« ジンギスカン食べに行きました。 | Main | 日韓関係について »

March 18, 2005

ロト6はずれました(TT)

ギャンブルは致命的に才能がないので今はほとんどやらない。なんだけど唯一やっているのがロト6だ。好きな番号が選べること、賞金がでかいことなどが気にいっているところ。これをやりだしてからジャンボも買わなくなった。年間の投資金額は以前と変わらないだろうと思う(もしかしたら下がってるかも?)

毎週一口買いなんでなかなか当選には縁がないんだけど10口買っても1口でも当たるときは当たるし当たらない時は当たらないと思っているのでこれでいいと思っている。もちろん確率論的な話をすればたくさん買ったほうがより当たり易いというのはわかっているんだけどそもそもが天文学的な確率なんで実質は大差ないのではないか?

毎回だいたい3~4口の一等がでているんだけど出ないときもありキャリーオーバーで次回の抽選に回される。

今回(第230回)の結果を見て驚いた。
一等が167口も出てるからだ。
通常の口数からいえば考えられない数字。

可能性からいえば5つ。
①適当にばらけた数字だったので本当に167口当たりが出た。
②どこかの予想サイトもしくは雑誌・新聞の予想がずばり的中した。
③誰か特定の人間が相当口数一気買いした。
④すべてが八百長で何らかの原因で当たり番号が事前に漏れた。
⑤当局の発表ミス

個人的には②か④が怪しいとにらんでいるのだが、、、?(^^;
①だとすれば確率論的に可能性が低いし、③だとするとあたり口数で賞金が変動するロト6の特徴を考えれば一気買いのメリットが薄い。
⑤は、、意外とあるかも?

4の陰謀論はどこの世界でもある話なんだけど競馬の世界などでは良く囁かれている事だ。
曰く完全実力の世界のはずなのに潰れた厩舎がないのはおかしいなどなど、、

その当たりのことは良くわからないが個人的な感想を言わせてもらえば、競馬会に八百長は少なからずあると思っている。
私の周りには競馬を嗜む人間は多いがほとんどは収支マイナスだ。
その中で数人の黒字収支の人間がいるのだけれどこれらはすべてサイン競馬をやっている人たちなのだ。

サイン競馬ってのは競馬はすべてが八百長で仕組まれており一部の人に当たり馬券がわかるようにサインが出されているというものだ。
そのサインの見破り方にはいろいろな流儀があるんだけど、名前の似た馬同士が横に並ぶとか、同じ厩舎の馬にはさまれた馬とかいろいろ、、

根拠はないが結果だけを見ると血統でも、データでもなくサインで馬券を買っている人間が勝っているというのは彼らの理論の正しさを証明しているような気がする。

今回のロト6もしも④だったら今後買う気なくなるなぁ。。。しかし。

|

« ジンギスカン食べに行きました。 | Main | 日韓関係について »