゅうのも食べてみたけど美味しいとは言えあの値段じゃ2度目はないなと言うのが正直なところ。口の中の温度で油が溶けるといわれてもそう言う気もすればしない気もすると自分の味オンチを恨むばかり。まぁこれくらいの舌を持つ方が金かかんなくっていいやね。

と言うわけでヨッパライ中継を終わりたいと思います。

|

July 08, 2007

Arc-AAA(LEDライト)を買いました。

Arc社といえば小型LEDライト界の名門?だ。(随分狭い世界だが)

デザインや性能は素晴らしいが値段も素晴らしいと言うことでなかなか普通の人の手には渡らないのであるが、あいも変わらずの物好き魂が疼いていつかひとつ手に入れたいと思っていたのだが、そうこうしているうちにArc社は倒産し、結果オークション市場でも元値でも高かったのにさらに輪をかけた値で取引される状況にいたってはもう手に入ることはないのであろうなぁと一抹の寂しさを覚えていた。ふと何の気なしに奥を覗いていたらあれ?新品がでていると思い調べてみたら何だ復活してるじゃないのArc!という訳で新品を買おうと思ったのだけど目先の値段に惹かれオクの新品を約半額ほどで入手いたしました。

サイズは68mm×23g(電池含む)と驚きのコンパクトサイズ。それにクリップが標準で付属しています。
なぜか標準状態ではクリップの差込方向に対してライトが逆向きになっています。ちなみにLEDを保護するガラスなどは入っておらず直接LEDの玉が露出しています。

使ってみた感想としてはサイズから想像する以上の明るさを持っています。LEDのライトでは集光式のものを以前持っていたのですがそれよりは普段使いには使いやすそうです。集光式のものは明るいは明るいんだけどそれ以外のところが真っ暗になるんだよね。まぁそう言うもんなんでわかって使ってれば問題ないんだけど。

MAGライトなんかはヘッドを緩めると点灯なんだけどこれは逆に締め付けると点灯。未だに慣れない。
造りはさすがにいい感じですがコンパクトさゆえの耐久性にやや不安が。ちなみに1.5m防水とのことだが怖くてそんなことできません。まぁお守りみたいなもんだと思うことにします。

個人的にはこの造りで電池を単3×2本にしてLEDをもう一ランク明るい奴にしてくれるとベストなんだけどそんなのどっかにありませんかね?

|

« June 2007 | Main | August 2007 »