« 韓国政府への懸念 | Main | ふるさと銀河線廃止 »

March 26, 2005

サッカー(日本ーイラン戦)

サッカーワールドカップ2次予選。
個人的に前半戦の山場だと思っていた日本ーイラン(テヘラン)が終わった。

実はそれほどサッカーファンというわけでもなく代表の誰はどこのチームで今期こんな活躍をしている。
なんて知識はほとんど皆無。
なのに日本代表の試合だけは他のどんなスポーツよりもドキドキする。
何でだろ?

ところで試合なんですが、
結果は1-2。
内容は数字以上の差だったような気がする。

日本も決して悪くはなかった。
ただ最大の雄敵であるイラン戦しかもアウェイでのゲームにやや飲まれた感がする。
1対1では分が悪く、なおかつ組織での戦いに持ち込めなかった。
さらにいえば一部の選手(火事さんとか)は1対1にビビっていたようにも見えた。
スペースがあるのにすぐ横の選手(斧さんとかね)にパス出したり、、、

日本っておかしな国でホームでのメリットがあんまりないというかホームでもアウェイでもあんまり成績が変わらないような気がする。
ともすればホームの方が苦手じゃないかいな?と思うくらいだ。

惜しまれるのは同点に追いついた後、それほど間をおかず追加点を入れられたことだ。
同点の場面では日本に風が吹いていたように見えたが同点狙いにいったわけではないんだろうが、
その後から風向きが急に怪しくなった。
挙句にドフリーにさせての失点。

中田は良かった。小野も良かった。中村俊輔も良かった。
柳沢は思ったより良かった。

高原は、、、う~んどうだろう。

どちらにしても次戦までには間がない。
気持ちを入れ替えてがんばって欲しいものだ。

(追伸)ところでいま韓国ーサウジ戦もやってるんだけどいまんとこサウジの1点リード。
    つい喜んでしまうところに自分の狭量さを感じてしまう今日この頃だ。

|

« 韓国政府への懸念 | Main | ふるさと銀河線廃止 »