« 動物園に行って来たよ~♪ | Main | 西遊記って知ってるかい? »

September 22, 2004

パソコンと私

初めてパソコンを買ったのは中学生の頃だった。何も知らずその頃は唯一の情報源だった「アスキー」や「ベーシックマガジン」なんかを必死に立ち読みして得た少ない情報を元に妄想を膨らまし(当社比で今より1500倍くらい)てした。

お年玉やら何やらを元手に型落ちのPC-8801を手に入れたのはそんな頃だった。親父に頼み込んで街中のパソコンショップ?だったかにおいてあった展示品の中古を手に入れたのだ。時代はPC-8801mk2の頃で、もう少しでmk2SRが発売される頃だった。(当時はモデルチェンジが今ほど激しくなかったためモデルチェンジするとかなりの進歩が見て取れた)
結局、パソコンで思い描いたことをするには更なる投資が必要とわかりそんな金は逆さに降ってもどこからも出てこなかったためゲーム機となりはてて、それすらも高校受験のときに親に封印されそのままゴミになった。

次にパソコンを買ったのは会社に入り社会人となってからだった。中学生の頃パソコン雑誌に一台のアメリカ製のパソコンの特集が載ったことがあった。「Macintosh」だった。高嶺の花のもひとつ上の雲の上って感じの値付けに驚いたが,性能にも驚いた。ほとんどの操作をマウスだけでこなすGUI、フルカラー発色(うちのは8色しか出なかった),洗練されたデザインなどなど、、、

社会人になって久しぶりにパソコン雑誌を開いてみるとあの夢にまで見たマックが手が届く値段になっていることに驚いた。職場にマックユーザーが多かったというのも背中を押す要因となってLC520というのをゲットした。

あまりの遅さに1年も使わずに手放しCPUがPowerPCになったPowerMac6100に乗り換えた。
これは名機でいろいろとパワーアップさせながら4年くらい使った。その後に買ったのはPowerMacG4だった。
これも名機でやっぱり4年くらい使った。

その間にコンピューター環境も大いに変わりWindowsも安定性というのを武器にやっと使えるものになってきた。会社はもちろんWindowsだったしフリーソフトや市販ソフトなんかもWindowsのほうがはるかに多くなってきた。

酷使しOSもかなりいじったPowerMacG4は性能向上、操作性向上の代償に安定性を著しく損なっていた。もはやリカバリーもできないくらいにいじくり倒してしまっていた。

そんな頃仕事で転勤し会社で使うパソコンが必要になった。迷わずWindowsにした(会社のLANにMacは繋ぐ事ができなかった)。機種はWindowsにしては珍しく固有ユーザーの多いIBMのThinkPadにした。確かにイイ。キーボードもいいし、ハード全体から漂う安定感が仕事に熱中させてくれた。

いよいよ家のMacは安定性を損なってきた。ThinkPadはWinXPを使いとても安定していたことも買い替えを決意させる要因だった。

結局家のマシンもWindowsにした。MacがOSXになってからソフト資産が生かせなくなったのも決定打の一つだった。家のパソコンは値段の割りに高い性能を誇り、OSも安定している。

時々お店でMacを見て思う。でも好きだったのはやっぱりMacだったと、、、

|

« 動物園に行って来たよ~♪ | Main | 西遊記って知ってるかい? »