« December 2006 | Main | February 2007 »

January 22, 2007

MONTANEのEXTREME SMOCKを買いました。

Extremeblackhood

なんだかツボにはまったようにオクに入札しゲッチュウと相成りました。

今回ゲッチュウしたのはMONTANEのEXTREME SMOCK。
MONTANE(モンテイン)はイギリスのアウトドアウェアメーカーで、パタゴニアやノースフェイスとは一味違った思想の元、商品開発を行っている。
前述のメーカー(と言うか、現在ほとんどのメーカー)で最近はやっているのは[レイヤリング]と言う思想で、ベース(アンダー)、ミッド、アウターを組み合わせてさまざまなシチュエーションに対応しようとするものだ。
MONTANEはどうもこのレイヤリングと言う考えはとらないみたいで、ある目的のために特化したウェアとする代わりに限りなく軽量化を進め、使い勝手を向上させるというものみたいだ。

今回のブツ「EXTREME SMOCK」もその考えに沿ったもので、MONTANE独自のP2システム(Pertex&Pile)を採用している。
P2システムとは水分を内側のパイルで吸収し、外側のPertexで放出するもの。
Pertexは高い防風性と撥水性をもち外部からの冷たい風や雨水を(ある程度)シャットアウトしてくれる。
基本的にベースレイヤの上に直接着用し雪山に分け入るためのウェアと言うところか。
ちなみに国内の正規ものはジャケットタイプしかない。
(昨年までは4万円位していたが代理店が変わったせいか2万5千円に値下がりしていた。現地価格と比較しても差がなく良心的な価格設定だと思う)
私のはスモックタイプでUKのオリジナルサイトでは逆にこちらしかラインアップされていない。

素材としては、
①Pertex(たぶんClassic)
②POLARDRI(R) Mini-Rip(肘から袖にかけての補強素材)
③DRYACTIV(R) 3000 PILE(内側のパイル素材)
と言うものを使用。
英国メーカーのためかPertex以外はあまり聞かない素材なのが面白い。

イメージとしてはパタゴニアのインファーノジャケットに近いと思う。
あれもソフトシェル的なアウトシェルにパイルで保温性を確保している。
比較するとシェル素材はEXTREME SMOCKの方がタフな素材を用いている感じがする。
パイルも量的にEXTREME SMOCKの方が多い。よって保温性もEXTREME SMOCKの方が上回るだろう。
シルエットは思ったよりもはるかにタイトでUKサイズのMのはずなのだがJPNサイズのMサイズくらいだ。
正直自分には少々きつい(ジャストといえばジャストなんだけど・・)

細かいつくりが良く、袖下の補強材を使用していたり、おなかのポケットは2重のベルクロをつけていたり、ハンドウォーマーポケットはつながっていてカンガルーポケットみたいになっていたり、襟元はしっかりサポートされていたりなどなど枚挙に暇はない。

初めて手にしたMONTANEなんだけどつくりのよさ、スマートなシルエット、あまり他人とかぶらないなどなかなかに好印象。
問題はジャストサイズのために着づらく脱ぎにくいというところ。一度着てしまえば問題ないのだけれど。。。

|

January 01, 2007

CROCSのendeavorを買いました。

Crocs


新年早々物欲便り。といっても昨年末の買い物なんだけどね。

前から欲しいけどどうしよう~??と食指が伸びては萎えを繰り返したCROCSですがついに我が手元にやってきました。
食指が萎える原因は、
①あまりに安っぽい質感&デザイン
②便所スリッパに¥3000~はちょっと・・・
③ラムゼス買った(^^;
と言うところだったんですが、仕事場の履物で油足が災いし異臭騒ぎが起きそうだったので、
①匂いが付かない(付いても簡単に洗える)
②履き心地よさげ
と言う理由を首根っこに縛り付けて買って来ました。

当初は「ビーチ」にしようかと思っていたのですが、仕事柄油やいろいろな粘液?が付く可能性もあるため
クロースドタイプのエンデバーにしました。昔はアスペンって言っていたような・・って改名したのね。

早速履いて歩き回っているのですが、期待した履き心地はまぁまぁ。やっぱり絶対的な軽さは魅力です。
サイズ的に微妙でちょっと大きいかな?と思っていたのですが結果から言うとジャストサイズだったと思っています。
履くときはそのまま履け。脱ぐときは手を使わないと脱げない。
触感はプールのマットみたいな高密度スポンジという感じ。
履いていると不思議にフィットしてずれたりということはないみたい。

概ねいい感じのスタートなんですがあと気になるのはその耐久性。
3ヶ月程度でダメになるのならやっぱり考え直さなきゃいけないかな?
素材的にあまり長持ちするとは思えないんだよね。
とくにストラップがそのうちに切れてしまいそう。替え部品があるから替えればいいんだけどね。
ちなみに会社で履いているビルケンのスーパーノッピーははや8年くらい履いているがいまだに現役。
実用品としてこれくらいの耐久性が欲しいところ。やっぱり無理か?(^^;

|

« December 2006 | Main | February 2007 »