« パタゴニア~南米の方には一度行ってみたいが今日はアパレルのほうね。 | Main | イラク人質殺害 »

October 31, 2004

The North Face

昨日パタゴニアを礼讃した舌の根も乾かぬうちに今日はノースフェイスのフリースを買ってしまった(^^;
もちろんバーゲンだ。ちなみに定価の7割引だった。

パタゴニアとノースフェイスは(特に日本では)アウトドア界の両巨頭といってもいいかもしれない。
3Mが日本では今ひとつメジャーでないのと、リアルに性能の限界を要求されるシチュエーションが少ないのが理由だろうと思う。(あくまでも街着としての要求の方が大きいという意味ね)

パタゴニアとは違った意味でノースフェイスは幅広いラインナップを誇っている。ヒマラヤに登る様なリアルウェアを旗頭にスポーツウエア、街着など本当に幅広い。パタゴニアがあくまでもリアル志向(な感じ)なのとは違う点だ。

昨日の日記でも書いたんだけど、パタゴニアは環境を含めてかなり徹底した企業ポリシーを持っている。正規店で(馬鹿高い)商品を買ったにもかかわらず、袋もくれないのである。(有料でくれる)また今は若干ニュアンスが違うが創業者のインタビュー記事を読んだとき「一着ですべてをまかなえるウエアを作る。なぜならそれがもっとも無駄が出ないから」というのを読んでいたく感心した覚えがある。

かつて、Appleのスティーブ・ジョブスが「理想のコンピューターが開発されるならAppleがつぶれてもかまわない」と言っていた。というのを読んでAppleそしてジョブスは理想のために存在し、企業を維持するためにあるのではないと考えているのだと思うとほかの企業とは歴然とした差を感じることが出来た。Macユーザーでありその理念の一端を支えているのだという少し誇らしげな気分がしたものだ。

残念ながら現在はその意義が薄れてきたように感じ、自分の仕事のこともあってWindowsマシンを使用しているんだけど、今でもMacにはどこか効率第一を否定した美学的な商品作りを感じることが多い。

ウェアの話に戻るとパタゴニアにはAppleに通じるものを大きく感じてしまう。性能第一ではなくても熱烈なファンが多いのもこのあたりに起因するのではないだろうか?

それでノースフェイスなんだけどパタゴニアに比べると、かなり普通な企業のような気がする。そこには効率が優先し性能が優先する。毎年の様にニューモデルが出て去年のフラッグシップモデルはすぐに廃盤となる。(一部造り続けているものもあるけど)

一部の高額・高性能な商品のイメージでほかの低価格品を売りさばく姿はいやらしくさえ感じる。しかし、ノースフェイスの商品で評価しているポイントが二点ある。

ひとつは性能第一で最新素材をいち早く採用し他メーカーに差をつけた商品開発をしていること。(その代わり高価格だが)

もうひとつはごく個人的な理由なんだけど、すぐに廃盤になるのでよくセールに出されるということだ。高価格レンジ(サミットクラスなど代表なんだけど)が半額やそれ以下で売りに出される。これは非常にお得感が高い。

細かいところのつくりがやや甘いと感じることもあるが全体的なレベルは高い。所有している製品の中ではマーモット、アークテリクス、パタゴニアに続くくらい(パタゴニアとはいい勝負だと思う)。ムーンストーンよりはいいと思う。

ちなみに今日買ったのは、フリースのVersa Air という奴でパタゴニアで言うとR2ジャケットに対抗するものだ。定番品でここ数年は作り続けられている。ポーラテックサーマルプロという高級フリース素材にストレッチ素材を組み合わせているのでとても動き易い。昨年このシリーズのVersa Loftというさらに厚手のものを購入したんだけど、こちらの方が汎用的な気がする。基本的にミドラーなのでシャープなラインなのもいい。

パタゴニアかマーモットかノースフェイスかアウトドアウェアの葛藤は深まるばかりだ。

|

« パタゴニア~南米の方には一度行ってみたいが今日はアパレルのほうね。 | Main | イラク人質殺害 »