« March 2007 | Main | May 2007 »

April 29, 2007

WERAの6角レンチを買いました。

Wera


仕事で工具を使う。
まぁ技術屋のはずれで糊口をしのいでいるもんで・・

まぁ基本的な工具は会社から支給される。
支給品とはいえそこそこにいい工具(KTCやらTONEやら・・)を支給してくれるんで
仕事上ではまったく問題はない。

ただ、何の世界でもピンからキリと言うのがあるように工具の世界にも中国共産党並の序列が存在する。

ちなみに総合ブランドとしての序列第1位はアメリカが誇る工具メーカーであるSnap-onであると思う(多分)。
これにHAZETやらPBやらUZAG?やらが続くのだが総合ランキングのほかに部門別ランキングと言うものも存在する。
つまりドライバーならここ、スパナだったらここというやつだ。

話は戻って仕事上よく使う工具に「6角レンチ」というものがある。
正式名称としてはヘキサゴンレンチというのだろうか?
私的には断固として6角レンチである。

いろんなメーカーが6角レンチを製造・販売しているのだけれど、その中で長い間序列第1位として愛用していたのがスイスが誇るPB(PB Baumann)の6角レンチだ。
ちなみにその前はボンダスを使ってました。
ボンダスはメッキナシの黒地タイプだったんですがどうも使っているうちにエッジが緩んでくるというか嘗め易くなってくる傾向があるように思う。(使い方が悪いだけか?)

ボンダスのレンチを2セットほど使った後出会ったのがPBだったわけでそれ以来のPB信者。
回しものはやっぱりPBやねぇ・・というのは今も変わらぬ気持ちである。

それにもかかわらず今回6角レンチで浮気をしてしまった。
浮気の相手はドイツのメーカーWERA社の6角レンチ。

ここは6角レンチで面接触を売りにしているところ。
実際に見たことはないがPBを相手に露骨に比較広告をうち自社製品の優秀性を謳っているのだそうだ。
6角レンチのほかにもドライバーなどまさにPB帝国に正面からケンカを売っているところなのだ。

ケンカの行く末は正直どうでもいいのだけれどここの6角レンチで気になっているのは、
①面接触の効果
②太軸がいかにも力を掛けやすそう
③他に誰も持っていないので工具の紛失(盗難)の可能性が下がる
というところだ。

いまんとこまだシビアな場面では使っていないが少なくとも②に関しては満足だ。
ゴムが巻いてあるので手にも優しいように思える。

ただ、漠然とした予想だけど恐らくこれもボンダスと同じで長くは使えないのではないか?
と思っている。この予想が裏切られることを望むばかりである。

<07/05/07追記)
使い始めてしばらくたつがゴム皮膜が傷つきやすい(そりゃそうだ)上に汗をかくと滑りやすい。
また、想像したとおり硬度が不足しているのか早くも4mmのレンチが変形してしまった。ショック!
食いつきは悪くないのだが・・・

|

April 23, 2007

鼻毛カッターを買いました。

Er430p_1


鼻毛カッターを買いました。

ブツはナショナルのER430Pというやつです。
鼻毛カッター界のロールスロイスとは誰も言っていませんが値段的に高級品の部類に入るのではないかと思います。
だいたい他メーカーで¥1000くらいのものが多い中で¥4000くらいで売っているからね。
ちなみにAmazonで購入しました¥2860也って¥4000ちゃうんかい!?

身だしなみを気にする?私にとって鼻毛ボーボーは美意識に深く反するところで結構まめにカットしてるんですが
鼻毛切り用のはさみを使ったところでなかなかうまく切れない鼻毛も有り、また無理すると内側を傷つけてしまい
地獄の苦しみを味わうことに。
電気式鼻毛カッターに気を引かれもしたのですが万が一あれが鼻毛を噛み込んだ事を想像するになかなか手を出せないでいました。
ネット上の評判とAmazonの手ごろな値段設定に魅かれゲッチュウと相成りました。

前述しましたが他社が¥1000くらいからラインナップしているのと比較すると高級機と行って差し支えない本機なのですが、どの辺が高級機かというと、
①替え歯がある
②防水である
③吸引式である
④60°鋭角内刃搭載
といったところでしょうか?
ちなみに替え刃は\1150なんだそうだガ━(゚Д゚;)━ ン !!!
②,③はいいとして④が微妙なところ。
シェーバーでも似たような文句を売りにしてるよね←ナショナル

実際使ってみた感じとしてはしょりしょりとよく剃れる。
当て方にコツがいるような気もするがいままで切り辛かった小鼻の毛もきれいに剃れる。
鼻水とかついてバッチイ感じだけど水洗いOKなんでそれもクリア。

総じて他社のこうだったらいいのにな。というのがほぼ網羅されており鼻毛カッターとしては完成の域ではないかと。
\500ほどケチると非吸引式のものが手に入るがどうせならフル装備の本機を押したいところ。
ちなみに吸引式と言うことで切った鼻毛が内部に溜まるのだけれど開けてみると意外と少なくて (((´・ω・`)カックン…

|

April 08, 2007

SUBARU Legacy 2.0i B-SPORT Limitedを買いました。

約10年ぶりに車を買い替えた。
購入にあたってはいろいろとあったのだけれどとりあえず新車の初感など・・

車:SUBARU Legacy 2.0i B-SPORT Limited(長い・・)
OP:HDDナビ(パナソニック)
   マッキントッシュオーディオ
   防水シート
   他

早い話がレガシィの廉価グレードの特別仕様車だ。
それでも元値を考えると総支払額としては300万円オーバーなのでやっぱり高い車と言うことに変わりはない。
この値段を考えると他社のミニバンでも良かったなんて思うんだけど、買ってしまったからには考えないことにした。

車好きとしては一度スバルの車に乗ってみたかったというのはあって、いま日本車の中でコダワリ感の強いメーカーといえばここと懲りずにロータリーエンジンの開発を続けているマツダと言うところか?あくまでもイメージなんですが・・・
スバルのコダワリといえばそりゃもう水平対向エンジンと4WD(スバル風に言うとAWD)なわけで、水平対向エンジンなんか作っているのは自動車メーカー多しと言えどスバルとポルシェだけ。メリットも多いけどそれ以上にデメリットが多いというわけでどこも敬遠している。フェラーリも昔作っていたがいつの間にかなくなっちゃたしね(ちなみにテスタロッサなんかに積んであった)。
ポルシェとフェラーリというところで共通点といえばスポーツカーメーカーと言うところ。
実際水平対向エンジンの最大のメリットは重心が低いということに尽きると思う。一次振動が理論上0ということもメリットにあげられるけど、あくまでも理論上であり実際には0でないし特に他のエンジン形式と比較して静かでもないように思う。実際に静かであったり振動が少ないのであれば高級車用にもっと発展しているはずだしね。

それから4WD。いまでこそ多くのメーカーがいろんな4WDを開発し搭載しているけど、昔乗用車に4WDを乗っけてるなんてのはアウディとスバルしかなかった(ように思う)。アウディはどちらかと言うとスポーツグレードに搭載していたのだけれどスバルはおもいきり普通グレードにも搭載していた。どちらかと言うと雪国対策としての側面があったような気がしないでもないが・・・そのおかげか昔から雪国ではスバル車が幅を利かせていたという(by道産子)
いまでも4WDへのコダワリは強く、同じ車に2種類も3種類も違うタイプの4WDを用意しているのは多分スバルだけではないかと思う。

こういう偏屈な技術志向に天邪鬼な私は魅かれたのである。前のランドクルーザーで「やっぱりトヨタええわぁ!№1メーカーと言うのはそれなりに理由があるんやねぇ」
などと言っていたが根の天邪鬼はいまだにしっかり居座っていたということだろう。

というわけで相変わらず前置きが長くなってしまったが、
比較が13年落ちのランクルプラドなんであれなんですが・・・

良いところ
・静か(特にアイドリング時はエンストしたかと思うほど。走っているときはそれなり)
・乗り心地(段差の吸収(収束)など)はいいとおもう。シートもまぁまぁ。
・オーディオの音(さすがマッキン!)
・意外と広い荷室
・etc

イマイチなところ
・四隅が見づらい(慣れの問題か?)
・乗降がややしづらい(いままでのより低いので・・)
・etc

まだ様子見の部分は多いのだけれどざっと上記のようなところだ。
加速に関しては2000ccのSOHCということでどうかな?と思っていたが、いまのところ十分と言う感じ。
逆にシュルシュルとスムーズに加速していくさまはランクルのアクセル→(やりまっせ)→がーと加速に比べると上品に思える。

レガシィはスバルの屋台骨としてミドルからアッパーミドルまでを一手に見ている。
エンジンも2000ccSOHC、DOHC,ターボ、2500cc、3000ccと幅広い。
その中で基本骨格は同じ(だと信じたい)とするとやっぱりねらい目は2000ccSOHCではないかと思う。
シャシーがエンジンに対して圧倒的に勝っていると思うからだ。
車を長く載る秘訣はやっぱり強いシャシーこれに尽きると思う。

まだまだヒヨッコのスバリストだがレガシィで10年・10万キロを是非目指したいと思う。

|

« March 2007 | Main | May 2007 »