« 腕時計も好き! | Main | オーディオ趣味 »

November 06, 2004

ユニクロに行って来た。

すっかりビッグになってしまってからあんまりユニクロとは縁がないんだけど、その昔まだ西日本のいちカジュアルウェアチェーンとしてがんばっていたころはよくお世話になった。当時はまだ独自商品の品質がイマイチでワンシーズン着たらおしまいと言われていた(今のはずいぶん良くなったみたいだが)。今でこそ独自商品ばかりの品揃えだが、当時はショットの革ジャンとか扱っていた。さすがユニクロだけあってそのショットの安っぽいこと。。。ほんまに革か?ビニールちゃうんか?と言わずにはおれなかった。最近若人にはショットは十分有名革ジャンメーカーとして認知されているようで「あんなビニルみたいな革どこがいいの?」ときいたら「そうですか?」と聞き返されたのでいまのは革質も良くなったのかもしれない。昔の印象が強くショットというだけで敬遠してしまいよく見てないんだろうな。

ところでそのユニクロで久しぶりに買い物をして見た。ブツは「アウトラスト」を使ったフリースジャケットだ。そういえばユニクロといえば一昔前にフリースで一世を風靡したなぁとつい遠い目をしてしまうのだけど・・。話は戻って正直ユニクロのフリースにあまりいい思い出はないんだけど、なぜに手を出したかというと素材の「アウトラスト」に尽きるわけです。NASAの宇宙服グローブ用の素材として開発され・・・辺りが怪しさ満点で興味を引かれるところですが、暑いときは吸熱、寒くなってくると熱を放出するという素晴らしいハイテク素材でアウトドア関係のウェアではよく使用されています。フリース関係としてはポーラテックに次ぐ採用率ではなかろうか?日本ではフェニックスが結構イチオシしてていろんなウェアに使ってたんだけど、ここのウェアは少々お高いのが難点で手を出したことはなかった。(もっとお高いパタとかアークには手を出しているくせに・・)いずれにしても一着は試してみたいと思っていたところ、なんとユニクロが採用し今年の主力製品に投入すると言うので楽しみにしていた。しかしつい先日にノースフェイスのフリースを買ったばっかりだったのでまたフリースを買うのは・・と躊躇っていたところ、特別セール¥1290!というのを見て、気が付いたらユニクロの袋もって家路についていました(^^;

で、その感想はというと「なかなかいいじゃん!」といったところ。
どこが良いかというと難しいんだけど、「暑くもなく、寒くもなく」というところか。裏地がジャージみたいになってて肌触りがさらっとしているのも高ポイント。内側にもでかいポケットが付いていたりとなかなか細かいところまで気が利いている。
残念ポイントとしては、
①袖口の処理がなってない。ルーズなゴムでも使うかもう少し絞るかしてくれるといいのに。外でも寒風が入ってくると思う。そうなると体感的にも寒いしね。
②ファスナーの上部にはチンガードをつけて欲しかった。わずかな布ですむんだからぜひつけて欲しい。ちなみにノースのバーサエアも付いてなくてつくりの甘さに少々がっかりした。
③出来れば次期製品は立体裁断に・・ないものねだりかも知れないけれど時代はやっぱり立体裁断。フィット感がぜんぜん違うしね。
といったところか?
それほど金がかかる改良ポイントは書いてないつもりだけどどうですかユニクロさん?
立体裁断は金かかるかな?(^^;

しかし、逆に言うとそれ位しか欠点はない(街着としてみた場合ね)。これで定価¥1990はまさに破格。セール時の¥1290にいたっては脱帽ものの値付けだ。
ちなみにノースのバーサエアは定価¥18000と約十倍。素材的にはポーラテックサーマルプロを使い、脇、袖下には伸縮素材を使う、立体裁断でフィット性もいい。など造りの良さはさすがだ(チンガードは付いてないけどね!しつこい?)しかし十倍の差があるかというと正直ないかな・・・?まぁせいぜい三倍と言うところか・・・ということは¥6000かぁ、買値と一緒じゃん(^^;

店頭には置いてなかったんだけど今期のダウンジャケットもかなりいいらしい。一時の勢いがなくなったとうわさされるユニクロだがなかなかどうしてたいしたものだと思った。

|

« 腕時計も好き! | Main | オーディオ趣味 »