« コンタクトレンズを新調しました(メニコンZ) | Main | αSweetDigitalをゲッチュウしました。 »

October 30, 2005

デジ一物欲コンボ地獄変

なんだかんだ言いつつ見送ってきたデジ一眼だが、ついに買ってしまいそうだ。
というより買う!もう決めたもんね。

お目当ての機種はαSweetDigital。
コニカミノルタ(この名前は何とかならんのか・・・)のデジ一だ。

実は今をさかのぼること20年くらい前にはじめて買った一眼レフはミノルタのα7000だった。
この機種はカメラ業界に「αショック」なるものを巻き起こし、下位メーカーだったミノルタを一躍一眼レフ界のトップシェアに押し上げた。

当時やれF1だ、F3だと騒いでいたのを横目にミノルタの先進的な姿勢に大いに感銘を受けた。

と言うわけでミノルタには憎からぬ思いをずっと持ってたんだけど、αシリーズもすっかりニコンFや、キヤノンEOSに押されてミノルタももとの下位メーカーに戻ってしまった。
オリンパスやペンタックス、ブランド自体が消滅したコンタックスよりはましかもしれないけど。

キヤノンD30から始まり、EOSKissDでブレイクしたデジ一にもミノルタはなかなか参戦せず「先進的イメージ」ももはや過去のものか・・・と思っていたが、昨年α-7Dでアンチシェイクを引っさげてデジ一界に殴りこみ。
やたらボタンの多い操作系などミノルタらしさに溢れたカメラだった。
これが出たときも思わず買いそうになったんだけど、嫁がパナのFZ20を買ったこともあり見送り。

以来悶々とした日々を過ごしていた。

今年に入り他社からもKissDN,D70,D50、istDS、E-300など安価で魅力的な機種が続々と発売され悶々度もボルテージを上げたところにαSweetDigitalの発売。
α-7Dもいいが、嫁が使うことを考えたらやや大きい。また操作系も見るからに複雑そうだ。(実際に使う機能は限定されてるからそうでもないんだろうけどね)
それに比べてαSweetDigitalはターゲットが子供撮りのパパママだけあって、基本的な操作系は簡単(そう)になっている。
サイズも一回り小さく、女性が使っても違和感は少なそうだ。

機能的にもさほど退化した後は見られず、
(ファインダーや外装のコスト削減、連射枚数などを重視する向きにはさほど・・ということはないのかもしれないが)
絵作りでやバッテリー持ちなどは進歩したところも少なくないなどα-7Dに伍する魅力を持っている。
もちろん低めの値段設定も魅力だ。

いろんな頁でαSweetDigitalのサンプルなどを見まくったがさすがは大きなCCD(コンデジに比べてね)だけあって明らかにノイズは少なく美しい絵だ。

レンズはいろいろと考えた挙句、シグマの「AF 18-50/2.8 EX DC」にすることにした。やや値段は張るが2.8通しのF値とパキパキにシャープな画像に魅かれた。
昔はサードパーティーのレンズといえばただの安物というイメージが強かったが、最近ではすっかり実力をあげ純正に負けないと言うか一部では凌駕しているといってもいいものも多いようだ。
おそらくシグマ自体のレンズ販売量と言うのはキヤノン、ニコンを除けば他のカメラメーカー単体よりずっと多いのではないだろうか?
ミノルタもデジ用レンズはどうもタムロンにOEMしているようだし・・それを考えたらシグマのレンズにもそれほど拒絶感は出なかった。

しかし、これを機にまたカメラ物欲地獄に入り込んでしまいそうで少々(かなり)不安だ。

ほかにも50/1.4(1.7)や100ミリクラスのマクロ、望遠ズームなども欲しくて欲しくてたまらないなどといった状況に陥ることはなんだか目に見えてたりする。

次回は実際に買って、使ってみた感想を書いてみたいと思う。

|

« コンタクトレンズを新調しました(メニコンZ) | Main | αSweetDigitalをゲッチュウしました。 »