« The North Face | Main | 今日の徒然(11/2) »

November 01, 2004

イラク人質殺害

イラクで人質になっていた香田さんが、家族の願いもむなしく遺体で発見された。
今まで日本人は5人の方が人質にとられたが幸い5人とも解放された。まさしく幸いとしかいいようない出来事であり、相手が悪ければ今回のようなことになるというのが改めて知らしめられた。

今回のマスコミ報道を見て、意外と香田さん本人を非難する声が多かったのにちょっと驚いた。政府の対応が必ずしも万全ではなくそのあたりのほうがクローズアップされると思っていたからだ。(別にそれが正しいといってるわけではない)確かに香田さんがイラク入った動機などは不明であり、物見遊山といわれても仕方ない面はあるのかもしれない。それならばいっそ渡航禁止にし、報道、その他業務に携わるものだけ特別にビザを発給すればいいのではないかと思う。閣僚が発言すべきは人質救出への信念と決意であり、人質への愚痴ではないと思う。なぜなら人質事件を引き起こしている背景の一つに自衛隊派遣、対米追従という国策が影響しているからだ。

この国策、決して間違っていないと思う。また今回の事件もいわゆるイラク人ではなく国際テロ組織の仕業となればなおさらである。日本はアメリカを支持し戦争を支持した結果荒廃したイラクを復旧し援助の手を差し伸べる義務があるといってもいいんじゃないか。マスコミでよく「自衛隊ではなく民間を行かせればいい」といってる人がいたがこの状況を見ればやはり自衛隊以外に現地に赴く組織はなかったと思う。

しかし、アルカイーダといいテロ組織の力は本当に恐ろしい。一昔前はテロ組織というと独立運動を指揮するレジスタンス的な意味合いがあったが、ここまでくると世界に混沌と混乱を招いているとしか思えない。彼らの目の先には何があるのか聞いてみたいものだと思う。

|

« The North Face | Main | 今日の徒然(11/2) »