« マリア様が見てる第一期を見ました。 | Main | ホリエモン逮捕! »

January 21, 2006

コニカミノルタのカメラ事業からの撤退について

何の気なしにネットを見ていたら衝撃のニュースが流れてきました。

コニカミノルタのカメラ事業からの撤退です。

つい何ヶ月か前に撤退は誤報と誤記を荒げた社長の下の根も乾かぬうちの発表に愕然としています。

コニカミノルタ(当事はミノルタ)との付き合いは高校生の頃にさかのぼります。
学校の写真部になぜか入れさせられた私が選んだカメラがミノルタのα7000だったのです。
当事ミノルタといえばAFの先駆者としてキャノン、ニコンを相手にがっぷり四つの戦いをしていました。
その中でも先進性やレンズの描写などミノルタには魅せられるものが多かったのです。

就職ししばらく写真から離れていたのですが娘が生まれたのを機にカメラを買おうと思い立ちツァイスレンズに惹かれてCONTAXをしばらく使っていたのですが、デジへの以降を機に再びコニカミノルタに戻ってきたのでした。

今ではキャノン>>>ニコン>>>>オリンパス>>ペンタックス、コニカミノルタと言う感じですが、それでもボディ内手ぶれ補正など、技術志向の強いカメラ作りは健在でシェア云々はおいてもαSweetD を選択したのでした。

直後に写真事業の縮小が発表され嫌な感じはしたものの、デジ一眼では好調なこと。2006年にはSONYからαマウントデジ一が発表されることなど明るい話題もいくつかありました。
出来ることならと明るい未来を考えていた。SONYからはビデオカメラの技術を応用した高性能のボディ、そしてカールツァイスの交換レンズ群が発表され、ミノルタのレンズとあるところでは補完しまたあるところではライバルとして切磋琢磨する。結果としてSONYの参入を機にAマウントでキャノンに伍するシェアを取る。

それもすべて水泡に帰してしまいました。

現在のところSONYはハイエンド志向はないとのこと。つまり高級レンズ群の発表ももはや期待できません。
Aマウントの交換レンズは安価なタムロンOEMばかりとなり、高級レンズは中古市場でしか手に入らなくなる。
しかもそのレンズはデジタル対応ではないのだ。

一方にニコン、キヤノン、オリンパスはデジタル対応の新レンズは次々と発表する。
サードパーティーももはや魅力ないボディ(低シェア)に積極的に新レンズは投入せずでたとしても後回しになる。

デジ一の最大の特徴はレンズを交換できるところだ。
その交換レンズに魅力がないとしたら?

この状態でSONYのデジ一を欲しいと思うだろうか?

だからといってαSweetDを手放そうとは思わない。
しかしレンズの購入熱は一気に冷めた。

よっぽどの出物がなければ手は出さないだろう。

CONTAXの撤退は悲しかった。あの思いをこんな短期間に二度も経験することになるなんて・・・

願わくばSONYのボディが好評を博し、ハイエンド志向の製品も発表されそれに伴いレンズ群も充実していく。
旧コニカミノルタの技術者とSONYの技術者が上手く融合しよりよい製品を作っていって欲しい。

|

« マリア様が見てる第一期を見ました。 | Main | ホリエモン逮捕! »