« オーナー辞任3人目 | Main | またBootsキター!! »

October 23, 2004

アウトドアウェア

近所のお店で年2回のセールをやっていたので覗いてみた。
この店は知る人ぞ知るというかその筋ではとっても有名なアウトドア用品店というか登山道具店で
もう店中山男、山女がいっぱい来ておりました。

私的にはインドア派なので、本来はこのようなお店縁もゆかりもないのですが、スペックオタクの一面が
登山道具(私の場合ウェアなんですが)にアンテナが引っかかってしまいました。

従って、一昨年以来街着としてアウトドアウェアを買い込んでいるのですが、アウトドアウェアのいいところは
機能性の3文字に尽きると思う。
軽い、暖かい、濡れてもすぐに乾くなどなど、、、山で着ていい物は街で着てもいいんだい!という信念を持つにいたりました。しかし、街着としてはいささかオーバースペックのものが多いのもこれまた事実で、あるメーカーのハードシェル(ここいらの境はずいぶんあいまいになっているのですが、とりあえず完全防水のウィンドブレーカというのがイメージ的には近いでしょうか?完全防水でないとソフトシェルと呼ばれますがこれまた用語の使い方が統一されていないので雑誌などを読んでいるととても混乱します)を購入した際は、やけにフードがでかくこれじゃ寒風が入ってきて寒いよう~!といっていたら実はヘルメットをかぶった上にフードをするために異様にでかかったという事実が発覚。街中でヘルメットの上からフードなんかしていたらテロリストか強盗と間違えられ警察に取調べを受けるのが関の山なので、この点無用の長物と相成りました。

ほかにも南極越冬隊も使っているというダウンパーカーや老スキーヤーがエベレスト登山のときに来ていたジャケットなど数知れません。

散々散財を繰り返した私も実際にこれはイイ!というのは正直言って3着くらいというのが本音トークです。
ちなみに、
①アークテリクス イージーライダージャケット
 世界一かっちょいいアウトドアブランドアークテリクスの邪道的ソフトシェル。防風性・撥水性・耐摩耗性を備えた「Polartec Power Shield High loft」という生地を使ってます。裏側は毛足の長いフリースで冬でもこれ一着で大丈夫。
②ムーンストーン ルシードリッジダウンジャケット
 平均重量240gという,超軽量のダウンジャケット。薄手だが800フィルパワーのダウンを使っているので意外と暖かい。ポケットのつくりがいまいちなのが画竜点睛を欠くが値段も手ごろでかなりイイ!お金持ちはノースのアコンカグアをどうぞ。
③やばいい、、思いつかない・・・(^^;

実はパタゴニアの「インファーノジャケット」やノースフェイスの「バーサロフト」もなかなかいいのだが誰にでもオススメ!というと上の2点かな?

今日買い物した一品はおそらく3点目のオススメになるのでは?という予感。
③候補 マーモット ドライクライムウィンドシャツ
 シャツとは言っているが薄手のウィンドブレーカという表現が近い。ナイロンの表地に化繊の裏地をつけたものだ。それだけなら別にたいしたことはないのだけれど、これがすこぶるいい感じ。シルエットは比較的タイトなんだけどそれはインナーとしても使えるようにという配慮。下着の上のインナーとして、ベースの上のミドラーとして、それほど寒くないときはそのままアウターとして使えるという一着3役の優れものだ。インナーとしても着れる様に内張りはとても肌触りがいいし、蒸れないように透湿性も優れているのだという。また脇下は換気を促すためにメッシュになっている。立体裁断のためかタイトな割りにからだの動きをまったく妨げない。ナイロン地のためにある程度の防風性も確保している。詳しくはアシーズブリッジさんのHPを参照されたし。

最近服の傾向が変わりつつあったんだけどこういうのを見つけるとやっぱりアウトドアウェアっていいなぁと思うのでした。

|

« オーナー辞任3人目 | Main | またBootsキター!! »