« White'sのSmokeJumperを買いました。 | Main | KAVUのスローシャツを買いました。 »

October 08, 2005

トニー滝谷を見ました。

すっごいヒマだったんで近所のビデオ屋に行って物色していたところ「トニー滝谷」があったので借りてきた。

「トニー滝谷」は村上春樹原作の小説を映画化したものなんだけど、非常にマニアックな小映画館での公開の割には、監督は市川準だわ音楽はプロフェッサー坂本だわ、主演はイッセーだわ、女優は宮沢りえだわと豪華極まりないつくりになっている。
逆に言うとこの4点(5点か?)以外は何もないといっていいかもしれない。

よく小説を映画化した際に監督の個性やオリジナリティを発揮したせいでずいぶんと原作とイメージが異なってしまいがっかりするが、これはある意味原作どおり。
と言うよりも映画化ではなく映像化と言う感じだ。
あくまでも軸は小説の世界があってそれをいかに映像とするかを考えたようなつくりだと思った。

小劇場公開のタイプ(いわゆるマイナー系)は映画監督がまだ駆け出しやそれに近い立場と言うこともあり、いかに自分のオリジナリティを出すかに腐心しているように思えるがこの作品は監督に市川準をすえたことで小説本位の作品作りが可能になったのかもしれない。

ただ、それが面白い映画となっているかどうかは別問題で映画の面白さでいえば間違いなく2流、いや3流だろう。

確かにほとんど二人芝居のせいでイッセーも宮沢も抜群に上手い。音楽は映像の邪魔をしない程度に印象的なメロディを続ける。それをまとめるは市川準ということである意味は隙はない。
しかし、おもしろくない。まるで小説のプロモーションビデオを見せられているようだ。

と文句ばかり書いたが宮沢りえはやっぱりイイ!10代後半の時も美しかったが今の美しさはまさに神々しいばかりだ。
銀幕の妖精はオードリー・ヘップバーンだがまさに妖精を思わせる。

服をたくさん買ってもいいから自分も結婚したいくらいだ(^^;

|

« White'sのSmokeJumperを買いました。 | Main | KAVUのスローシャツを買いました。 »