« 「世界の中心で、愛をさけぶ」を観ました。 | Main | デジ一物欲コンボ地獄変 »

October 22, 2005

コンタクトレンズを新調しました(メニコンZ)

何年かぶりか忘れたが(多分5年ぶりくらい)コンタクトレンズを新調した。

前の奴に別に不満もないのだけれどハードレンズの寿命は2~3年だとか言うのを聞くとやはり更新時期なのかなと。

前は(多分)東レのやわらかハード(このネーミングて矛盾してないか?)とか言うのを使っていたんだけど、コンタクトレンズ界の巨人メニコンのを一度使ってみたくメニコンZにしてみた。なんでもメニコンが相当の意気込みで作った一品だとか。そう言うのに弱いんだよね。

メニコンZの売りの一番大きなところは「DK値250」だが、これがかなりいい加減なことは様々なHPから読み取ることができた。もちろん買った後だったのでアフターカーニバルだ。

実際に手にとって見るとデカイ!実寸ももちろんデカイのだけど今まで使ってた奴に比べても明らかにデカイ。
眼科のナースさん?に「サイズが大きいし重いレンズなので人によっては違和感が出ます」と言われたのにもメゲずメニコンZにしてみた。

装着時は確かに違和感を感じたものの、シードに比べて明らかに大きい感じはしないしまぁいいかと。
じっさい2~3時間付けただけで最初感じた違和感はなくなった。
さすが順応性の高い我がボディだ。

サイズがデカイのはレンズの安定性を高める。何のことかわからなかったが実際に付けてみるとよくわかった。
コンタクトレンズは視線を動かすとレンズが一瞬遅れて付いて来るのだけれどメニコンZはその遅れがほとんどない。
これはとてもいいところだ。

保守薬品は初回分がサービスでついてきたが今までのも使いまわしていいとのことなのでそうすることに。

ちなみに嫁も一緒に新調し彼女はシードのS-1にしたのだけれどどちらのレンズもコーティングが施してあって、汚れなどを防止するらしい。
ゆえに研磨剤入りの薬品はご法度なのだそうだ。

とりあえず一日付けてみた感じでは上手く付き合っていけそうだ。

しかしこのメニコンZが1枚¥7200。確か定価は一枚¥30000位するはずでそれを考えると7割引以上のプライスだ。
嫁と二人分で支払額は3万円程度だった。

コンタクトと言うと高級品と言う意識があったがいつの間にかずいぶん安くなった物だ。

|

« 「世界の中心で、愛をさけぶ」を観ました。 | Main | デジ一物欲コンボ地獄変 »