« パタゴニアのレトロXを買いました。 | Main | みみくりんに行ってきました »

March 12, 2007

最近デジカメ考

PMAでSONYからαの新型の開発発表があった。

1台はハイアマチュア機、1台はプロ機だと言う。
このご時世ハイアマチュア機とプロ機の境がいかほどのところにあるのかよくわからないのだが
α100以後生殺しの状態だったαユーザーにはともかく朗報といえるだろう。

とはいえ開発しているよと言う発表があっただけで明確な発売時期やスペックなどは明かされなかった。
(1台は年内発売とのこと。恐らくはハイアマチュア機だろう)
ネットのいろんな情報から推測するにハイアマチュア機はα7Dの後継でターゲットはK10D~D200あたり。
イメージセンサーはAPSーCサイズだろうと思われる。画素数は登場時期にも寄るが1200万画素と言うところか?
発売が来年以降にずれ込むようだと1600万画素くらいにはなってるかもしれない。
感度としてはISO800程度は常用でISO3200くらいまで(あるいはISO6400)は対応しそう(ノイズはひどかろうが)
ボディ内手ぶれ補正、ごみ落とし装置は付きそう。
というところか?
う~ん既にほとんどK10Dで達成されちゃってるしぃ。プラスするサプライズってなんかあるのかなぁ?
スペックだけの話をすればK10Dって中級機としては完成の域だよね。素晴らしい!

プロ機は恐らく1年以上先の発売だろうから鬼が笑い転げてよくわからない(今後の様子でスペックは如何様にでも変わりうるので)
イメージセンサーはフルサイズかもしくはそれに近い(×1.1程度)ではないかと思われる。
この×1.1とか言う微妙な数字はボディ内手ぶれ補正のために等倍のイメージサークルをレンズが維持できないのではないかとの推測による物だ。
これも今後発売する上級向けレンズがレンズ内手ぶれ補正を内蔵する方向に振られていればフルサイズで登場する可能性は十分にある。
ボディ内手ぶれ補正の御旗を下ろすのかどうかは別にしてね。
デジカメマガジンの特集からも望遠域ではレンズ内手ぶれ補正&超音波モーターが有効というのは間違いなさそうなのでプロ向けはそうなるのではないだろうか?

双方ともに要望があるとすればまずはAFの強化をお願いしたいところだ。
後はボディ内モーターの強化(α-9はAF早かったような気がする)
それからせっかくSONYということでVAIOなどのPCと連携させて画像変換の細かな設定やレンズ毎のフォーカス調整など細かな調整・設定を出来るようにならないだろうか?
個人が作りこんだ変換データをネット上で共有し、コダクローム再現モードやベルビア再現モード、古いライカ系再現モードなどを設定できるようになると面白いと思う。
要は画像エンジンの設定パラメータをユーザー側に開放すると言うことなんでやろうと思えば難しい話ではないような気がするのは無知の成せる業だろうか?


上にも書いたがスペック的にはもはや中級機であるK10Dでほぼ達成されてしまった。
上級機(プロ機)で差別化を図ろうとすればイメージセンサーのサイズでしかないような気がする。
本当はブラックアウトの時間など中級機と上級機の間には今も歴然とした差はあるのだけどカタログスペックとしては見えにくいのは間違いない。

キヤノンやニコンはこのあたりの上級機の造りに精通しているのでいいがペンタやソニー、オリンパスはやや(と言うかはっきりと)遅れをとっているように思える。
オリンパスのE-1も当初はなかなか高級感ありげだったがEOS-1やD一桁に比べるとね。

今回、SONYから何も発表がなければ、または発表があっても内容がイマイチだったらニコンかキヤノンに乗り換えようかと本当に思っていたのだけど
発表内容としては実に微妙。D一桁でいい出物があれば買ってしまいそうだ・・(^^;

|

« パタゴニアのレトロXを買いました。 | Main | みみくりんに行ってきました »