« 汚いものは汚いままに | Main | 七五三のお参りに行ってきました。 »

October 11, 2004

専業主婦って不良債権?

先日、「専業主婦は男の三大不良債権のひとつだ!(残りの二つは子供と家(住宅ローン)らしい)」
と、テレビでどっかのエライ人が言っていた。

それを見ていたうちの嫁は当然のように怒り狂っていたのだが、よくよく考えればさもありなんという内容だった。
冷静に考えると結婚の(特に専業主婦に対する)意識が大分変わってきたという事なんだろうと思う。

男の側から見た専業主婦のメリットってなんだろう?
「家事は全部やってもらえる」→独身の頃は全部自分でやってたし。
「子供の世話を任せられる」→昔みたいに何人も子供がいるわけでなし(うちは一人)、仕事が休みの日はあちこちつれまわして家族サービスしてるし。
「お金の管理を任せられる」→搾取されてるだけじゃ・・・?

などなどを考えると実はそんなにメリットはないのかもしれない。
結婚しないと子供を作れない。という時代でもなく別に同棲で子供作っても良いんじゃない?なんて思うのは男のわがままだろうか?
また、子供の教育に良くないという考えもあるが、人間的には障害が多いほうが成長できるのではないかと考えるほうなので、
これまたさほどの感銘を覚えない。

別にうちは夫婦仲が悪いわけでもなく、それなりに楽しく仲良くやってるつもりなんだけど、それでさえも上記のような感想を持つという事は
今後愛が冷めた時、特にその思いを強くするんではなかろうか?

近頃は熟年離婚などが流行ってる?らしく定年になったとたんに嫁から三行半を突きつけられるのだそうだ。夫の最も重要な役割が給与だとするなら、これは理性的な行動だろう。だって定年になったらもう給料は運んでこないのだから。夫が汗流しながら家にせっせと給料を運んでいる傍ら妻は冬ソナ見ながらせっせと金勘定しているとすれば救いようのない話だ。核家族化でいやな姑もおらず、子供の数は少なく、家事の大半は電化製品がやってくれる。スーパーには出来合いの惣菜が安価で並びテレビでは主婦の権利をがなりたてる法律家が幅を利かせる。

このように主婦の仕事(家事)は大幅軽減されているのに夫の仕事(外で働いて給料を持ってくること)は昔ながら、いやもっと厳しくなっている。雇用は崩れ給料は上がらない。リストラに脅える一方、職場から人はどんどん少なくなり一人当たりの仕事量はどんどん増えている。

これが心にわだかまっている正体なのだろうか?

はじめに「冷静に考えると」と書いたが、やっぱり冷静に考えてはいけない事なのかもしれない。
考えなければハラを立てたり絶望したりする事もないのだから、、、

|

« 汚いものは汚いままに | Main | 七五三のお参りに行ってきました。 »