« アウトドアウェア | Main | ダナーのBoots! »

October 24, 2004

またBootsキター!!

しばらく前の日記で書いていたホワイツのセミドレス。
結局買っちゃいました(^^)
やっぱし一期一会やからねぇ、出会いは大切にせんと・・(^^;

こうして我が家に立て続けに2足のブーツが仲間入りしたんだけど(ここ4ヶ月で言うと実は3足目)、
比べてみるとなるほど違う。
片やWESCO、片やWhite'sということで身の程知らずの高級ブーツ。
WESCOのは完全ワークブーツに対し、White'sはブーツメーカー作の普通靴ということでそもそも比較の対象ではないんだが、単純にさすがワークブーツごついぜ!赤羽とはやっぱり違うぜ!というのはやっぱりWESCO。鬼のパンツではないけれど100年履いてもやぶれない♪といった趣だ。

一方White'sの方はと言うといたって普通のショートブーツ。ただし使ってる部材は上等なもの(革など)、また造りもよく見ればブーツメーカーというのを実感できる。分厚いミッドソールなんか好例かもしれない。細かいところも上品かつ繊細な感じだ(この点最近買ったウエアハウスのブーツに通じるものがある。あちらは完全にワークブーツスタイルだが)

どちらもまだ履き込んでいないのでどっちが良い・悪いというのはいえないんだけど、個人的にはWhite'sに期待をしている。履き慣らしたとしても普段履きに12インチブーツはキツイ部分があるからね。(たとえば飲み会の日なんかにはとてもはいていけない。)

ただWhite'sの方は大きな問題があってサイズが7Eなんだけど右足が異様にきついのだ。多分右足は7EE(3E)あたりがジャストなのだろう。実はWESCOも右足だけがきつい感じがしていたのでいやな予感がしていた。他のブーツではそれほど感じなかったんだけどね。

とりあえずこれで靴関係はしばらく打ち止めにする予定。また、今回の買い物に関して愛靴を3足オクで売りに出した。ダナーのマウンテンライト、パラブーツのミカエル、ビルケンのロンドンだ。

ダナーは7.5Wという変なサイズでややワイズがきつかったのと履いているとなぜかアキレス腱の辺りがすれてくるのがネックで足が遠ざかっていた。

パラのミカエルはサイズが大きく、しかもモカシンのため紐で調整できる範囲が狭かったため踵が浮くような感じだった。パラブーツの靴は「高級靴って本当に良いなぁ・・ぽっ」となるほどの履き心地のよさがあるんだけど、所詮サイジングがあっていればの話。中敷なんかも入れてみたが解決には至らなかった。

ビルケンのロンドンは春~秋に軽く履くのに良いかなぁと思って購入(これもオク)。これまたやっぱり我が幅広甲高の足には会わなかった。サイジングは決して悪くなかったので革が延びることを期待してしばらく履き込んだんだけど,さすがはゲルマン製の頑固さというかちっとも革が伸びずに結局サヨナラということになった。

願わくばWhite'sがこの轍を踏まぬことを!

|

« アウトドアウェア | Main | ダナーのBoots! »