« 夢の話 | Main | ルサンチマンを読んで »

February 22, 2005

嫁の防寒靴を買いに行った。

既に季節は春の訪れをまじかに控えているが、ここ札幌ではまだまだ雪景色だ。私が今シーズン買ったノースフェイスの防寒靴を嫁がたいそう羨ましがっていたので嫁にも一足買ってやることにした。しかし雪景色のさなかとはいえやはりここもお店は春物に切り替えが進んでいて防寒靴なんぞほとんど置いていない。ましてや嫁の欲しがっている靴なんぞどこにもない。ちなみに私が買ったのもシーズンさなかではあったがどこのお店にも在庫がなく郊外のスポーツ店まで行ってしかも定価で買った(@@)。

まぁしかし探してはみるもので何とか希望のサイズ、色を置いてあるお店を見つけさっそく嫁を連れて行った。希望のサイズとはいえ在庫は一足しかないので合わなければそこでゲームオーバーだ。さっそくはいてみた感じはなかなかよさそうだという。ちょっときついというが中綿がへたれてくるといい感じになるのではないかと思いさっそくお買い上げと行こうと思った。

すると嫁が一言。
「ファスナーがあがらない、、、」
このブーツは紐ではなくファスナーで締めるタイプなのだがそのファスナーがしまらないという。

足のサイズは良かったがさしものノースフェイスも嫁の足首の太さまではカバーできなかったらしい。
店員と私自身の失笑に顔をうつむかせながらお店を後にしたのでした、、、

|

« 夢の話 | Main | ルサンチマンを読んで »