« モノの値段 | Main | 電動歯ブラシを買いました。 »

December 05, 2004

Barbourを買いました。

懲りもせずBarbourをヤフオクでゲッチュウしました。Barbourとはなんぞなもし?と言われるムキも多かろうと思うが、いわゆる英国王室御用達衣類ブランドである。あちらでは王室の方々がそれぞれに「愛用してるザマス」と御用達マーク(自分のマーク)をブランドにつけることを許可するシステムになっているらしいのだけれど、Barbourは御用達マークを3つも持ってるとっても由緒正しきブランドである。

で、ここんちはなに造ってるのかというと、主にジャケット・コートのアウター系が有名どころだ。とくにただのコットンジャケットにワックス(オイル)をしみこませて撥水性を持たせたワックスドコットンジャケットが有名。もちろん私もゲッチュウしましたよ昔。なかなかシルエットも美しく野趣あふれる風合い、看板の撥水性もなかなかのモンだった(小雨くらいは問題なし)。個人的にはなかなか気に入っていたんだけれども、嫁&娘の「パパくさい!」の言葉にあえなくサヨナラとなってしまった。

ワックスドコットンジャケットは文字通りワックス(オイル)を生地に染み込ませてあるのだけれどこれがにおう。正直ってかなりにおう。自分は仕事柄オイルの臭いには許容度が高く、このにおいも十分許容範囲だったのだけれど嫁&娘には耐えられない臭いだったらしい。

じゃぁワックスドコットンじゃなきゃいいじゃん!と本末転倒な事を考えゲッチュウしたのがライトウェイトビューフォートジャケットってやつ。ライトウェイトって別に重さが軽いわけでもなく(多少は軽いのかも?)コットンにあらかじめテフロンコーティングを施した生地で要するにいまどきのジャケットだ。デザイン的には往年のビューフォートジャケットを踏襲してるがやや街着になってしまった感はある。もともとのビューフォートジャケットは狩りの時に着たりする服なので背中に獲物を入れるポケットやら付いていたりするんだけど残念ながらこれも省略されてしまった。ファスナーも小さくなってしまったのは残念だ。(ワックスドコットンシリーズはファスナーもでかい)

文句はたれつつも結構気に入っていたので今回ライトウェイトビデイルをゲッチュウすることに相成った。ちなみに色はネイビー(紺色)だ。基本的な造りはライトウェイトビューフォートと同じ。元のビデイルに比べかなり軟派になってしまっている。ビューフォートが狩り用なのに対してビデイルは乗馬用なので丈が短く、腰からしたは裏地も付いていない。背面はダブルベンツになっている。よく似た両者ではあるがビデイルの方が軽快な感がある。

ビューフォートのほうがキャメルカラーだったので、ビデイルはネイビーにしたのだけれど鏡で見てみると高校生が着ているステンカラーコート見たいで少々萎えた(^^;

|

« モノの値段 | Main | 電動歯ブラシを買いました。 »