« バーボン買って来ました。 | Main | インファーノジャケット »

January 22, 2005

NHK vs 朝日

朝日新聞とNHKのつばぜり合いが面白い。面白いといったら不謹慎か?
要は政治家の圧力で番組改編をしたという内部告発&幹部の証言を元に記事にしたら内部告発は伝聞で幹部はそんなこと言ってないと開き直りましたとさ。
というお話。

普通だったら朝日の誤報かNHKの組織防衛といったところなんだけど、記事の元になった模擬裁判を主催したのが元朝日の編集委員でバリバリの左系のお方で、朝日としてもその模擬裁判を側面援護していた節があること(NHK内にもそのシンパがいるらしい)や、テレビメディアの巨人(&政治家)と新聞業界の重鎮との戦いという様相を呈してきたところが関係ない人達から見たらこの上ない噂の種なのだろう。

真実はどうなのか?パンピーの私には正直和からない。が、あえて推測を言わしてもらえば論点はいくつかある。
①政治家の介入はあったのか?
あっただろうと思われる。NHKの他のお偉いさんも政治家に説明するのは当然と答えている。政治家はみな中立ではなく特に自民党は保守勢力の強いところだ。そこへ模擬とはいえ天皇を裁く趣旨の番組のお伺いを立てれば当然NGをくらうだろう。そしてNGをくらった場合それを押しきることはないだろうと思う。
②元総局長は嘘をついているのか?
圧力があったとは言ってないかもしれないが圧力を感じた旨の発言はしたのではないか?スポンサーの圧力を感じないメディアはないと思うからだ。本来NHKのスポンサーは国民のはずなんだが実際に予算を握っているのは国会であり、与党である。与党のエライさんの発言に圧力を感じるのは当然だ。
③法廷闘争となった場合。
朝日新聞は法廷闘争も辞せず。と強硬な態度をとっているが実際はどうなのだろう?法律は素人だがあえて言わせてもらえば朝日側に不利だろうと考える。なぜなら法廷闘争となった場合、証言の信憑性が争われることになるのだろうが信憑性の元となる録音テープは取材の原則上公開することはまれだからだ。特に今回の場合元総局長は取材の録音を許可しなかったという。その場合仮に無断で録音していたものがあったとしてもそれを公開することは行われないだろう。テロリストや犯罪者のインタビューで司法当局に資料の提出を求められても頑なにニュースソースの秘匿を固持するマスコミなら当然のこと。許可のない録音テープを公開っすることは取材元との信義にかかわる問題になる(子の場合相手側が信義を踏みにじっているのだから公開する可能性もないとはいえないが)
④告発したプロデューサーは?
会見をまに受ければ報道の使命を果たした。と考えるのだが、主催者のシンパである可能性も払拭できない。どっちに転んでもこの人はNHKでの将来を棒に振ったのだから前者であることを願っているのだが、、、

という感じでNHK,朝日双方(特に朝日)にとってここ何十年かに一度の大きな戦いになるだろう。もしこれで負ければ報道の重鎮、第4の権力といわれるマスコミの重要なポストから滑り落ちることになるだろう。NHKはかりに負けても会長以下元総局長と調査を取り仕切ったお偉いさんのクビひとつ飛ばせばすむ問題だが朝日はそうは行かず深刻な読者離れを引き起こす可能性もある。あくまでNHKは官で朝日は民間なのだから。

|

« バーボン買って来ました。 | Main | インファーノジャケット »