« February 2005 | Main | April 2005 »

March 28, 2005

ふるさと銀河線廃止

ふるさと銀河線が廃止されるそうな。

ふるさと銀河線ってのは北海道の帯広と北見を結ぶ鉄道でもともと国鉄網走本線だったものが池北線(池田町ー北見だからか?)に名称変更した後、国鉄が分割民営化(懐かしいフレーズだなぁ、、)後廃線となるところを地方自治体が大3セクターを建てて運営している鉄道だ。

もともと第3セクターってのは好きではなくて官と民のいいとこ取りなんていわれるがどっちかと言うと悪いとこ取りのほうが多いと思う。だいたい国鉄が廃止と決めたのも大赤字だったからなんだけどそれを第3セクターにしたからといっていきなり黒字になるはずも無く。序盤こそ者珍しさから乗客も多かったが周囲の過疎化をはるかに越えるペースで乗客が減り恒常的に赤字を垂れ流すようになった。
公共交通というのは文字通り公共サービスの面もあるから単純にコストだけで云々と言うものでもないのだけれど近年の財政悪化でそうも言っていられなくなったということなんだろう。

ちなみに赤字額は年4億と言うこと。設備の老朽化も廃止に傾いた一因らしい。そもそも第3セクターによる運営も悪名高き鈴木ムネオさんの意向がかなり強く働いたということで、ムネオ色一掃に燃える自民党からすれば時間の問題だったのだろう。
地域の皆さんも廃止がイヤならみんなして使うとかボランティアで恒常的な費用の一端を担うとかいろいろやり方はあるのだろうけど。傍からは結局は国や道といったお役所頼みに終始したように見える。
仮にも1市6町が関係しているのだろうから赤字の補填だって短期的にはなんともならない額でもないように思える。

鉄道網の維持と言う観点からも安易な廃止には反対だ。もっと削らなければならないところがあると思うから。

①本体の恒常的な赤字
②設備老朽化に伴う更新費用
③ムネオ色一掃
④地域の皆さんの不足

これだけの要因が重なれば廃止も致し方ないのかもしれない。

今の日本の状況を見ていると今後地方での鉄道建設は不可能なようにも思える。
せっかくつくったものを安易に廃止するのいかにももったいないと思えるのだが,,、

|

March 26, 2005

サッカー(日本ーイラン戦)

サッカーワールドカップ2次予選。
個人的に前半戦の山場だと思っていた日本ーイラン(テヘラン)が終わった。

実はそれほどサッカーファンというわけでもなく代表の誰はどこのチームで今期こんな活躍をしている。
なんて知識はほとんど皆無。
なのに日本代表の試合だけは他のどんなスポーツよりもドキドキする。
何でだろ?

ところで試合なんですが、
結果は1-2。
内容は数字以上の差だったような気がする。

日本も決して悪くはなかった。
ただ最大の雄敵であるイラン戦しかもアウェイでのゲームにやや飲まれた感がする。
1対1では分が悪く、なおかつ組織での戦いに持ち込めなかった。
さらにいえば一部の選手(火事さんとか)は1対1にビビっていたようにも見えた。
スペースがあるのにすぐ横の選手(斧さんとかね)にパス出したり、、、

日本っておかしな国でホームでのメリットがあんまりないというかホームでもアウェイでもあんまり成績が変わらないような気がする。
ともすればホームの方が苦手じゃないかいな?と思うくらいだ。

惜しまれるのは同点に追いついた後、それほど間をおかず追加点を入れられたことだ。
同点の場面では日本に風が吹いていたように見えたが同点狙いにいったわけではないんだろうが、
その後から風向きが急に怪しくなった。
挙句にドフリーにさせての失点。

中田は良かった。小野も良かった。中村俊輔も良かった。
柳沢は思ったより良かった。

高原は、、、う~んどうだろう。

どちらにしても次戦までには間がない。
気持ちを入れ替えてがんばって欲しいものだ。

(追伸)ところでいま韓国ーサウジ戦もやってるんだけどいまんとこサウジの1点リード。
    つい喜んでしまうところに自分の狭量さを感じてしまう今日この頃だ。

|

March 24, 2005

韓国政府への懸念

韓国の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が対日批判を先鋒に立つようなコメントをHPに掲載した。
韓国や中国の対日批判は今に始まったことではないのだけれど今回の一件はちょっと趣を異にする。
一国の最高権力者の公式な発言という点においてだ。

今までの対日批判は報道官級高くても大臣級の発言がほとんどで国家元首クラス(大統領&国家主席)が公式に批判(しかもかなり強い調子で)
するのは大変まれだ。
近年では訪日時に天皇陛下に詰め寄った(という噂の)江沢民国家主席の一件くらいか?
しかもこれは公式なコメントではなく、会談中の発言だった。

国家元首の発言はすなわちその国家の発言ととられる。
イラクのような政情不安な状態であればまだ発言が翻されても仕方ないといった面もあるが、
少なくとも安定した国家において国家元首の発言は大変に重い。

だからこそ微妙な問題であればあるほど部下(大臣や報道官、官僚など)に発言させることが多い。

近頃の韓国政府は目先の利益(人気)を気にするあまり衆愚政治に落ちている感がある。
(この点では日本も大して変わらないのかもしれないけど)
引っ込みの付かない対日批判、アメリカから中国への同盟の転換示唆など。

韓国は世界的に見ても決して小国ではない。
三星電子やLG電子、現代自動車など世界レベルの企業を有し、GDPレベルでも世界のトップ10に手が届くほどだ。
しかし日本そして中国にはさまれ北朝鮮という問題を控えることでかなりの焦りがあるのではないかと思わせる。

韓国は日本の軍事大国化をことさら喧伝するが、こちらから見ると韓国の民族主義の先鋭化とそれを抑えきれないどころか逆に煽っている韓国政府のほうがよっぽど危なっかしく見えるのだが、、、

|

March 21, 2005

PSX不調。。。

昨夏に購入した初代PSX。SONYの総力をかけた失敗作やらクタラギーにトドメをさしたとか散々な言われようですが、簡便かつ迅速ななインターフェース、ゲームもできるお手軽機能、場所をとらないスタイリッシュなデザインなどなど個人的には大変気にいっております。

友人もPSXユーザーがいるのですが早くもHDDが壊れたとかでコストダウン故かの脆弱性も気になるところ。
幸い我が家のPSXは毎日元気に勤めを果たしてくれていました。

ところが昨日いきなりDVD+RWに追記ができなくなってしまいました。
どうもメニューを作成するところでダメらしくメニュー作成画面の一定箇所で止まってしまったり、うまく行ってもその後メニュー作成に失敗しました旨のメッセージが出てしまうなどなど。
早くもソニタイマー発動かぁ!?と色めきたちましたがとりあえず冷静になって再チャレンジ。

我が家では娘のお気に入りを編集→DVD+RWに追記していき貯まったらDVD-Rにコピーする。+RWは再フォーマットしてまた使う。と言うのを繰り返していました。

何度やってもダメなのでサポートに電話したところ電源を抜いてしばし待てとの返事。
「そんなんで直るかぁ!!」
と思いつつ、DVD+RWを今のままでコピーをかけ、再フォーマットしてみたら無事使える様になりました。


とりあえずこのまま使ってみようかとは思っていますが機器の操作が苦手な人はこの段階でアウトだよなぁ・・・
との思いを強くしました。

まだまだ家電になるにはちょっと早すぎるのかなぁ?

|

March 19, 2005

日韓関係について

あんまり政治的なことは言いたくないのだけれど、最近イヤに順調に見えた日韓関係が急激に悪化している。
原因は2点、教科書問題と竹島問題だ。

それほど主義主張に偏ってない(と思っている)私だが、どちらも取るに足らない問題のように思える。

教科書問題については国定教科書ではなくあくまでもさまざまに作成される教科書の一冊であり、それを採用するかどうかは地域の教育委員会にかかっている。
基本的に大筋をはずしていなければ検定は通る(ものらしい)。
自虐的というより太平洋戦争の付近を意図的に隠している教科書が多いなか「新しい歴史教科書をつくる会」の教科書は良くも悪くもユニークなものだ。
自国の歴史を美化しすぎと言うきらいはあるがあの程度の美化はそれほど特異なものでもない様に思う。
もちろん手を挙げて賛成と言うわけではない。読んで見てもいいかなと思うという程度だ。
国定教科書であからさまな反日教育をする韓国や中国とははっきり違う。

竹島問題にいたっては、地方議会が「竹島の日」を採択したからといって即自衛隊が急襲するわけでもなく、ただの示威(自慰)行為だ。
だいいち領土紛争でお互い棚上げで合意した地域に一方的に軍隊を派遣し占領するというのが果たして友好を目指すやり方なのか?
逆のことを日本がやったらいったいどうするのか?
自分の意見に自信があるのなら国際司法裁判所に判断をゆだねればいいのに。

より問題は韓国とくにマスコミの激しかただろう。
ことあるごとに韓国マスコミは激しく怒り、憤り反日ブームを巻き起こす。
もちろん一般市民も似たようなところはあるがどちらかというとマスコミ(&政府)に扇動されているように思える。

日本の報道を見ていると問題に対してというより問題を受けた韓国(マスコミ)の怒りを伝える報道が多い。

これを見て疑問に思うのは本当に韓国の一般市民がこれほどの怒りにつつまれているのかと言うこと。
もちろん多くは面白くないと思っているかもしれない。(扇動された結果としても)

しかしソウルへ行けば日本人観光客があふれ愛想を振りまく店員がいる。日本のヒット曲を聴く若者がいる。
日本のテレビにも多くの韓流タレントが出て笑顔を振りまく。

ずいぶん時代も変わったものだと思うが、結局変わってないのはインテリと称するマスコミとそれを利用する政府だけではないのか?

日本批判一色の韓国マスコミでもさすがに行き過ぎだと思ったのか、中央日報のように鎮静化を図る主張を載せるところも出てきた。
そろそろ頭の血を下げて冷静に対処して欲しいところだ。
(なんかどっかの首相みたいだ(^^;)

|

March 18, 2005

ロト6はずれました(TT)

ギャンブルは致命的に才能がないので今はほとんどやらない。なんだけど唯一やっているのがロト6だ。好きな番号が選べること、賞金がでかいことなどが気にいっているところ。これをやりだしてからジャンボも買わなくなった。年間の投資金額は以前と変わらないだろうと思う(もしかしたら下がってるかも?)

毎週一口買いなんでなかなか当選には縁がないんだけど10口買っても1口でも当たるときは当たるし当たらない時は当たらないと思っているのでこれでいいと思っている。もちろん確率論的な話をすればたくさん買ったほうがより当たり易いというのはわかっているんだけどそもそもが天文学的な確率なんで実質は大差ないのではないか?

毎回だいたい3~4口の一等がでているんだけど出ないときもありキャリーオーバーで次回の抽選に回される。

今回(第230回)の結果を見て驚いた。
一等が167口も出てるからだ。
通常の口数からいえば考えられない数字。

可能性からいえば5つ。
①適当にばらけた数字だったので本当に167口当たりが出た。
②どこかの予想サイトもしくは雑誌・新聞の予想がずばり的中した。
③誰か特定の人間が相当口数一気買いした。
④すべてが八百長で何らかの原因で当たり番号が事前に漏れた。
⑤当局の発表ミス

個人的には②か④が怪しいとにらんでいるのだが、、、?(^^;
①だとすれば確率論的に可能性が低いし、③だとするとあたり口数で賞金が変動するロト6の特徴を考えれば一気買いのメリットが薄い。
⑤は、、意外とあるかも?

4の陰謀論はどこの世界でもある話なんだけど競馬の世界などでは良く囁かれている事だ。
曰く完全実力の世界のはずなのに潰れた厩舎がないのはおかしいなどなど、、

その当たりのことは良くわからないが個人的な感想を言わせてもらえば、競馬会に八百長は少なからずあると思っている。
私の周りには競馬を嗜む人間は多いがほとんどは収支マイナスだ。
その中で数人の黒字収支の人間がいるのだけれどこれらはすべてサイン競馬をやっている人たちなのだ。

サイン競馬ってのは競馬はすべてが八百長で仕組まれており一部の人に当たり馬券がわかるようにサインが出されているというものだ。
そのサインの見破り方にはいろいろな流儀があるんだけど、名前の似た馬同士が横に並ぶとか、同じ厩舎の馬にはさまれた馬とかいろいろ、、

根拠はないが結果だけを見ると血統でも、データでもなくサインで馬券を買っている人間が勝っているというのは彼らの理論の正しさを証明しているような気がする。

今回のロト6もしも④だったら今後買う気なくなるなぁ。。。しかし。

|

March 15, 2005

ジンギスカン食べに行きました。

東京から客人が来たのでジンギスカン食べに行ってきました。

もともと北海道の人は焼肉というとジンギスカンらしいのですが、転勤族の私にしてみれば他所から客が来た時にしかなかなか食べに行くことはありません。
まず家で食べないからね。
ちなみにカニも客が来た時にしか食べに行きません。

おみせは「のざわ」というところなんですが、生ラムのジンギスカンで一部では有名なところらしくいつも込んでいます。
非常にチープなつくりで室内は煙もうもう。
帰る頃には体の芯までジンギスカン臭が染み付きなかなか取れません。

なるべくいい服は着て行きたくない店の筆頭です。

お味はというとなかなかおいしく、ラム肉は臭みも無くやわらかい。
しょうゆベースのたれはさっぱりしていてなかなか飽きさせません。
ちなみにラム肉は一人前630円かな?
野郎だと3~4人前はたべる。食べ盛りならもっと食べるかな?
ここは他にメニューがないのでひたすらジンギスカンを食します。
(飲み物はいろいろあるけど食べ物がジンギスカン系(肉&野菜)しかない)

時には鹿肉とか珍しいものもあるんだけど今日は残念ながらラム肉オンリーでした。

サッポロビール園もあれはあれで美味しいんだけど(ビールうまいし)
やっぱり美味しい度でいえばここかなぁ?

ちなみに「札幌ジンギスカン本店」という名前はでかいが店は小さいという謎の店もあるがここはかなりうまいと思う。
一番有名どころである「だるま」は未だに行ったことなし。転勤する前に一度行ってみたい。

|

March 14, 2005

シーマン終わりました。

シーマンがとりあえずエンディングを迎えました。

シーマンの最後の挨拶を聞いて涙。

去り行くシーマンの姿を見てまた涙。

まんまと製作者の術中にはまった気分です。

またやるかというと疑問ですが、続編がでたらまたやってみたいと思いました。

|

March 10, 2005

罪と馬鹿

先日、某人事発表に見知った名前を見つけた。
昔、世話になった先輩だった。今は10年来の希望が通り故郷で仕事に励んでいるはずだが、、、、
発表の日時から考えても早すぎる本部への異動。
最初に見たときは要因構成の変化による一時的な措置だろうと思った。

ところが、今日飛び込んできた情報によるとその先輩は同僚の財布から金をくすねていたらしいとのことだった。
くすねるところがばっちしビデオカメラに映っていたらしい。

かつてこの先輩と同じ職場で働いていた頃、現金の紛失という不祥事が職場でたびたび起こっていた。
夜勤のある職場ということで机の引き出しに財布を入れていると数千円~抜かれるというものだった。
私は漠然と深夜巡回している警備員、もしくは早朝掃除に入る清掃員の仕業であろうと思っていた。

証拠も無かったので財布を鍵付きの引き出しに入れるなどの当たり前の処置で対応することになったが
同僚よりも業務委託先の職員である彼らに疑いの目を向けていた。

結果飛び込んできたのはこのニュースだった。

不景気なこのご時世にもかかわらずうちは結構恵まれた処遇を得ている。
その中でこの犯罪。

警察に突き出されることはないだろうが、一身上の理由により依願退社という道のりを歩むのだろうか。

まじめに勤め上げていれば生涯賃金で億という金も手に入れられたのに、全部パー。

まったく馬鹿なことをしたとの言葉以外にない気持ちだ。

ニュースで犯罪のことを見るたびに「一生刑務所にぶち込んでやればいいのに」などと思ってしまうが、
自分の身内(血縁ではないけどね)が犯罪に手を染めたとあっては寛大な処置を願うばかりだ。
まったく身勝手なものだ。

多分この先輩は会社に身をおくことはできないだろう。
しかし、これからのイバラの道を力強く歩いていってほしい。

嫌いではあったが恩義を感じる後輩の言葉としてこれくらいしか思い浮かばなかった。

|

March 09, 2005

あずみ2を観てきました。

試写会の券が当たったので「あずみ2 death or love」(なんちゅうサブタイトル・・)を見てきました。
こんなことでもなければおそらく死ぬまで見ることはないであろう映画。今回はパート2ですがもちろんパート1は見ていません。
原作が小山ゆう「(がんばれ元気」の人)の漫画ということ主演がアヒル顔の上戸あやというくらいが前知識。
素直な気持ちで映画に臨めるのはいいかもしれない。

上映時間は1時間52分。まぁそんなモンでしょ。
特に長くも短くも感じなかった。

以下、ネタバレなんで見たくない人は見ないように。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

結論をいうと、
企画:まぁまぁ
脚本:ありえない(漫画のようって漫画なんだけど)
主演:へたくそ
助演の人々:まぁまぁ
その他:なんとなく殺陣のシーンがキルビルを連想させた。

というわけなんですが総じて見ると並みのレベルという感じ。
脚本と主演の台詞回しが痛恨の一撃という感じなんですが、ダメならダメな割りに見せてくれるというかまとまっているような気がしました。

上戸あやの演技に期待してたんですが(ほかにもいろいろ主演張ってるし、、)思いのほか見事な大根振りでした。
黙って刀を振り回しているシーンはキルビルみたいであれはあれでOKかと。
演技は下手だが表情がいいというか目に力を感じる。そうでもなければいくらなんでも主演は張れないか。

殺伐としたシチュエーションに無理やり色恋沙汰を付け加えているのがイマイチかなぁ?
それ以外にも脚本がやっぱりありえないレベルでせっかく入れた色恋沙汰も良くわかんないうちに尻すぼみだし、
盛んに出てくる「使命」とやらもそれほど重いものとも思えない。
逆に敵方の栗山ちゃんの「使命」の方がリアルさを感じるくらい。
栗山ちゃんの殺陣っぷりもキルビルを連想させる一因かな?

弓や鉄砲があるにもかかわらず最初に白兵戦に突っ込むとか(ガチャガチャの乱戦になった後鉄砲隊や弓矢隊が撃ちまくる。味方に当たるとか考えるだろう普通、、、)
崖から落ちても平気とか8歩以上では弓矢を見切ることができるのでその中から弓を撃つのだがわざわざ声をかけてから撃つとか。
ぼろぼろだった衣装だったのが忽然と正装?して現れるとか、もう突っ込みどころは満載。
わざとやってるとしか思えないレベルだ。

原作の漫画は読んだ事ないのだけれど、ほんとにこんな話なのか逆に気になって仕方がない。
小山ゆうだけに意外とこのままの話の可能性だって捨てきれないが、今度ぜひ読んでみようと思う。


|

March 06, 2005

アルスラーン戦記(田中芳樹)を読んで

田中芳樹とであったのは高校生の頃か?既に銀河英雄伝説は完結していて先輩の部屋にあったのを一気読みした覚えがある。ほどなくして出た「マヴァール年代記」「創竜伝」「タイタニア」などスケールの大きさとシリアスな中にもコミカルさを忘れない作風に大いに好意を感じた。

その作品群にあって銀河英雄伝説に続く対策シリーズとして開始されたのが「アルスラーン戦記」--中世ペルシアによく似た異世界の英雄物語――。の通りというか思い切り舞台はペルシア今でいうイランあたりだろうか?
出生に謎持つ王子が無類の強さを誇る騎士と知略を誇る軍師兼宮廷画家その他の多彩な部下に支えられ国の再建と伝説の蛇王との戦いに挑むーーという感じだろうか?

スタートを調べてみると1986年というからおよそ20年も前の話なのか,,,(^^;

何度かの中断を経て出版社も角川から光文社に変わりようやく今年新刊が出るらしい。

すっかり話を忘れていたので最新刊である 「妖雲群行」を古本屋でゲットしてきた。
巻末に長い間中断していたがなんとか20世紀のうちに新刊を出すことが出来た云々などと書いているが結局それから6年たった今でも新巻がでていないのはある意味笑える。
途中でだいぶん中身を思い出したが1冊をだいたい2時間ほどで読み終えた。赤川次郎並にあっという間に読める作品だ。

正直に言って10年ほど前の作品からは作者の才能の枯渇を顕著に感じることができる。とは言って全部読んでいるわけではないので最近熱が入っている(様に見える)古代中国ものなどを読むと面白いのかもしれないが、少なくとも「アルスラーン戦記」「創竜伝」という作者の2大作に関しては作者が興味(または執筆意欲)を失ったのか初期に比べるとずいぶんテンションが落ちたように思える。

ちなみに対策の合間にちょい書きしていたのを本にした「薬師寺警視」シリーズも人気が出るにつれだんだんつまらなくなってきたように思う。最新刊はまだ読んでいない。ノベルにしては定価も高めだ。

才能は枯渇しようともテクニックで読ませてもらえば一読者としてはまぁ満足なんだけど、近頃(というかここ10年ほど)やたら政治風刺をしたがるふしがあって読んでいて正直げんなりとする。

読者が求めているものが決して陳腐な社会風刺でない事をわかって欲しいものだ。

今年中には「アルスラーン戦記」の新巻が出るというかなり期待はしていないが多分買って読むだろう。
20年来のファンにあまり失望させないで欲しい。

|

March 02, 2005

知的でメンタルな大人の遊び?

会社に入る前はかなりの貧乏生活を強いられてきたが(いっときのアルバイト三昧の日々をのぞく)、就職してからは金銭的にも余裕が出てきたことやそういうのが好きな職場だったことからやたら飲みに行く回数が増えた。おそらく1週間に6回くらいは飲みに行っていた。もちろん家でも飲んでいたので文字通り休肝日と言うのは皆無だった。

ただ居酒屋に行って帰るんだったら金銭的にもたいしたことはないが(あるか?)やっぱり若さゆえというかおねぇちゃんのいる飲み屋に行くことも多かった。おそらく3年で1000万は使ったような気がする。いや、もっとかな?衣食住には基本的に金のかからない寮暮らしだったにも関わらず貯金がほっとんどなかったことを考えればもっと使ってるかもしれない。

ちなみに一晩の最高使用金額は20万ほどだったと思う。(30万だったかも?)

それだけ遊び倒して得られたものは少なかったがそれまで女性と会話することがテンで苦手だった私もそれなりにトークすることができるようになった。曲りなりも嫁さんをゲットできたのはこの成果の賜物だろう。結婚が正解だったかは別にしてね(^^;

今はすっかり飲みに行くことも減ってしまったがたまにおねぇさんのいる飲み屋に行ってもそんなに楽しくなくなった。やっぱりああいうところはこのおねぇちゃんに如何にして口説き落としてやろうかと深謀遠慮するのが楽しいのだろう。先輩が「キャバクラ遊びは知的でメンタルな大人の遊びだ!」と言っていたがかかる金額を考えてもそれなりに正解だったような気がする。

今、ここ札幌では東京では考えられないくらいリーズナブルかつレベルが高い。きっと独身で来てたらさぞや楽しかったんだろうなとも思うがやっぱりないものねだりなんだろうか?

|

« February 2005 | Main | April 2005 »