« フィッシング詐欺メールが来ました。 | Main | モールトン帰る »

July 10, 2005

Thinkpad R32が出戻ってきました。

ニューマシンT40pを横目に妹にプレゼントされたR32が早々に戻ってきた。電話によると「なんかわからんエラー出て動かなくなった」とのこと。メーカーサポート張りに対応を試みたがネットで見る情報はどれも「死のエラー」何たらで用はハード関係の故障らしい。電話で指示してできるわけもなく、ならば送り返せといったところほんとに送り返されてきた。なぜかはこの中には1万円が同封されてきた。修理代だろうか?

まずはTinkpad必殺のDtoDによる復活を試みたがだめ。しょうがないのでUSBフロッピーから起動ディスクを立ち上げDOSコマンドにてフォーマット(FDISK)を試みるもハードディスク付近からカン!カン!という甲高い声。
要するにHDがご臨終のようだ。

しょうがないのでハードディスク交換を試みた。近所のパソコンショップから日立(旧IBM)の新型HD(5K100シリーズ)を購入してきて早速交換。ステーを流用するのに少々手間取ったが何とか組み付けも終わりWinXpを再インストール。
無事に終了といきたかったがプロダクトIDの入力画面が出た。パソコンの裏にプロダクトIDが打ってあるのでそれを打ち込んだがエラー。やはり会社のCDでインストールを行っているのがだめな様子。

これまた仕方ないのでプロダクトIDがわかっているWin2000をインストールすることにした。
今回は無事に終了。再起動してみるとなんだか妙にアイコンが大きい。
画面のプロパティで確認してみると解像度が640×480になっていた。確かこれはXGAのはずだが・・・?
とおもいながら解像度を変更しようとするが不可能。
どうもドライバーが何にも入っていないらしい。
自慢?のコンボドライブもただのCDドライブになっている。

ドライバ関係は後回しにしてとりあえず一通りの動作を確認してみたが問題はないようだ。
さすがはWin2000Xpに比べても一段と動作が機敏に感じる。

しかし、DtoDによる復活が不可能な場合どうやってリカバリすればいいのだろうか?
一応IBM(レノボ)からリカバリーCDは売ってもらえるようだが、、、
普段からちゃんとバックアップを取っておけということか・・・

ちなみにこの教訓を生かしてT40pには最新式のバックアップソフトであるレスキュー&リカバリーをインストールし早速起動CDと、バックアップを取った。

転んでもただでは起きないのだ(^^;

|

« フィッシング詐欺メールが来ました。 | Main | モールトン帰る »