« バーバリアンのロンTを買いました。 | Main | 間違いだらけの車選び(フライング版) »

February 20, 2006

「キノの旅」を読んでます。

kino

「キノの旅」をDVDで見てからなかなかに面白いので小説にも手を伸ばしてみました。

作者の時雨沢 恵一さんはこの本に会うまでまったく知らなかったんだけどライトノベル界ではそこそこに有名な人らしい。
と言う前にライトノベルとはなんぞや?

はてなDiary曰く
「Juvenileとも言われる。少年・少女でも読み易いよう、比較的軽めの文体で書かれている。ジャンルとしてはSF・ファンタジー・ミステリ・恋愛が多い。」
らしい。う~んよくわからん・・?

確かに「キノの旅」は短編の読みきり形式なので軽く読みやすいとは思うが、世界観はそれなりに複雑みたいだ。
都市国家が林立する世界を旅する少女とモトラド(バイク。なぜかしゃべる)のお話だ。

個人的にこのような一種独特な世界観を持つ作品は好きなので、まんまと術中にはまったと言うところだが1冊あたり1時間程度で読める軽さはありがたい。
最近弱ってきたのか宮部みゆき程度でも読むのに覚悟がいるようになってしまった。
京極夏彦なんか興味はあれどあの分厚い本を前にすると手が出ない。

話は「キノの旅」に戻るが、1巻を読んだ限りではそれほど話に深みは感じられなかった。
どうもシズと陸は後々また出てきそうだが、個人的に読みきりというスタイルをとっている以上、主人公以外のキャラクターを再登場させるやり方はあまり好きではない。
結局最初から読んでいかなくてはならないからだ。

いづれにしても今日2巻目を買ってきて読んでいる。
全9巻らしいからそのうちに全部読み終えるだろう。

ところどころに出てくる詩的な表現は本作の特徴であるがそれほど心に響くとも思えず、やはり中高生向きの作品なのかな?
と思ったりもする。

なんていいながらしっかりはまってしまっている自分がいるのだが・・・

|

« バーバリアンのロンTを買いました。 | Main | 間違いだらけの車選び(フライング版) »